TOP > イククルコラム > 【はるひの恋愛処方箋】顔はやっぱり大事!?恋愛における第一印象

【はるひの恋愛処方箋】顔はやっぱり大事!?恋愛における第一印象

  • 2013年11月19日  小高 はるひ  



    人は外見より中身、とはよく言いますが、恋愛において顔はどれくらい大事なものなのでしょうか。「見かけより性格が大事」と心では思っていても、実は意外と顔を気にしているかも?今回は、恋愛における顔やスタイルのお話です。

     

    ◆かわいければいいわけではない

    はっきり言ってしまうと、恋愛において顔は重要だと思います。一番大切なのが別のものだとしても、顔は恋愛をする上で条件のひとつにはなるはずです。

    ただ、注意が必要なのは、男性は格好よければ良い、女性は美人であれば良い、というわけではないということです。イケメンではなかったり、かわいくなかったりしなくても、100人中100人から嫌われる顔というのはないはずで、人それぞれ「好みの顔」というのが存在します。また、造りが完璧ではなくても、表情が豊かだったり、愛嬌があったり、仕草がかわいかったりで、イメージはだいぶ変わります。見かけを語る上で一番大切なのは、このイメージです。顔の造りと、表情やしぐさが最初に与えるイメージが、第一印象です。

     

    ◆第一印象でアリかナシか決まる?

    「ひとめぼれ」というと、何となく軽い感じがしますし、しない人からすると「顔を見ただけで人を好きになるなんて、信じられない」と思われるかもしれませんが、ひとめぼれをする人は確かにある程度存在するようです。ひとめぼれをするのは、どちらかというと男性に多いようです。しかし、男性の中にも、「ひとめぼれはしたことがないし、これからもする気がしない」という人もいます。

    これまでいろんな方の恋愛の始まり方を聞いてきましたが、「ひとめぼれ」は極端だとしても、人と初めて会ったとき、ひとめでその人のことをある程度判断していることが多いです。簡単にいってしまうと、「その人のことがアリか、ナシか」ということです。ひとめで「好き」になりはしなくても、「彼氏(彼女)候補になりうるか」「絶対にないか」は、最初の印象ではっきり決まってしまうのです。

    しかし、ここで候補になったからといって、確実に好きになるとは限りません。その後、その人と仕事上の知人なり友人なりで関係を深めていく上で性格を知っていって、最終的に好きになるかどうかが決まります。あくまで、恋人候補の審査対象になる、という感じです。候補になった人のことを好きになる確率は、出会い方やその人の性格、環境などに大きく左右されますが、二分の一から十分の一くらいが多いようです。ですので、やはり最終的には性格が合うかどうか、相性が良いかどうかが大きなポイントになります。しかし、その前の最初の関門である第一印象で「ナシ」と判断されるということは、恋愛のチャンスを大きく逃していることになります

    では、良い第一印象をもたれるには、どうしたらよいのでしょうか。

     

    ◆男性は清潔感、女性は表情

    男性で一番重要なのは、清潔感です。どんなに顔の造りが良くても、清潔感がなければ、一目で女性にナシ判定をされてしまいます。顔が脂っぽくないか、髪がべたっとしていないか、髭が無造作に伸びていないか、フケが落ちていないか、服の首元がのびていないか、服がよれよれではないかなどを、おしゃれをする前に気を付けましょう。

    女性で重要なのは、表情です。どんなに美人でも、むすっとしていては、怖い人、愛嬌が無い人、人と関わる気が無い人だと思われてしまいます。人と話すときには笑顔を心がけましょう。話していないときでも表情は大切です。無意識に口角が下がっていないでしょうか。口角が下がっていると、不機嫌に見えて話しかけづらくなってしまいます。人と話すのが苦手で明るい性格ではなくても、にこやかにしているだけで、明るそうな人、楽しそうな人、話しやすい人に見えます。これは第一印象にかなり影響を与えます。笑顔が作るのが苦手な人は、毎日、鏡の前で表情筋を動かす練習をすると効果的です。

     

