TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】恋人のためにってエゴも素敵じゃん

【ねむみの切り捨て御免】恋人のためにってエゴも素敵じゃん

  • 2014年09月18日  安眠亭 ねむみ  



    恋人や大切な人のために何か行動をする際に「◯◯のために」と何らかの価値を持たせるのは、もしかするとエゴなのかもしれない。けれど、そうやって相手のために頑張れるのならば、それは素敵なことだと思うんだよな。

     

    ・「相手のために」と自分の行動に価値をもたせる人

    好きな人なり恋人なり、自分にとって大切な人のために何か行動に移すことなんて、割とよくあること。例えば、タバコ嫌いでタバコを吸う度に嫌な顔をする彼女のために禁煙をする、とか。付き合っている相手の好みや性格によって、自分の好きなことやこだわりそして自分の生活習慣も変えなければならないっていう選択を突きつけられるはず。

    以前、現実世界から逃避するようにアニメの世界に入り浸っていた私と付き合っていた頃の彼氏に、「何かオススメのアニメはない?」と聞かれたことがある。その彼氏は私とは違い二次元にあまり興味がなく、アニメといえば「ONE PIECEのルフィってキャラがゴム人間であること」くらいしか知らない、本当にある意味健全な歳相応の男性って感じの人だった。そんな彼だから、オススメのアニメは何かと聞いてきた時には驚いた。

    アニメに興味を持ったのは、二次元が好きで悶えながらそれらを見ている私のためだとか。要は、二次元ヲタクの私に話を合わせようと、私の好きなオススメのアニメを見ようと決心したらしい。私のために興味のないジャンルを開拓してくれようとしている彼に感動したな。だって、理解されない趣味だと諦めていたからね。私は喜んでオススメのアニメとどうしてそのアニメが好きなのか、見どころはどこなのかを説明し彼に2クール全26話DVDボックスを貸した。

    しかし、1日も経たない間にそのDVDボックスは返却された。なぜかと聞くと「やっぱり、合わない。5話くらいまで見らけれど、面白さを感じなかった。時間を無駄にした気分、この時間を返して欲しい」そう言われたっけ。私には「お前のために頑張ってアニメを見ようと思ったのに、全然面白くなくて時間の無駄だったし、その時間をどうしてくれるんだ。お前のせいで無駄な時間を過ごしたじゃないか」とすら感じられた。さすがにカチンときて、喧嘩をした覚えがある。「私のためにって何?私は何も強制してないんだけど。アニメを見ようと決めたのはお前じゃん」って。

     

    ・言い逃れに使う「お前のために」は格好悪い

    何かを「自分の大切な人のために」と頑張ったり、今までの好みや習慣その他諸々を変えたり辞めたりするのは、とっても素敵なことだと思う。だって、そういう行動に移せるくらいには、その相手のことがそれだけ大切だってことだからね。愛情という目に見えない気持ちだけでなく、実際に行動に移せるっていうのはなかなかできないはずだし。けれど、何かアクションを新たに起こしたことによって、自分にとってマイナスなことが生じた際「お前のために◯◯したのに・◯◯をやめたのに、こうなってしまった」と、自分の行動の責任をその自分にとって大切な人に押し付けるのは、本当にいただけない。

    まず、その行動に移そうと思ったのは自分自身じゃん。「大切な人のために」と大切な人のために決意したのは自分じゃん。なのに、いざ結果が悪ければ、その自分の意思や責任ををその大切な人に転嫁するっていうのなら、それは「大切な人のためにしてる」んじゃなくて単に自分が何らかの新しい行動に移すきっかけとして、大切な人を利用したんじゃないかとすら思えてしまうね。だって、何らかのアクションを実際に起こすほど相手のことを大切に思っているような人が、それほど大切な人のせいになんてしないからね。

     

    ・大切な人のためであればこそ

    大切な人のために何かするというのは、とっても素敵で格好良いこと。恋人のために禁煙したり、お金を貯めるために好きな趣味に費やすお金を減らして節約したり…きっとその行動は、大切な人にもきっと響く。それだけじゃなくて、大切な人との絆だとか信頼だとか、そういう大切な人と自分とを繋ぎ止めるかけがえのないものがより一層生まれると思う。

    私は、もうすぐ旦那になる今の彼氏と交際するにあたって、メンヘラを拗らせていた頃の酷いくらいに有り余る性欲を抑えた。だって、彼氏が私の性欲について来れず辛そうだったから。言ってしまえば、性欲が全然ない彼氏のために、セックスをする回数を減らしたってわけ。だからといって、「セックスをしたいのに出来ないのはお前のせいだ」なんて言わなかったよ。だって、そんなことを言ってしまうものなら彼は絶対に傷つく。それに、私が勝手に我慢しようと思ったのは、彼との関係をずっとこれからも続けたいから、それだけ。自分の行動にくらい、責任を持ってたいものだよ。