TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】醜い嫌がらせも実は好意の一つなのかな

【ねむみの切り捨て御免】醜い嫌がらせも実は好意の一つなのかな

  • 2014年09月11日  安眠亭 ねむみ  



    ラブラブで相手のことが好きであればあるほど、別れ際に執着したり嫌がらせをしたりする人がいるよね。でも、もしかするとそういうマイナスな行動も好意の裏返しからくるものなのかもしれないなって思うんだよね。

     

    ・彼氏の浮気に悩まされた友人が浮気した理由

    以前、付き合う男とはことごとく破局し非リアを拗らせ、フリーであることをいいことに散々男遊びをした私。けれど、そんな私でも恋人や好きな人がいるときには浮気をしなかったな。基本、自分がされて嫌なことは相手にはしないってスタンスだから、自分が好きな人や恋人にされて嫌な浮気をそもそもしようとは思わないからね。まあ、かつての恋人には浮気されて踏んだり蹴ったりな思いをしたこともあるからかな。そんな私だから、「浮気をされたから私も浮気をしよう」という思考回路が理解できないんだよね。

    非リアを拗らせたりクソビッチだったり、さらにはメンヘラだった私に対しても仲良くしてくれる友人は良い人ばかりなこともあって、ほぼ全員が恋人なり大切な人がいる状態。そんなある日、友人の1人が「もしかしたら彼氏に浮気されているかもしれない」と相談してきた。私の友人の彼氏なこともあって、友人の話からどんな人であるかはだいたい想像がつくし、実際に何度も会っていてどんな人かも知っている。それまでの彼女から聞く彼の話では、彼がとても浮気をするような人とは思えなくて。

    浮気云々は恋人同士の当事者間の問題だし、これだけは外野の人間である私がやいやい言うのもおかしな話だと思い、「一度きちんと話をしてみれば?」なんていう無難でありきたりな言葉しか出てこなかったな。その時の私は、浮気で悩んでいる彼女自身が浮気をするだなんて想像していなかった。

    相談を受けてからしばらく経ち、彼女に会ってみるとやけにニコニコしていたんだよね。「これは彼氏の浮気は勘違いだっただな」と思い彼女にその旨を聞いてみると、「やっぱり浮気してたみたい」と実にさらっと答える。「話はちゃんとしたの?」という質問には「してないよ」と。私の頭の中がパニックになりそうだったから「えっ?じゃあどうしてそんなに嬉しそうなんだよ?」と尋ねると、実は自分も彼氏以外の男性と良い感じで…云々と言い出して、すっごい惚気んの。「彼氏よりも良い人かもしれない」とか「あの人は彼氏と違って…」ってまさに恋する乙女なんだよ。「自分は浮気をされて嫌な思いをするから、絶対に浮気はしない」ってスタンスの私には到底理解できなくて。

    「浮気されて泣いてたの誰だよ?お前じゃん。なのになんでそんなお前が浮気してんだよ」

    「私が彼氏に浮気をされて泣きながら彼氏を必要だと思ったように、私が彼の浮気相手に嫉妬したように、彼にもまた私のことを必要と私の浮気相手に嫉妬して欲しいから。私のことを必要として欲しいから。だから浮気をしている」

    正直、この返事には驚いたね。彼女にとって「浮気相手の女じゃなくて、恋人である私を必要としてよ」と言葉にして伝えることじゃなくて、実際に自分自身もまた浮気をすることで彼に振り向いてもらおうとしてるんだよ。私にはなかった発想だった。けれど、そういう相手にとっては決して良くない行動も、実は恋愛感情や好きだって思いの一種の表現なんだろうなって妙に納得した。

     

    ・別れ際におかしくなるのも愛情表現

    私の元カレにも、愛情表現が私に対する嫌がらせになってしまっていた奴がいたんだよね。「俺以外の男とは喋るな」とか「男友達とは縁を切れ」とか言ってきてね。いや、男友達も大事だしそもそも私は浮気をしないからと何度言っても聞かなくて。だんだん私も「そんなに私のことが信じられないの?」って嫌になってきて、別れを切り出したんだよね。すると彼は「別れたら死ぬ−!自殺してやる−!」って喚きだしてさ。もうその時点で恋愛感情とか何もかも冷めて「そんなことで死ぬ奴になんて興味ねえよ!勝手に死ね!」ってはっ倒したよ。振り向いてほしいからって相手に嫌がらせするとか、どんだけ幼稚なんだよってほとほと呆れたね。

    けれど、そういう風に恋人や大切な人に嫌がらせができるのは、きっと相手の心の中にはまだ自分という存在があると信じてるからなんだろうなって。「まだ相手の心には自分がいるはずだから、多少のことをしても大丈夫…きっと振り返ってくれるはず」そんな期待を抱いて相手に嫌な思いをさせるんだろうな。そうすることによって、さらに相手が自分から遠ざかっていくことを知らずに。

    相手のことが好きならば好きであるほど、相手が自分から離れていくことはとても怖い。だからといって引きとめようと自棄を起こしたり、自分が恋人にされて嫌だと感じたことと同じことをするのは、引き止めるどころかさらに離れていく、まさに逆効果じゃん。だからこそ、本当に相手のことが好きだっていうのなら、相手の嫌がることをしないでおきたいって心の底から思うね。