TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】男性器を好きになって、愛され女子になろう

【元風俗嬢が語る男と女】男性器を好きになって、愛され女子になろう

  • 2015年06月29日  本田 あい  



    風俗嬢をしていた私からすると信じられないことなのですが、世間には「セックスの経験はあるのにフェラチオの経験がない」という女性がいるようです。
    あまりにビックリしすぎて、この話を聞いてすぐスマホで検索してみた結果、約1割の方が未経験とのこと。それよりも驚いたのは、7割の女性が『フェラチオって微妙〜』と思っている事実でした。
     
     
    上記の話を風俗嬢仲間に話したところ、「ちん○んって可愛いのに!?」「何がイヤなの!?」と驚きの声。「フェラがキライだなんて、信じられない!」と返事をした風俗嬢は、良くも悪くも私の“仲間”ということでしょうか…。
    さて、なぜ風俗嬢はこんなにも男性器を愛しているのでしょうか? 男性器を愛しているから風俗嬢になったのか、風俗嬢になったから男性器を愛したのか…。私が思うに、『風俗嬢になったから男性器を愛した』が正解だと思います。
     
     
    ■男性器=グロテスクなのは事実
     
    男性器を見て「可愛い」と言ってしまう私ですが、初めてソレを見たときは「キモッ!」と感じたこと…、今でも忘れられません。私のフェラ初体験の相手は、今にして思うととてもキレイで立派なモノを持っている男性だったのですが、それでも「うえぇぇぇ」と思いましたし、途中で止めてしまった記憶があります。
     
    女性からすると、男性器は馴染みのない触感です。先から出てくる液体は「美味しい」と思えませんし、飲み込むには抵抗がある。何より排尿する場所…というイメージも手伝い、何となく嫌悪感を覚える方が多いのではないでしょうか。もちろん私もそのうちのひとりでした。相手への愛情はあっても、男性器を「可愛い」「愛しい」とは思えません。セックスの度に要求されるフェラがイヤで、セックス自体が嫌になり、セックスを避けるために家に行くのをやめた結果、デートの回数も減り、気付けば破局…なんていうこともありました。この話をすると、多くの女性が「わかる〜!」と言ってくれるので、同じような経験を持つ女性もいるハズ!
     
    そんな私がなぜ男性器を愛するようになったのか。それは『男性に愛されたい』という強い感情からだったように思います。
     
     
    ■愛されたいからフェラをする
     
    風俗嬢になる少し前、とある雑誌に「美人はフェラをしない」というコラムが掲載されているのを目にしました。要略すると、美人は男性に媚びる行為をしなくても愛されるからフェラをしないと書かれてあり、私は「あー、なるほど」と妙に納得。フェラって首やアゴがすっごく疲れるし、ソレをしても自分は何も気持ち良くならない。なのになぜ、私は頑張ってキライなフェラをするんだろうと考えたとき――「彼氏を喜ばせたいからだなぁ」と気付いたのです。
     
    「上手」って褒めてもらいたい。「気持ちいいって思ってもらいたい」。もっと言えば「俺の為に頑張ってくれるお前って可愛い」「愛おしい」って思ってもらいたい! そんな自己中な感情が根本にありました。
    だから私はフェラがキライでも、彼氏の為に頑張ってフェラをするし、フェラ好きなフリをしていたのですが…交際を続けているうちに“無理”が出てくるのも事実なんですよね。先ほど述べたようにフェラがイヤで関係が疎遠になってしまうのもよくある話。そうならないためにも、本当に男性器好きになってしまうのが一番よい方法ですよね! 以下に目を通した後、「男性器って確かに可愛いかも」と思ってもらえれば幸いです。
     
     
    ■男性器は可愛い!
     
    ★形
    先はプニプニしていてまるで動物の肉球のよう。「ライチに似てる」と言う風俗嬢もいましたね。棒の裏はとても敏感。血管がたくさん通っており、興奮するとキレイに浮き出てきます。血管を指の先で押して、プニュとした感触を楽しむのもまた良いものです。
     
    ★反応
    気持ちいいことがあると先端から液体が滴ります。また若ければ若いほど、反り返りが凄く、ピクピクと動きます。とても素直な反応ですよね。「気持ちいいんだなぁ」と相手の快感を知れることは、風俗嬢にとってこの上ない喜びですし、それが好きな相手だとより一層愛おしく思うのではないでしょうか。
     
    ★戦闘前後
    興奮する前はふにゃふにゃで、クタッと眠っているよう。戦闘後もへにゃっとなってしまい、さっきまでの勢いはどこへ? と思います。射精後はとても敏感になっているので、ちょっと男性器に触れるだけで、過剰に反応する男性もいて面白いんですよ。
     
    ★色
    白い男性器、赤っぽい男性器、真っ黒な男性器。人により色が違うのも面白い。色が薄い人は経験が浅く、色が黒い一ほど男性器を使用していますね。男性器が黒い人は、セックスがとても上手…と風俗嬢同士でよく話しておりました。
     
    いかがでしょうか? ある程度男性とお付き合いをしたことがある女性なら「あぁ!わかる気がする」と思ってもらえるハズ。人それぞれ男性器の形や色は違いますし、反応も様々。彼氏の男性器は彼氏だけしかもっておらず、唯一無二の存在なのです――ってかなりオーバーな言い方のような気もしますが(笑)、ひとつでも「男性器のココが可愛い」と思う箇所に気付くことが出来れば、苦痛なフェラが苦痛ではなくなります。フェラが嫌いな男性はいません。ぜひセックスの度に愛撫してあげましょう! そうすれば、さらに男性器の好きな場所が見つかり、フェラが好きになり。もっと彼が好きになり…そんなあなたを彼も好きになり…と、良い流れが起こるかもしれませんよ?