    ◆スタイルが第一印象に与える印象

    ここまで主に顔について書いてきましたが、最初に与える印象の大きな要素のひとつにスタイルがあります。背が高い、低い、痩せている、ぽっちゃりしている、筋肉質、線が細い、手足が長い、女性の場合は胸が大きい、小さいなどが挙げられます。人それぞれ、好みのスタイルというものはあるものです。背が高くてひょろっとした人が好き、という人もいれば、中肉中背で筋肉質な人が好き、という人もいますし、男性の中には自分より何センチか背が低い人がいい、という人もいます。

    スタイルで難しいのは、自分の意思でどうにかすることができないことが多いということです。痩せたり太ったり、筋肉を付けたりなど、努力である程度何とかできることもありますが、身長は自分の意思ではどうにもなりません。女性であれば、ヒールがある靴を履いて背を高く見せることはある程度可能ですが、逆に小さく見せることは不可能です。

    目指すスタイルがあったり、自分の好きな人の好みのスタイルがあったりするのであれば、それを目指して努力をするのは素敵なことだと思います。ただ、私のこれまでの経験から言うと、人それぞれ好みのスタイルはありますが、それによって一目見たときから「ナシ」と判断されることはあまり多くありません。顔の好みよりもスタイルの好みは、だいぶ妥協しやすいようです。自分のスタイルに自信がない人もいるかもしれませんが、それで消極的になってしまうのはもったいないことです。できることなのであれば、スタイルを変える努力をしつつ、ぜひ積極的に恋愛をしてもらいたいと思います。

     

    ◆ネットでの出会い、写真の印象は?

    ここまで、主に直接会った場合の印象について書いてきましたが、最近はネット上での出会いも増えています。そういった場合、顔の印象、つまり写真の印象はどのように受け取られるのでしょうか。

    出会った瞬間から顔を見るリアルな出会いと違って、ネット上の出会いの場合、写真を見るのは、ある程度文字でのやり取りをしてからです(写真を見て気に入り、そこからやり取りを始めることもありますが)。写真のやり取りに至るということは、文字でのやり取りで「もっと仲良くなりたい」「気が合いそう」と思ったからであり、そこで既に好意を持っているので、好みの顔でなくても、いきなり「ナシ」だと判断するよりも、「残念だなぁ」「ちょっと期待と違うなぁ」くらいの感想になることが多いです。つまり、ネット上での出会いは、普通の出会いよりも最初に顔が与える印象は幾分少なくなることになります。

    ネットでの出会いで大切なのは、写真よりも、初めて会ったときの印象です。ネットでやり取りをしている間はいい人だったけど、会ってみたらちょっと受け付けない、という可能性も多々あります。初めて会う時に大切なのは、やはり上に書いた清潔感と表情です。せっかく仲良くなって会うことになっても、会った瞬間に「ナシ」と判断されては、これまでの努力と期待が水の泡です。会うことになったときは、いつも以上に清潔感と表情に気を配りましょう。

    また、最近では自撮り専用のカメラアプリが多数存在しています。色白にしたり目を大きくしたりすることはもちろん、顔を細くしたり、ニキビやほくろを消したりなど、大きな修正が自然にできます。女性がネットで自分の写真を送る場合は、そういったアプリを使ったり、使っていなくてもよく撮れた写真を使ったりするはずですので、実物より何割増しかでかわいく写っています。男性は、そういったことを念頭に置いて写真を見るとよいかもしれません。女性側も、あまり写真で盛り過ぎるのは問題です。これから先、絶対に合わない相手であれば問題ありせんが、会う可能性がある、会いたいと思っている相手には、勇気を出して、なるべく素顔に近い、雰囲気が実物と変わらない写真を送ることをおすすめします。

     

    いかがでしたでしょうか。基本的に、人を好きになるのは性格を知ってから。しかし、無意識のうちに出会った瞬間から、外見によって、様々な印象を持ったり持たれたりしてしまっているはずです。自分はどんな印象を持たれているのか、かっこいい、かわいい、だけでなく、表情や仕草、清潔感などにも気を配って、いい出会いを増やしていきましょう。