TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】失恋を恋の駆け引きに利用しよう!

【元風俗嬢が語る男と女】失恋を恋の駆け引きに利用しよう!

  • 2016年04月03日  本田 あい  



    2人きりで愛を深めていくイベントの多い秋冬と比べ、春夏は仲間内でパーッと弾けられるイベントの多い季節。「今年こそは彼氏を作る!」と意気込んでいる女性も多いのではないでしょうか。
    せっかくのチャンスを潰さないためにも、駆け引きの一つとして“失恋”を利用してみてはいかがでしょうか。
     
     
    素敵な出会いがあったとき、そのチャンスを無駄にはしたくないですよね。ではどのようにアピールすればよいと思いますか? また、恋人が欲しい男性は、どのような女性を狙っているのでしょう。そんなことを考えていると、ある一定の法則が浮かび上がり、まさに「世の中って上手くできているな」と感心する事態に。今回はそんな男女の駆け引きについてお話ししたいと思います。
     
     
    ■意中の男性を振り向かせるには?
     
    風俗嬢にとって、お客様からいただく“本指名”は何よりも大事。「写真を見て選んだ」「君の噂を聞いてきた」という普通の指名とは違い、本指名は何度も自分を選んでくれるお客様からしかもらえません。たくさんの風俗嬢がいるのに、いつも自分だけを選んでくれる。それは風俗嬢のプライドを満たしてくれますし、店からの信用度や、給料にも反映するのです。なので風俗嬢は、あの手この手を使って本指名客(常連客)を作ろうと必死。毎日一緒に呑みに行くくらい仲が良い風俗嬢同士でも、自分の手管を打ち明けたりはしないのですが、風俗嬢を引退した皆で集まったときにぶっちゃけた『どうやって客を落としていたか話』にはビックリ! なんと、みんな同じ手段を使っていたのです。
     
    その手段とは、失恋を利用すること。「好きな人に振られちゃった」というセリフには、『現在彼氏がいない』『恋愛をする気がある』という、恋を始めるために必要な情報が全部含まれています。いいなと思う女性に巡り合っても、「この子には彼氏がいる?」「恋愛をする気がある?」と考えている内に面倒になって――というパターンは非常に多い。特に春夏は出会いのきっかけとなるイベントも多いですから、意中の男性がいれば迷わず、「私のことを狙っても大丈夫ですよ!」という情報を伝えるべき。
    スマホを使って告白するという人が多くなっている現在、「彼氏いるの?」と尋ねられて「どう思う?」と意味深な言葉で返事をして――なんていう駆け引きを楽しんでくれるような男性は少ないと思います。いいなと思う男性がいれば、積極的に失恋を利用しましょう。
     
     
    ■恋人が欲しい男性が狙う女性とは?
     
    「好きな人に振られちゃった」というセリフには、『現在彼氏がいない』『恋愛をする気がある』という情報を相手に伝えられると先ほど言いましたが、実はもうひとつ、『私は今悲しい・寂しい』という“隙”を相手に見せることが出来ます。男性はこの“隙”が大好きだってご存知でしょうか。
    仲の良いホストは「失恋した」という女を見つけたら心の中でガッツポーズをすると言っていました。風俗店やキャバクラで働ける女性を見つけるため、街で声をかけているスカウトマンも「振られたばかりの女性は落とし頃」と言います。確かに失恋した直後はヤケになって、「誰でも良い」と思いますし、普段の自分では考えられない行動に出てしまったこともしばしば。自分の行動を思い返しても、失恋したばかりの自分には“隙”があったなと思いますね…。
     
    本当の失恋はさておき。男性を落とすために「失恋した」という女性と、そんな女性を前にして「落とせる!」と思いアプローチする男性…。何だか世の中うまく成り立っているなぁと思いませんか?(笑)
     
     
    ■失恋をアピールした後は?
     
    男性は他の男性から女性を奪うという行為に優越感を得る生き物。略奪とか寝取られとか…そういうセクシービデオも数多く出されていますしね。ぜひ「前の彼氏が忘れられない」という仕草をチラ見させて、相手の独占欲を煽ってみましょう。かといって、いつまでも失恋を引きずるのはNGです。程よく彼の関心を引いた後は、「あなたのおかげで立ち直れた」と感謝の言葉を伝えましょう。
     
    また、慰めるという行為には、その人の人間性があらわれるもの。「話を聞くよ」といい、しつこく2人きりで会おうとしたり、連絡先の交換を求められたり。強引すぎる人の中にはタチの悪い人もいますので注意が必要です。そういう人を見極めることが出来るのも“失恋”の良い点ですね。
     
     
    ■最後に
     
    黙っていても男性が寄ってくる女性であれば、恋の駆け引きなんて必要ありません。しかしそんな恵まれた女性は、ほんの限られた一部の人だけ。客観的に見て自分自身に劣っている点があるのなら、それを補うために利用できるものは利用しちゃいましょう。“失恋”というマイナスな出来事だって、プラスになることもあるのだと覚えておいてくださいね。