TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】嘆いてばかりじゃ埋められないよ、その価値観

【ねむみの切り捨て御免】嘆いてばかりじゃ埋められないよ、その価値観

  • 2014年06月24日  安眠亭 ねむみ  



    出会いを重ねると多くの人と、価値観がぶつかることがあります。しかし、その価値観が好きな人あるいは大切な人と違ったらどうしますか?その違いを嘆いてばかりでは、何も改善されませんよ。
     
     
    ・私、結婚指輪を買う
     
    結婚に伴い、多くの準備を進めている今日この頃。先日、ついに結婚指輪を彼と選びに行きました。これまでにくぐったことのないような、高級感あふれる入り口から入るとそこにはきらびやかな多くの宝石が並んでいました。宝石などはおろかアクセサリーなどには全く興味やこだわりがない私は、そのショーケースに並ぶ眩しいそれらとその金額が書かれた値札に軽くフラついてしまったものです。
     
    そしてコーディネーターの方の親切丁寧な対応で、緊張は次第にほぐれていき、彼と私の2人共が納得のいく指輪を選ぶことができました。コーディネーターのお姉さん曰く、私たちの選択は大変早くさらに意見も食い違うことがなかったので、円滑に進めやすかったとのことでした。確かに、私がいいと思ったもの・イマイチと思ったものは彼と同じでした。「やっぱり気が合うんだな」としみじみしました。「いや、本当にスムーズでしたよ!中には、二人の意見が食い違ったり、まあそれはいいんですけど、なかなかお互いに譲らなかったりするととても時間がかかるんです。でも一生に一度の記念ですから、二人の納得の行くお品を見つけるお手伝いをするのが私達の役割なんですよ」とお姉さんは続けておっしゃっていました。
     
    「世の中には私達のように価値観が合うカップルばかりじゃないんだな。そりゃそうか、世の中には色々なカップルがいるんだもんな」と思う反面で「価値観が合わないと色々と大変じゃないのかな?」とも考えを巡らせました。
     
     
    ・恋愛をする上で価値観って大事じゃない?
     
    私はどのような人間かというと、ブランド物に興味がありませんから贅沢をしませんし、貯金が半分趣味と化しているのでどちらかと言うと倹約家だと思います。コミュ障を炸裂する場面はしばしばあるものの、人間関係でギクシャクするのが好きでなくなるべく平和に暮らしたいと願う極めておとなしい性格ですが、言う時にははっきりと言う、そんな性格だと思っています。あと、彼氏には「頭はいいと思うが、とても抜けている」とよく言われます。メールやLINEなどはしなくても平気で、束縛もしません。むしろ、むやみやたらにメールやLINEでの連絡を強要されたり、束縛されると息苦しさを感じてしまいます。
     
    私の彼氏もだいたいこのような性格・傾向なので、価値観が食い違うことによって言い争いが起こるということはこれまでにありませんでした。価値観が合って一緒にいても、気疲れがしないからこそこの度結婚に至れたのかもしれませんが、この価値観の合う・合わないは恋愛においてとても重要になってくると思います。
     
    例えば、自分が惚れてしまった相手が無類のイヌ好きだけど、自分は大嫌いだとか。これならまだ可愛いものですが、お金の使い方などの金銭感覚の違いや簡単に浮気をしてしまうなんていう倫理観の違いがあれば、それは大変深刻な問題となるはずです。下手すると自分の人生が狂ってしまう恐れだって考えられますからね。これらの価値観が異なれば、おのずとストレスも溜まり相手への不満も次第に大きくなるでしょう。私ならばそんな相手とは迷わずに即別れます。それ以前に付き合うまでの親睦を深める時点で「この人は私とは合っていない」と判断して付き合うことすらしないと思います。出会いから恋愛に発展する際に、はやり自分がなるべく不快な思いをしない人を選びたいじゃないですか。どうして合わない人とわざわざ接しないといけないんですか?
     
    しかしそうは言っても、相手のことを本気で愛してしまっている自分がいるのなら、価値観の差で腹を立てるようなことはないんじゃないかな、とも考えます。あるいは、「私は本当にあなたのことが好きで、ずっと一緒にいたいからあなたのその点を直して欲しい」と切り出して問題点の改善を求めたりと、何らかしらのアクションを起こすに違いありません。少なくとも私は、愛煙家の彼に対して「ヤニで家の中が汚くなるし匂いもくさくなるから、タバコは外で吸って欲しい」と頼みました。すると彼は快く承諾してくれ、暑い日も寒い日も外で一服しています。
     
     
    ・価値観の差を嘆かずその分努力したい
     
    つまり、価値観の差があれど本気で相手のことが好きならば、お互いに妥協や改善をすることによって価値観をすりあわせたりすると私は思います。価値観の違いによって別れるのならば、その価値観を相手に合わせてそして一緒にいようと思えるほどのレベルまで、まだ相手を愛していないんだと私は考えます。本気で愛しているのなら、少々のことで別れようなんて思いませんよ。
     
    私はこれまでに彼と何らかの価値観の差が原因で喧嘩や言い争いをしてきませんでした。しかし結婚をしてこれまでに経験してこなかったような場面で新たに価値観の違いが生じるかもしれません。その時にはその差を嘆くのではなく、一緒にいるためにどうにかしようと努力したいです。その努力を決して惜しまないほどには、彼とずっと一緒にいたいですからね。