TOP > イククルコラム > 【ヲタ充のための恋愛理論】オタクの男が皆真面目と思ったらあかんで!

【ヲタ充のための恋愛理論】オタクの男が皆真面目と思ったらあかんで!

  • 2014年11月26日  海路 サトミ  



    オタク男子なら皆真面目で誠実!と安心してオフ会で出会った綺麗めオタク男子には実は秘密があってん。うちは運命の相手や!と浮かれて気づかなかったんだけど、実は相手が異性を口説くことが目的の出会い厨やってん。オタクやったら恋愛には真面目やろと思い込まず、オタクのフィルターを外して相手を見るべきやったなと思うわ。

     

    うっかり少女マンガの恋愛に夢中になって徹夜してしまった海路サトミやで。うちも少女マンガのヒロインみたいに運命の相手に出会いたいなぁって思うわ。といってもなかなか運命の相手には未だ見つからへんで。それどころかうっかりオタクのオフ会であった駄目男のことを思い出してしまったわぁ。オタクの男性なら真面目で浮気なんてしないって思っていたんだけど、うちの会ったオタク男はほんま今思い出しても最悪な男やったで。

     

    クエスト1 オフ会で出会った綺麗めオタク男子

    そいつと会ったのはオタクイベントのオフ会やったかなぁ。オタ友人に誘われていった場所にそいつはおってん。オタクの男の人って基本、わりと服装に構わないって人が多いねんけど、服飾系の仕事をしているっていう彼は綺麗めファッションで垢ぬけていてカッコ良かったわぁ。

    うん、ほんとオシャレやったわ、だからつい浮かれちゃってんよなぁ。オタで、コミュ障のうちにも凄く優しかったんや。で、会ったその日に好きなマンガの趣味があって意気投合して、連絡先を交換したんや。「もしかして運命の相手!?」なんて思いながら。

    イケメンで、しかも自分と趣味が一緒のオタク男性に出会って連絡先を聞かれたら、誰でも浮かれるやろ。しかもオフ会の後に、メールでまた会いたいねーと言われたら、やっとうちにも幸せが!と思うやん。実際その後彼から誘われて、デートした時は幸せやったで。

     

    クエスト2 綺麗めオタク男子とのデートでの違和感

    デートも今まで行ったことないようなオシャレなカフェやお店に連れて行って貰ったわ。あーオタクだけど、女性慣れしてるなぁ、まあイケメンやし、今まで彼女がおったんやろうなとは思ったで。

    まあ過去の彼女に嫉妬しなかったっていったら、嘘になるで。でも今彼とデートしているのはうちや!と思って、過去は気にしないようにしたんやで。過去は。でもまさかあんなことが待っているとは思いもしなかったで。

    ただ違和感はあったんやで。やたらデート中に、携帯いじってる人でさ。彼曰く「今ハマってる携帯ゲームがあって」らしいけど。そうなんやー、とその時は気にしなかったんや。確か彼はぱっと見はオシャレなイケメンやった。でも、話す内容はいつもマンガやアニメのオタクトークばっかりで、重度のオタクやから彼女おらんやろ!と安心しきってたんやなぁ。

    でも、デートはするけど全く告白してくる気配のない相手に苛立って、友達どまり?とあせったもんやで。でも手を繋いで来たりするから、好きって言えない不器用で純粋の人なんかなぁって思ったんや。けど、純粋なのはうちの方やったわぁ。ほんま。

    初めて彼の家に行って、あきらかに女性の影、ピンクの歯ブラシや女モノの下着を見つけるまでは無邪気に相手のことを信じてたんやで。でもそれでも信じたくて、「あ、それ元カノの?」と内心の動揺を抑えて、何気なく聞いたら「ああ昨日彼女来てからね」やって。ほんま信じられへんで!彼女いるのに、うちをデートに誘ってやんやで!

     

    クエスト3 オタクの出会い厨には二度と会いたくないで

    思わずは?彼女?うちのこと、好きなんちゃうの?って聞いたら好きって言ったことはないでしょ?って言われて超ショックやったわ。しかも彼女いること知っているかと思ってたやってさ!なんでやねん!そんな軽い女なわけないやん。知ってたら彼女いる男の家にのこの行かへんし、彼女いる相手とデートなんてするわけないやん。

    もう色々とショック過ぎて、すぐその日は相手の顔をビンタして帰ったわ!で、オフ会に一緒にいった友人に電話して泣きついたんやで。そしたら友人から思わぬことを聞かされたんや。「ごめん、サトミちゃん、うちもさっき知ったんだけど、彼オフ会では有名な出会い厨やったらしいわ…」と聞かされて、更に頭殴られたかと思うぐらいショックを受けたわ。

    あ、出会い厨ってのはいわゆるオタク向けのオフ会で、異性を口説くことを目的にくる人のことやで。友人いわく、うちだけやなくて他にも何人ものオタクの女の子が被害にあったらしいわ。

    つまり、本命の彼女とうちを二股してただけでなく、他にも浮気相手がいたらしいで。ほんま信じられへんわぁ。それを聞いて悲しみより、怒りがおさまらんかったわ。相手にも、それに気づかなかった自分にもやなぁ。でもデートでやたら携帯いじってたり、好きって言ってこない時点で気づくべきやったなぁ。

    それ以来、イケメンのオタク男子をオフ会で見かけると、また出会い厨か!と酷く警戒するようになって、ますます出会いは遠のくばかりやで。オタク男子やから恋愛に真面目で誠実なんて思ったらあかんわ。オタクっていうフィルターやなくて、一人の男性としてきちんと相手を見るべきやったなぁって反省しきりやで。ほんまいつになったら少女マンガみたいに、誠実な運命の相手と出会えるんやろうなぁ。