TOP > イククルコラム > 【ヲタ充のための恋愛理論】“オタサーの姫”の実態が怖すぎな件

【ヲタ充のための恋愛理論】“オタサーの姫”の実態が怖すぎな件

  • 2015年05月08日  海路 サトミ  



    オタク界のモテ、「オタサーの姫」オタサーの姫はともかく人から愛されたい願望が強く、タチが悪い姫やと好意が無い男性も無理やり振り向かせたり、わざと他の人の恋愛を壊すこともあるから要注意やで。しかも案外取り巻きとは恋愛しない姫が多いから、オタサーの姫は男オタからしても、女オタからしても気をつけるべき存在やと思うわ。

     

    お姫様になって2次元キャラに口説かれる妄想が、未だに辞められない海路サトミやで。今回取り上げる姫は、姫でもオタサーの姫や。複数の男性から好意を抱かれ、オタク界のモテと一時期話題になったで。けど一般の人から見るオタサーの姫と女オタ目線から見たオタサーの姫は違うかも。うちなりにオタサーの姫のちょっと怖い実態と恋愛について迫ってみたで。

     

    クエスト1 何故オタサーの姫が生まれるのか?

    そもそも何故オタサーの姫が生まれたかはあんまり書かれてないなぁ、と思ったので考えてみたで。その前にオタサーの姫を知らない人に解説すると、男オタクが多いコミュニティにいる紅一点的な女性オタのことや。彼女が複数の男オタからちやほやされる様から、「オタサーの姫」って言われるねん。

    ただ彼女達に関して否定的な意見が多いみたいやで。別に男性オタクのコミュニティで女性を優しくすること自体は悪くないと思うわ。男が多いオタ分野で女性が入っていくのは結構勇気がいるから、気にかけてもらうのはありがたいし。ただ特定の女性を祭り上げ、「姫」扱いする様はちょっと異様かもしれへんなぁ。

    そもそもオタサーの姫はちやほやされたい女性側だけでなく、あわよくば彼女と付き合いたいと下心を抱き姫に尽くす男性側もおらんと成立せえへん。男オタのコミュニティがあって、男性が多いオタ分野が好きな女の子と、彼女達をちやほやする男がおる限り、オタサーの姫は生まれ続けるんやと思うわ。

     

    クエスト2 オタサーの姫の実態が怖すぎやねん

    昔うちがいたオンライン中心のオタサークルでもオタサーの姫がいたけど、正直苦手やったわ。なんでかというと、姫の子は他人との関わり方がちやほやされることが基本ベースで、女性オタに対しても、「あたしを褒めて!」と称賛の言葉を求める方法しかコミュニケーション取り方を知らへんねん。

    で、称賛しなかったら直接ではなく、取り巻きの男性を使って攻撃してきたり、「サトミさんって、しっかりしてて凄いですよね!あたし、周りに助けて貰わないと何も出来なくって」と、相手を褒めるふりして、自分の女の子アピールをして、うちの周りから上手に男性をいないように意図を引く巧妙なやり方をしてくるから怖いで。あと当時そのコミュニティにうちの好きな人がおったんや。

    けど、姫にはしっかり別のところで彼氏がおったのに「○○さんのこと、そういうところ好きかも?なんてね」とか思わせぶりなことして、うちと好きな人を引っかき回して恋愛を壊された経験があるから、もう正直オタサーの姫がいるサークルには参加したくないで。すっかりトラウマやで。

    姫はうちの好きな人のことを好きでもなんでもなかったのに、「自分のことを一番好きでない人がいる!」という状態が許せなかったらしいで…。うちはたった一人に好かれたかっただけやのになぁ。全部のオタサーの姫がこういう人ばっかりではないけど、うちにとっては怖すぎた体験やわ…。タチの悪い姫には絡まれへんように気をつけてな!

     

    クエスト3 女オタから見たオタサーの姫の恋愛

    そんなオタサーの姫の恋愛をうちなりに分析したところ、だいたい三つの形態に分かれたで。簡単に分けるとこんな感じかな。

    @取り巻きの一人と恋愛
    オタサーの姫がちやほやされるのは、男オタがどこか心の底で恋愛関係になるのを求めてるからやと思う。実際特定の取り巻きと恋愛することも、なくなないで。けど、それと同時にオタサーの姫であることは手放さなあかんから、結構サークル内で隠れて付き合ってる子が結構いたなぁ。うちからしたら、彼氏が出来たら他の取り巻きにもきちんと報告すべきやと思う。そして彼氏以外の取り巻きとは距離を置いて、姫は辞めた方がいいと思うわ。

    A取り巻き外の男性と恋愛
    うちが目撃した限りではオタサーの姫はAのパターンが多かったなぁ。うちが苦手やったオタサーの姫もAやったわ。取り巻きじゃない爽やかなイケメンオタと結婚してたで。ちやほやされたいけど、取り巻きの男性との恋愛はモノ足りないし嫌って思う子は多いで。姫と取り巻きがアイドルとファンの関係により近いのは、このAのパターンやと思う。手に入りそうで入らない微妙な距離やからこそ、取り巻きは余計姫に尽くすのかも。

    B取り巻き達、複数との恋愛
    まあこれがいわゆる、サークルクラッシャーって奴やなぁ。複数交際が周囲にバレへんうちは男達の扱いもかなりいいけど、バレたら一貫の終わりなのがBやな。一見恵まれてるようなBだけど、案外ヤンデレ気質が多く、自信が無い子が多いねんよな。あと流されやすい子やな。

    @とかAタイプの姫はなんやかんや言うても、女である自分を肯定してる子が多いねん。だから姫になれる。けどBは一見姫のようで、男オタから性の対象にされて、消費されてるだけな面もあるから、正確には姫ではないんかもしれへん。でも男性オタ同士の信頼関係を壊してしまう時点で色々と罪深いかもなぁ。

    観察すればするほど、オタサーの姫の存在は業が深いし、敵に回したり、目をつけられると怖いな…って思うで。ほんま男性に対してやって恋愛不信やけど、オタサーの姫の影響で女性不信になりそうで、ますます2次元の道へ一人で邁進してしまいそうやわ。