TOP > イククルコラム > 【ヲタ充のための恋愛理論】萌えシチュエ―ションをリアルでやってみた

【ヲタ充のための恋愛理論】萌えシチュエ―ションをリアルでやってみた

  • 2015年06月26日  海路 サトミ  



    今少女マンガやドラマなどで話題の萌えシチュエーションを調べてみたで!壁ドン、肩ズン、顎クイ、耳つぶなどがあるねんけど、ほんとに萌えるのか女性同士で試してみたで!実際やってみると、どれも顔の距離が近いし、イケメンでも元々それなりに好意が無い人でないと無理かも!ただしイケメンではなく、ただし好きな人に限るってとこやわ。

     

    リアルでのときめきは皆無!2次元でときめき補給の海路サトミやで。今回は2次元で人気の萌えシチュエ―ションをリアルやってみたで!ただやってくれる男性がいないので、女友達とやねんけど…女同士でやるって時点でかなりむなしいけど、そこは妄想力でカバーすることにしたで。2次元の萌えはリアルでも通じるのか、興味深いところやで。

     

    クエスト1 今話題の萌えシュチュエ―ションを調べてみた

    実行の前にまずは今何がどんなシュチュエ―ションが流行っているか、マンガとかオタ友達に聞いて調べてみたで!すると大体こんな感じのがあったわぁ。

    ●壁ドン
    皆さんご存知壁ドン。こちら説明不要やと思うけど、壁に体を押し付けられてドンと腕を添えられるという少女マンガで定番のときめきシーンやなぁ。

    ●肩ズン
    男性が女性の肩にもたれてかかることやで。といってもただもたれかかるだけではなく、弱音を吐きながらするのがポイントらしいわ!

    ●顎クイ
    男性が女性の顎をくいっと持ち上げるシチュエ―ションのことやで。そのままキスシーンに移行するパターンが少女マンガでは多いな!

    ●耳つぶ
    男性が女性の耳元でささやくことを言うらしいで。その際に甘い言葉をつぶやくことから「耳つぶ」って言われているらしいで!

    あと他にも男性が後ろから覆いかぶさるように女性の袖をまくる、袖クル。自分の足を相手の股に挟む、股ドン。床に追い詰める床ドン。鼻の先を相手とこすりあわせる鼻ツン。相手の唇に人差し指でタッチする指トンなどなどの萌えシチュエーションがあったで。どれも凄いネーミングやな!とりあえず話題の壁ドン、肩ズン、顎クイ、耳つぶの4つをやってみたで。

     

    クエスト2 リアルで萌えシチュエーションやってみた

    今回一緒にやってくれた子は普段コスプレで男性役をやってる子なので、ノリノリでやってくれてん。折角なので男装でしよう!と男装コスプレまでしてくれたで!それぞれのシチュエーションを試してみて色々とおもしろいことが分かったわぁ。

    ●壁ドン
    まず壁ドン。これ結構一部では言われてたけど結構怖い。ときめきのドキドキ感より圧迫感が強く、何故か追い詰められた犯罪者の気分になったで…。これ仲いい友達だったから良かったけど、親しくない男性にされたら結構恐怖心の方が強くなるような気がしたわぁ。リアルでやるならカップルでないと案外厳しいと思うわ。

    ●肩ズン
    友人曰く「これ、する側が案外しんどい」とのこと。友人の方が身長高いねんけど、ズレてもたれかかるのに結構体を傾斜させねばならず、身長差がありすぎる男女では結構体制が厳しいのでは?という意見が。あと友人と二人で試して分かったのが、もたれかかり方にもパターンがあり、横並びでの肩ズン、向かい合っての肩ズン、後ろからの肩ズンがあるなぁって分かったわ。あと壁ドンより顔の距離が近くなるから、仲良くない相手だとしんどいかも。

    ●顎クイ
    これをした時、「ほんと女同士で何やってるんやろ…」感が止まらんかったで。顎が固定されて、相手と視点がかっつり合うので気恥かしさではこれが一番やったかもしれへん。同性同士でも案外お互いを真っ直ぐ見るってないから、めっちゃ恥ずかしかったわ。相手にされるがままな感じがあるから、男性に主導権を握られたい人はいいかもしれなけど、これは結構ナルシストでないと出来ない技やで…。あとどうでもええねんけど、ネット上でどんな評判なんかなーと思って、SNSで検索したら顎クイしたキスプリクラの美男美女の画像が出てきて、ジェラシーしか感じなかったわ…。リア充の壁ほんま高すぎやで。

    ●耳つぶ
    女同士でも内緒話をする時にあるから、これが一番照れが無いような気がしたわ。ただ何を呟くかで二人でアホみたいに悩んで、シンプルに「好きだよ」って言って貰ったで。何気にこの4つの中で一番顔が近付くから、ちょっとドキドキしたわ。壁ドンからの耳つぶのコンボを2次元で好きなキャラにやってもらったら萌え死にそう!って二人できゃーきゃー妄想して楽しんでたわ。

     

    クエスト3 萌えシチュエーションをされて分かったこと

    とまあ、今話題の萌えシチュエーションをやってみて分かったのが、「これどれも、元々お互いの新密度が高くないと厳しいよね」ってことやわ。仲いいオタ友達同士やからノリノリで出来たけど、全く知らない相手だとされたら怖いかもって結論やったで。

    よく「ただしイケメンに限る」とかいわれてるけど、それぞれかなりパーソナルスペースが近づくからイケメンでも、親しくない相手にマンガみたいにいきなりされたら怖いで!あくまでも2次元のマンガやアニメ、ドラマの中だから楽しめるシチュエーションやと思うわ。

    まあ好きな相手にされたら許しちゃうかも。ただしイケメンに限るではなく、ただし好きな相手に限るが正解やと思うわ。結局ときめく為にはまず、好きな人を作るところからかぁ、リアルでのときめきシチュエーションの壁は大分高そうやな…と思ったで。