TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】身の程をわきまえてみてはいかが?

【ねむみの切り捨て御免】身の程をわきまえてみてはいかが?

  • 2014年04月03日  安眠亭 ねむみ  



    自分が「付き合いたいな」と思う理想の人物の話になると、男女問わず「それはちょっと理想が高すぎるんじゃないの?」と思ってしまうような条件がポロポロ出てくるものです。でも、本当にそれがあなたに合った理想?ただ、夢を見てるだけなんじゃない?目を覚ませば?

     

    ・存分に理想を思い描けばいい、それは自由

    恋人がいなかったり、はたまた意中の人物がいないと、どうしてもまだ見ぬ相手に思いを寄せるものです。そうすると、人間という生き物は男女問わず「もし自分が付き合うのなら◯◯な人がいいな」なんていう理想が次々に浮かんでくるはずです。その理想が、「現実に見合ったもの」なら全然良いでしょう。あなたのそのポリシーを貫いて下さい。しかし、その理想があまりにも現実的ではない「夢見がちなもの」だったとしたら…。

    ここで、夢見がちな男性を例にあげます。「身長は160cmくらいで体重は48kg。胸はCカップは欲しいな。それから、黒髪のゆるふわロングが似合う可愛い女の子がいいな!」なんていう理想。まず、身長160cm・体重48kgでバストがCカップなんて、二次元か妖精でしかありえないですね。私に言わせてみれば「お前は女という生き物を知らなさ過ぎる。いいや、女の体に夢を抱きすぎだし、寝言は寝てから言え」といったところでしょうかね。こうした無茶な理想を描くのは、男性だけではありません。女性も同様のことが言えます。

    では、理想の高すぎる女性とはどういうものなのか、再び例を挙げます。「とにかく優しい人がいい!それだけじゃなくて、高学歴・高収入で私のことをしっかり養ってくれて、あと、一緒に歩いても恥ずかしくない、むしろ自慢したくなるようなイケメンで背が高い人がいいな〜!」といったものです。これは、かつて私が女子会(笑)で耳にし、思わずその発言者を直ちに肥溜めに蹴り落としたくなった台詞でもあります。

    極端な例ではありますが、以上2つのような絵空事の理想を、平然と「自分が付き合いたい人間の条件」として挙げる人がいるんですね。そのような類の人間と関わる度に「ちょっと待てよ、目を覚ませよ」と言いたくなります。「そんなエベレスト級の理想を掲げられるほど、お前自身は恵まれた素晴らしい人間なのかよ?もしかして二次元から出てきた?」この台詞も、何度口から出てきそうになるのを飲み込んだことか。一度、冷静に考えて下さい。その理想は、あなたの出会い…ひいては恋の発展を邪魔していませんか?

     

    ・理想を捨て、現実を見よ

    理想が高い人に限って「出会いがない」とか「いい人がいない」なんていう愚痴をこぼしていないでしょうか?それもそのはず、夢見がちなまでに高い理想に見合うような人なんているわけもないのですから。理想に目が眩んで現実が見れていないと、導かれるはずだった出会い、叶うはずだった恋も実るはずがありません。自分の描いた理想が高過ぎるがゆえにチャンスを逃すなんて、これほど残念なことがあるのでしょうか。ですから、私は「理想を捨て、現実を見よ」と言いたいです。

     

    ・自分を見つめることが良き相手と結ばれる近道

    理想を思い描くのは自由ですし、どうぞ気ままにして下さい。しかし、その理想に囚われ、出会いや恋のきっかけを自ら無くしているようでは、とんでもない!それはいただけませんね。夢は夢、現実は現実。それをわきまえ、まずは自分の容姿・性格を見つめて下さい。その姿・性格は、その理想の相手にふさわしいですか?いいですか、時には妥協することも大切です。

    今は大好きな彼氏とラブラブな私ですが、そんな私だって妥協しています。私の理想のタイプはハリウッド俳優のジェイソン・ステイサムですし、隆々とした筋肉に抱かれたいのが本音です。しかし、実際の彼氏はどうなのかというと、最近ビール腹気味なのが気になっている、そんな人ですよ。しかしながら、当然、実際私のような平々凡々な人間が、ジェイソン・ステイサムのような超セクシーハリウッド俳優と釣り合うわけがありません。ビール腹を気にして「お酒を減らそう」と意気込む彼氏を微笑ましく思うこの現実こそが、私には丁度いいですし、また、これこそが私の身の丈に合った幸せなんだと実感します。

    自分の高すぎる理想に夢を見ていてはいけません。いい加減、その夢から目覚めて下さい。そして、「自分にはどんな人が合うのだろうか」と、まずは己を知るために自分自身の「現実」に目を向けて下さい。それから「自分にはこういう人がいいのかも…」なんて思いながら、先々で訪れる出会いを大切にして下さい。そうすれば、「これが自分に合った幸せなんだろうな」と実感できる恋愛ができるはずでしょう。身の程をわきまえて、掲げる理想もほどほどにしてくださいね。