TOP > イククルコラム > 【はるひの恋愛処方箋】伝授!友達未満から友達以上になる方法

【はるひの恋愛処方箋】伝授!友達未満から友達以上になる方法

  • 2013年06月25日  小高 はるひ  



    どんなラブラブのカップルも、大恋愛を経て結婚した夫婦も、最初は赤の他人同士。他人から知り合いへ、知り合いから恋人へ、というステップを踏んでいます。今回は、友達未満から、友達以上へのステップアップの方法を伝授します。

     

    気になる人ができたけど、ここからどう仲良くなって行けばいいかわからない、という人は多いのではないでしょうか。自然に任せるのもありですが、そんなことをしていると、他の人に取られちゃうかも…という不安もあるはずです。何より、せっかくの恋愛のチャンスですからこの出会いを逃したくはないですよね。

    では、気になる人と、どのように距離を縮めていけばよいのでしょうか。

     

    ◆最初はアプローチが肝心!

    「私は気になってるけど、彼は私のこと興味なさそうだし…」
    「好きだけど、アプローチしたら嫌われるかも…」

     

    好きな人が出来たとき、誰もが最初に悩むところです。明らかに相手が自分のことを意識しているのなら、メールを送ってみたり、食事に誘ってみたり、行動に移しやすいですが、相手が自分のことを特に何とも思ってなさそうなときは、行動に移すのは勇気がいります。

    しかし、ここで何もしないと、大きな恋愛のチャンスを逃してしまうかもしれません。私は、この状態のときに、「ちょっとしたアプローチ」を仕掛けることをおすすめします。

    考えてみてください。例えば、サークルや職場が一緒である人を好きになった場合、確かに相手にとってあなたは「その他大勢の中のひとり」です。しかし、ちょっとしたアプローチをすることで、「あれ?もしかしてこの子、自分に気があるのかな?」と思わせることができます。それだけで、他の人より一歩リードしたことになります。好意を持たれて嫌な気分になる人はいません。また、「自分に気があるかもしれない人」のことは、他の人よりも意識して見るようになります。こうなればしめたもの。あなたは大きな一歩を踏み出したことになるのです。

     

    ◆「ちょっとしたアプローチ」とは?

    では、最初にどのようなアプローチをすればよいのでしょうか。

    食事に誘う、デートに誘う、何でもないのにメールを送る、など、明らかに自分が相手に好意を持っているとわかるようなアプローチはNGです。

    このアプローチで重要なのは、「もしかして、自分に気があるのかな?」と思わせること。明らかに好きだと思わせてしまうと、相手があなたを好きでなかった場合、断られておしまい、となってしまう可能性があります。また、距離を置かれたり遠まわしに振られたりしてしまう可能性もあります。あくまで、「好きなのかな」と思わせる程度にしておきましょう。

    では、「好きなのかな」と思わせる程度とは、どのようなアプローチでしょうか。

    例えば、好きな人を含めみんなで話をしているときに、血液型の話になったとしましょう。そういう時に、さりげなく「そういえば、××くんって何型なの?」と聞いたり、誕生日を聞く機会があったら、誕生日に「そういえば、今日誕生日じゃなかったっけ?おめでとう!」というメールを送ってみたり。みんなで話していて好きな食べ物がわかったときに、しばらく経ってから「××くん、○○好きだったよね?今日行ったお店、すごく美味しかったらよかったら行ってみて」とメールするのもありです。いずれも、「あ、この子、自分のことよく見てるな」と思わせつつも、「自分だけじゃなくて、みんなに対してこうなのかも」とも思える内容です。

    話を振るのもメールをするのも、きちんと相手に伝えたい内容があることが大切です。「今、何してるの?」とか、「今日、こんなことがあったよ〜」など、内容がないメールや会話は相手の負担になるだけ。会って話しているときに、その後につながりそうな話を覚えておき、さりげなく使いましょう。

     

    ◆アプローチした後は、いったん引く

    前述したようなアプローチをした後は、必ずいったん引きましょう。何度もアプローチをするのではなく、相手が自分のことを気にし始めたかも?と思った時が引き時です。いったん、さっと手を引きましょう。

    自分のことが好きなのかもしれない子が、急に何も言ってこなくなったら、普通の人であれば逆に気になるはずです。「あれ?自分のこと好きだと思ってたのは、気のせいだったのかな?」「もしかして、他に好きな人でもできたのかな?」と思うでしょう。人には去っていくもの、自分が手に入れられなかったものは良く見える、という習性があります。ここで、好きな人が以前よりも話しかけてくる、メールをしてくるなどし出したら、相手があなたのことを気にし始めたサインです。ここまで来れば、ゴールはもうすぐです。適度に相手の誘いに応じるなどして、仲を深めていきましょう。

     

    ◆引いても押してこない場合は

    一度手を引いても、相手があなたに興味を持たないようだったら、それは「時期尚早」のサインです。残念ながら、今はまだ何をしても相手はあなたに興味を持ってくれない可能性が高いです。一度、状況を立て直して、もう一度アプローチをするのがよいでしょう。

    しかし、最初からまったくアプローチをしなかった場合と違って、相手はあなたをよく見ているはずです。これをチャンスに、美容室に行って髪型を変えたり、合う化粧品を探したりして外観を磨くとともに、何か趣味を見つける、資格の勉強をする、人の気持ちを考えて行動する、他人に親切にするなど、内面も磨いていきましょう。変わっていくあなたに、また、新しいあなたに、相手は魅力を感じるようになるかも知れません。しばらく経ってから、またさりげなくアプローチして様子を見てみましょう。

     

    どんな恋人たちも、誰もが最初は他人同士です。いいなと思える人に出会ったあと、「ただの知り合い」から一歩抜け出せるかどうかは、あなた自身にかかっています。相手に上手にアプローチするだけで、「ただの知り合い」から抜け出せる可能性はぐんと上がります。相手の言動をよく見て、その場その場に合ったアプローチをしていきましょう。