TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】遊びじゃない恋愛には覚悟が必要

【ねむみの切り捨て御免】遊びじゃない恋愛には覚悟が必要

  • 2014年08月28日  安眠亭 ねむみ  



    大切な人がいないフリーだと、自分の時間もお金も自分の好きなように使える。だけど、交際を始めたりしてパートナーと言える人が自分に出来た場合、そういうわけにはいかない。でもそれはもう仕方のないことだから、どれだけ我慢をする覚悟ができるかってことが大切になると思うんだ。

     

    ・「ヤリチン」の友人に恋人ができた

    弾けて男遊びをしまくっていた私も、結婚しようとするほどの大切なパートナーの登場によりすっかり大人しくなったよ。牙をむき出してオトコという獲物を狙いすましていた頃の私はもういない。それこそ牙を抜かれたような感じ。日々の生活に加え結婚の準備を進めている最近、珍しく友人から連絡が来た。

    その友人はかつて私のセフレだった男の1人で、相当なヤリチン。セフレっていう関係だったからかもしれないけれど、ヤリチンな彼は憎めないむしろ良い奴だった。セックスをしたからといって彼氏面をして束縛をしてくるなんて面倒なことをせず、ただただ一緒に楽しく遊んでセックスも満喫したし。彼とはもう今の婚約相手に惚れたときに「本気で好きな人が出来たから、セフレは辞める」と別れを告げたっきり、連絡を取ってなかった。そんな彼からの連絡だからとても驚いた。

    そんな驚きの連絡の内容は「自分にも恋人ができた」というもの。「遂にあいつにも大切な人ができたか!よかった!」と嬉しくなった私は、その旨を伝えた。けれど、彼自身はイマイチ恋人ができたことを喜んでいなさそうで。どうしたんだよ?と気になり、いろいろと聞いてみると「恋人に合わせるのが少しキツい」とか。デートのために朝早く起きるのも、デート代やプレゼント代のために自分の欲しいものを我慢して、バイトを増やすのも。ぽつりぽつりと彼は不満をこぼした。

     

    ・自由を捨てられるほど相手を愛しているかどうか

    彼が今まで散々女遊びをしてきた理由がわかった気がした。要するに、セックスはしたいけれど自分は自由でいたいっていうスタンスなんだよ。特定の人つまり恋人という存在に自分の生活を合わせるのが嫌いなんだな、そう思った。「女をなんだと思ってるんだ」って思うけれど、そんな彼の気持ちがわかるような気がした。だってかつての私もそうだったもん。

    男運が無さ過ぎたかつての私は、その時々の恋人に振り回されてばかりで嫌になってた。すぐにメールの返信をすることや必ず上下セットの下着を身につけること、自分以外の男とは話してはいけないなんていう束縛もされたっけ。気分屋の恋人には予定も生活リズムもぐちゃぐちゃにされたよ。そんな踏んだり蹴ったりなこともあって、「恋人なんてクソ」と思うようになり、いつからかセフレを作って好き放題に体を重ねてた。恋人に束縛されるのも合わせるのも嫌になってたんだよね。そんな面倒な存在に頼らずとも、セックスはたくさんできる。だから、恋人ではなくセフレとセックスライフを送るようになった。

    けれど、私に本気で好きだと思える人が現れた。正直、当時の自由奔放で楽しく何のストレスもない生活を失ってしまうのが少し嫌だった。できることなら、自分の時間もお金も体も自由に使いたかった。けれど、そんな私に惹かれるような男性なんていない。惹かれるのは、尻軽女とヤリたがるヤリチンだけ。ヤリチンでも何でもないとても素敵な人に好いてもらうには、このままじゃいけないって思った。だからセフレとも手を切って、時間やお金、自分の持っているものを好きな人に合わせる覚悟ができた。珍しく連絡をしてきた友人のヤリチン君は、この覚悟ができてないんだろうな。

     

    ・覚悟を無くして恋愛は出来ない

    現実主義者だから、運命の人っていうのは信じてない。けれど、もしも仮に運命の人がいるとするじゃん。運命の人と出会っても、自分がその人のためにありとあらゆる我慢や制限に耐えられなければ、その人とは結ばれないって思うんだよね。煙草が嫌いな女性が「禁煙してほしい」って言ってるにも関わらず、禁煙せずにスパスパ吸う奴と付き合うと思う?恋愛ってもしかして、相手と出会えるか否かというよりは、自分が「相手のために我慢や制限をするぞ」と覚悟を決められるか否かに左右されるんじゃないかな。

    出会って惹かれ合いそして交際を始めれば、もう1人じゃない。恋人との生活がスタートする。デートをする日時、連絡を取り合う頻度、異性の友人とのやり取り…今まで気にする必要がなかった些細なことを、妥協なり何なりでお互いに納得の行くものにしなきゃいけない。時にはプレゼントのために節約したり、デートのために早起きをしたり、恋人を招くために家の掃除をしないといけないかもしれない。けれど、それができなければいずれはその人と諍いが起き、あえなく恋愛は崩れ落ちてなくなってしまうはず。だから、恋をするにはその恋を続けるための我慢や制限を耐える覚悟が必要だと思うよ。

     

    覚悟して自分自身を変えるってのはなかなか難しい。けれど、相手のことが本気で好きなら、覚悟はできる。だって、クソビッチだった私がビッチをやめて、もうすぐ旦那となる今の遠距離の彼氏との月に数回のセックスで我慢出来てるもん。我慢出来てるあたり「私って本気で彼のことが好きすぎるんだな」って、目には見えない彼への愛情に触れられた気がしてほっこりするよ。