TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】大人よりも子供のほうがずっと恋愛上手?

【ねむみの切り捨て御免】大人よりも子供のほうがずっと恋愛上手?

  • 2014年04月24日  安眠亭 ねむみ  



    大人になってから恋愛をしていますか?思春期の頃には憧れの先輩や、幼なじみあるいはクラスメートが気になったりしたあの淡い恋心がもうすっかり遠い記憶の遥か彼方…。あの頃の自分の方が上手に恋をしていませんか?

     

    ・甘酸っぱい青春の恋模様

    今となっては大人になっている皆さまにも、もちろん青春時代というものがあったと思います。その青春時代はもちろん人それぞれでしょう。部活などの練習や大会に打ち込んだりあるいは勉学に励んだり、友達と毎日楽しく過ごしたり、その青春のありようは人の数だけあると思います。でも、それだけじゃないですよね?青春時代には淡い恋愛がつきものです。そんな恋愛をされましたか?

    その当時のことをよく思い出してみてください。何がきっかけで好きになりましたか?そしてどうして告白に踏み切ることが出来ましたか?それは素直に相手のことが「好きだ」と思えたからじゃないですか?思春期の頃の自分ですら出来たことが、大人になってからできなくなってしまっているなんてことは、ないですか?なんてつまらない大人!

     

    ・あのときめきは何処へ

    青春時代もつかの間。めくるめく時は流れていきます。その時の中で様々な経験を重ねますよね。大人の汚い・嫌な部分もたくさん目にします、経験します。するとどうでしょう、良くも悪くも「大人」になることで、青春時代のような甘酸っぱい気持ちを忘れてしまいます。なんて悲しいんでしょうか。青春時代の純粋で無垢なあの頃だったからこそ、あのような儚くも愛おしい思いを楽しむことができたんだ、そう思います。

    だって、青春時代のようなまだ責任も何も伴わずに、さらに未来が限りなく無限に広がっているそんなときだからこそ、何も考えずにただ「好きだ」と思えたという理由だけで、付き合いを始められたのです。今となればそういうわけにはいきません。大人になってからの恋愛には、結婚という人生の大イベントが関わってきます。それだけではありません。自分が現在行っている仕事との兼ね合い、親の面倒、収入など経済面でのお金の問題、さらには自分だけでなく相手の生活を踏まえた交際をしなければならない…なんていうように、それはそれは青春時代の恋愛に比べると大変複雑なものでとても現実味を帯びているものになります。しかし、そんなご時世だったり、恋愛のし辛い今だからこそ、私は「誰かを好きになるという感情」を大切にしたいと思います。というのも、過去の私は恋愛すらままならない状態だったからです。

     

    ・恋の出来ないメンヘラが思ったこと

    私は精神疾患を発症し、毎日毎日絶望を抱きつつ布団からも出られなくなった際には、自分に精神的な余裕が無いこともあり、全然「恋したい」とか「恋人が欲しい」とか「恋愛をしてキュンキュンしたい」なんて思いもしませんでした。自己嫌悪にまみれ、自分すら愛することのできない奴が恋愛なんてできるかよ!って話なんですね。ですから、恋愛ができる・誰かを好きになれるというのは、それだけでもかなり贅沢で恵まれた環境にあるということなんですよ。

    せっかくちゃんと誰かを好きになれるというのに、そんな恋愛感情を大切にせず、お互いのおかれている環境や収入などの現実的な問題ばかりに気を取られてんじゃねえよ!と思います。もっと恋しろよ!相手を好きだっていう感情を大切にしろよ!

    確かに、交際を始めたり結婚するにあたって自分にデメリットしかない場合には、そんなものはしない方がいいと判断するのが人間の常です。恋愛をして、交際や結婚をするにあたって様々なメリットやデメリットを考慮するのは良いでしょう。様々な角度から考えて、どういう風にデメリットなどの問題を解決していくかを2人で相談するのは、とても大切なことですし。

     

    ・せっかく恋愛感情を持てるんだから「好きだ」という感情を優先しろ

    「この人と交際・交際したら私にはどんないいことがあるんだろう」と恋愛という段階を経ずにメリットのみを目的とした交際や結婚は、正直いかがなものかと思います。そのメリットに応じた人物でないと見向きもせずに、本来ならば好機であるはずのものを自ら切り捨て、チャンスとして活かせないなんて、とても残念なことです。自分が望んでいる付き合う上での条件が、より良い交際や結婚につながることはおろか、交際や結婚へと発展するチャンスを逃してしまっている結果を招いていますからね。

     

    先程も言いましたが、交際・結婚をする上で、メリットやデメリットなどを色々と考えるのはもちろん大切なことです。しかしそれは、「好きだ」と思える人と出会えた後にしませんか?もしもデメリットがあったりその数が多かったとしても、「好きだ」と心の底から思えた人とならば、きっと頑張ってその困難を乗り越えられるはずです。だから、まずは「好きだ」という素敵な感情を大切にしなきゃね。そんな感情がない、自分のメリットだけを考えた交際・結婚は上手く行かなくなるに決まってます!