TOP > イククルコラム > 【ヲタ充のための恋愛理論】恋をしたらオサレ美容院に行こう!

【ヲタ充のための恋愛理論】恋をしたらオサレ美容院に行こう!

  • 2014年08月06日  海路 サトミ  



    オタやって恋すれば可愛くなりたい!って思うのが普通やで。そのためには、ファッションだけやなくて髪型も大事なんやて。オサレな美容院に行くのが必須らしいけど、そんなとこ行く服は無いわ、イケメン美容師と何しゃべっていいか分からんわ、ほんまオタにとって美容院は辛すぎる!美容院を行くのが楽しめる人はリア充らしいねんけど、オタの自分にとっていまだにハードルが高い場所やで。

     

    今年、来年にかけて好きなアイドルが卒業宣言していてちょっぴり落ち込みがちのサトミやで。オタだって恋すれば可愛くなりたい!オサレになりたい!と奮闘するのが普通と違うかな。うちもオタは辞めへんけど、やっぱり見た目は可愛くなった方がええかなと、今も努力中やで。

     

    クエスト1 恋をしたらオサレ美容院は必須!?

    大学時代の話やけど、斯々然々で可愛くなりたいねん!ってオッサレーな先輩にファッションの相談したら「その前にサトミちゃんは髪型がダサイで〜」と言われてん。まあ確かにその頃は髪の毛真っ黒で、ただ伸ばしてただけで、寝癖も酷いしろくにブローもしとらんかったなぁ。今思うとなかなかひどい髪型やったと思うわ。けど当時髪を切りに行くのは、親が行くとこ同じ昔ながらの美容院やったで。流行の髪型とかでなく、とりあえず伸びたら切るだけみたいな。で、先輩に言われてオサレ美容院にいこうと決意したのはよかったんやけど、それがなかなか大変やったんやでー。

     

    クエスト2 オサレ美容院に行く服が無い問題

    まずオサレ美容院にいってびっくりしたのが、値段やな。以前行っていたとこは、カット2,000円前後やったから、カットだけで倍以上の値段がするのがほんま意味分からんかったわ。それを先輩に言ったら「可愛くなりたいなら行ってみろ!」の一点ばりやったわ。そもそもオサレ美容院ってオタにはかなりハードル高いんねん。凄いオッサレーやん。オッサレー過ぎて「美容院に行くための服が無い……」みたいな気分で絶望したわ。

     

    クエスト3 イケメン美容師は勘弁してほしい

    まあそんなこんなで頑張ってなんとかオサレ美容院に行ったで!ずっと緊張しっぱなしやったけど。「絶対この人達、うちのことダサいって思ってるやろ!ああ来るんじゃなかった……」みたいな自己嫌悪しっぱなしやったわ。まあ店側の人は案外そこまで思ってへんねんけどな。今思うと変に考え過ぎやったと思うわ。でも、オタの人で美容院苦手って子は、結構多いみたいやな。なんか美容院というか、美容師自体がリア充の象徴みたいな感じで『敵』としてとらえてしまうねん。

    しかもたまたまうちが担当した美容師がイケメンの男性やってん。けど、オタからするとイケメンかつオサレ男子は未知の相手。髪の毛を触られても無駄に意識し過ぎて、もうカット中ずっとうつむいてたなぁ。髪洗って貰うのも、何かめっちゃ恥ずかしかったわ。うつむき過ぎて、上向いて下さいーって言われたりしたけど。

    あと困るのがカット中の会話やね。何を話していいのか分からんねん。質問されても「はぁ、そうですね」とか言えへんし。しかもその時の美容師さんは恋愛ネタを振って来たから、答えられるわけもなく、はよカット終わって!とひたすら耐えるのみやったわ……。ほんま美容師さんとの会話は辛すぎたわ。最近は寝たふりとか、ひたすら雑誌読むふりして会話を避けてるで。オタでもこの会話が嫌で、美容院は苦手って子は多いなぁ。何故か客であるオタの方が気を遣うっていうおかしな現象が美容院では起こるで。まあオタだけじゃなくても、コミュニケーション下手な人はそうなんかもしれへんなぁ。

     

    クエスト4 髪型の維持の仕方がわからない

    とまあそんな苦難の美容師さんとのバトルを無事乗り越えて、カットしてもらってパーマもかけて貰ったで。そこそこ垢ぬけて、ヨッシャ!この髪型で好きな人にアプローチするでー!!と思ったけど悲劇は次の日起こったんや。なんと余りに髪の毛が丈夫すぎて、1日でパーマがとれてん。冗談やと思うやろ?けどほんまの話やで。まあゆるめのパーマにしてくださいって言ったせいやと思うねんけど、当時かなりショックやったわ。

    いまだに美容院ではバシッと決まっても、その後上手に自宅で髪型を再現できへんねんよなぁ。まあパーマが1日でとれたは極端な話かもしれへんけど、オタの友人でも「ワックスとか、なんちゃらスプレーとか呪文か!」と同じように髪型維持に苦しんでた友人おったわ。器用に再現出来る人はうちの中で勝手にリア充認定してるで!

    けど、まあそんな苦労のお陰でオサレ美容院に通うようになってから『サトミちゃんなんか垢ぬけてきたねぇ−、可愛い!』って言われるようになったで。肝心の好きな人には残念ながら振り向いて貰えなかったけど、可愛い!って言われたのはやっぱ嬉しかったわ。オタが好きな人に振り向いて欲しい、恋人が欲しいって思うなら、やっぱりある程度小奇麗にした方がええと思うねん。うちらオタが2次元のかわいいキャラに惹かれるように、恋をするなら可愛くなった方が得やと思う。

    そのためにはやっぱり美容院は避けては通れぬ場所かもしれへん。確かに美容院の美容師さんとかは未だに苦手やわ。けどカットしてもらって可愛くなると、明らかに自分の表情とかに自信がつくから、やっぱり恋をしたら美容院に行くのがええかもしれへんね。