TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】理想の結婚相手・アウトドア派男性を攻略

【元風俗嬢が語る男と女】理想の結婚相手・アウトドア派男性を攻略

  • 2016年04月24日  本田 あい  



    アウトドア派男性に、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
    私は体育会系のような暑苦しいイメージを持っていたのですが、いざ知ってみると、その爽やかさにメロメロ(笑)。結婚生活や子どものことを考えると…GETしたくなりますね〜。
     
     
    肉食女子の集まりである風俗嬢は、「どんな女性が男性にモテるのか」「婚活パーティーで注目を浴びるにはどうすればよいのか」などをお客様から聞き出し、“男性の生の声”として日々情報交換をしています。結婚を機に引退というのは風俗嬢にとって理想的な仕事の辞め方。もちろん相手は誰でも良いわけではなく、出来るだけスペックの高い男性と…! というのは風俗嬢だけでなく、多くの女性が望むことだと思います。
     
     
    ■理想の結婚相手
     
    風俗店で働いていると、『こんな人とは絶対に結婚したくない』と思う人に出会います。容姿が云々、体型が云々ではなく、家族がいるにも関わらず…
     
    ★休みの日は家でゴロゴロ
    ★嫁&子どもはいつも勝手におでかけ
    ★土日はギャンブルに明け暮れる
     
    という話を聞くたび、風俗に来ている場合じゃないだろうと思うんですよね。
     
    いつも家でゴロゴロしてるような旦那様&パパではなく、休日には家族そろっておでかけ、という理想を求めるならアウトドア好きの男性をGETするべきです。アウトドアが大好きだという男性と結婚した私の友人たちは、間違いなく充実した休日を過ごしていますし、子どもも健やかです。特に人付き合いがニガテな女性や、後ろめたい過去がある方は(風俗嬢なんて特に…)飛び切り明るい男性と一緒になると良い事尽くしですよ。
     
     
    ■アウトドア派男性の良いところ
     
    インドア派にももちろん良いところはたくさんありますが、本を読んだりゲームをしたりカフェ巡りをしたりって案外、ひとりでも簡単にチャレンジできるもの。しかしアウトドアは、経験者が居てくれないと挑戦しにくい面があります。
    アウトドアとは無縁な風俗嬢8人で「バーベキューをしよう!」と盛り上がり、ネットで色々と調べて川に行ったのですが、それはもう悲惨な目に…。炭に火はつかないし、組み立て式テーブルはグラグラだし、足りないものはたくさん。経験者は準備をササッと何でもないことのようにこなすので、かっこ良いです。またこれが幼稚園のアウトドアイベントや、ご近所さんとの親睦会だったら、大活躍しているパパを見て子どもは「すごーい」と尊敬するんでしょうね。
     
    インドア派と比べてアウトドア派は寿命が長いと言います。それにポジティブで、会話をしていても精神的に安定している人ばかりな印象。接客が終わった後に「楽しかった」と思うことが多く、出会いに感謝することも。いつもインドア派男性とばかり付き合っている女性は、ぜひアウトドア派男性とのお付き合いを経験してもらいたいです! リア充感が半端ないので、SNSを始めたくなること間違いなしですよ(笑)
     
     
    ■アウトドア好きな男性を落とすには?
     
    アウトドア派男性を落とすには、体力が必須条件。良い出会いがあったとしても、疲れて休憩している間に他の女性に意中の男性を奪われて…なんてことになってしまいます。体力のない方はアウトドア好き男性と付き合うには、ちょっとしんどいかもしれません。
     
    体力に自信のある方は、アウトドアという開放的な空間でのみ使える“テク”を利用しましょう! アウトドア専門のお店へ行くと、女性向けのアウトドア用ウェアがたくさん売られています。こういうウェアの素材ってとても生地が滑らかで、ずっと触っていたくなるものばかり。暑さゆえにむき出しになった男性の腕に、そっと肌触りの良いウェアの生地を触れさせると…心地よい感触に、相手の女性を意識せざるを得ないのだとか。またボーイッシュなジャンバー姿に目が慣れたところで、胸元がざっくりと開いたキャミソールやカットソー姿を見せると、そのギャップにドキッとするようです。
     
    逆にNGだと言われているのは、下着を見せること。肩から覗くブラ紐やズボンから透けるショーツのカタチなどにゲンナリとする男性が多いよう。また室内でいつもウケている下ネタも、心地よい風の吹く野外では言わないようにした方が賢明です。アウトドア好きのお客様は「健康的な空間で不健全なイメージのあるモノを目にしたくない」と言っていました。でも健康的なエロはOKらしいですよ。健全なエロと不健全なエロの見極めが難しいですけど…絶対に間違えてはいけない部分です!
     
     
    ■最後に
     
    アウトドアの季節も、もう目前に迫っていますね。海やプールで大胆にアピールするのも良いですが、露骨な方法は冷めるのも早いと言われています。水着でいつも失敗してしまう女性のみなさん、今年は職場や大学のサークル仲間と共にキャンプに出掛けてみてはいかがでしょうか。その際は、女性らしさをアピールするための救急セットをお忘れなく。