TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】性病体験談!気になる彼の反応は?

【元風俗嬢が語る男と女】性病体験談!気になる彼の反応は?

  • 2015年08月03日  本田 あい  



    風俗嬢の職業病といえば“性病”ですが、みなさんにも無関係な病ではありません。「私は彼氏一筋だから平気〜」と思っている方もちょっと待って! 彼氏の浮気を疑わせるのは申し訳ないのですが、そういう経路からあなたに性病がうつる可能性もあるのです。今回は風俗嬢の体験談を元に、性病についてお話ししたいと思います。
     
     
    ■クラミジアに感染した風俗嬢の話
     
    こちらは私の体験談です。現在、感染者数が最も多い性病と言われているクラミジアですが、自覚症状がほとんどないので自分で気付くことができません。風俗を引退する直前に性病検査をしたのですが、「クラミジアの結果は後日ね」とのこと。引退したことで検査結果を聞きに行っていないことをスッカリ忘れてしまっていた私は、病院に行くこともなく日々を過ごしていました。
    ある日、彼氏が「尿道がかゆい」と言うので病院へ行くことをすすめました。帰宅した彼が「尿道炎っぽい感じだって。一応クラミジアの検査もしたんだけど、結果は後日らしい」というセリフを聞いてハッとした私。検査をした日から5か月が経っている! 私は慌てて婦人科へ電話したのですが、電話では結果を伝えられないとのこと。次の日病院へ行くと「クラミジアに感染しています」と言われました。長い期間クラミジアを放置していた私に対し、医師は「クラミジアに感染しているとHIVに感染する確率も高くなるから検査しておこう」と言われ、覚悟を決めたあの瞬間…今でも覚えています。クラミジアを半年間放っておいたくらいでは不妊症になったりはしないそうですが、多少なりと不安を覚えましたね…。
     
    帰宅してすぐ彼に「クラミジアに感染していた」と伝えると、「じゃあ俺もクラミジアかぁ。ゴム使っていればよかったな〜」と笑っていました。彼が笑ってくれたのは風俗業界に属する男性だったからだと思います。彼がもし、一般の男性だったら…? 風俗嬢仲間にもクラミジアに感染した女性がたくさんいるのですが、パートナーに事実を伝えた瞬間「別れる」と言われた人もいれば「死ぬ? 感染してたら俺も死ぬ!?」と真っ青になって尋ねられたという女性も。クラミジアに感染したというお客様が店内で「この店で感染させられた! 治療費を出せーっ」と叫んでいるのを見たこともあります。女性よりも男性の方が性病に対する免疫や知識がないので、彼に伝えるときは注意しなくてはいけませんね。
     
     
    ■尖形コンジローマに感染した風俗嬢の話
     
    風俗嬢友達から「尖形コンジローマに感染した!」と電話があった時、私は美容室で「ぎゃぁぁ!!」と叫びました。――というのも、陰部にブツブツが出来る尖形コンジローマの治療法は、『液体窒素で焼く(冷凍療法)』『ブツブツを切り落とす(外科的切除)』という話を風俗店の控室で耳にしていたからです。「治療がんばれ」と言う私に「いやだイヤだ嫌だ」と呟く友達。彼女は5回病院に通い、ブツブツを完全に切除してもらったのですが、医師が毎回「これから外科手術をはじめます」と自分の股の間で呟くのが怖かった、と話していたのが印象に残っています…。
     
    「感染経路はお店?」と尋ねると、彼女は「彼氏のアレにツブが一個あったんだよね。もっと気にしておけばよかった」と言っていました。自分が尖形コンジローマに感染していることがわかった時、「お口でしてあげる」と言い彼氏のアレをチェックしようとしたら「今日はいい!」と拒否されたそう。それ以上彼女は何も言わなかったそうですが、彼の財布をコッソリ覗くと“泌尿器科”の診察券が入っていた模様。「私に内緒で性病を治して、それで終わりにしようとしてるんだよ」と彼女は怒っていましたが、彼女も性病について彼氏に何かを尋ねることはなく、2人は今もなお、性病のことなどなかったかのように交際を続けています。性病に感染していることがわかった時、2人で話し合うことも大切ですが、お互いがキチンと治療をしているのなら多くは語らず、こうして静かに終わらせるのも良いかもしれません。
     
     
    ■膣カンジダに感染した風俗嬢の話
     
    「膣カンジダは性病ではない」と言われています。なんとなく下半身が痒くなり、婦人科を受診すると「膣カンジダです」と診断されるのですが、異性との性行で感染した可能性は0%と胸を張れる時期もありました。医師いわく抗生剤を飲んだ時や体が疲れすぎたときなどに症状として出てくるようですね。膣カンジダは週刊誌や女性向けの情報番組で特集されることもあるので、ほとんどの女性が『性交で感染するわけではない』と知っているのですが、ポロリと彼氏に「カンジダになっちゃったー」と呟くと、「どこで菌をもらって来たんだ!浮気したのか!?」と激しく攻められたという話も耳にしたことがあります。確かに性交により感染するケースもあるのですが…膣カンジダで浮気を疑われては堪りません。私の男友達も『膣カンジダ=性感染症』と思っている人ばかりでしたので、もし体の抵抗力が弱って感染した場合でも、彼に伝えるのはよく考えてからにしたほうがよさそうです。