TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】行為で乱れた後も「可愛い女」を維持するコツ

【元風俗嬢が語る男と女】行為で乱れた後も「可愛い女」を維持するコツ

  • 2016年09月04日  本田 あい  



    快感が高まってしまうと、自分でもビックリするような声が出たり、大胆な動きをしてしまうもの。それこそ普段の“可愛い女”のイメージを壊してしまうほど、ひどく乱れてしまうことも…。
    そんなテクを持ったパートナーに出会えたことに感謝しつつも、やっぱり“可愛い女”で居たいのが女心ってものですよね。
     
     
    普段取り繕っていても、ベッドの上では本性が出てしまう! という女性って多いですよね。特に絶頂の瞬間なんて、何かを演じられるものではありません。普段意識して可愛い女を演じているわけではなくても、行為後にシャワーを浴びながら、快感に飲まれてしまった自分の獣っぷりを反省したりして。「彼に引かれてしまったかも」「嫌われたかも」と心配する人、結構いるんですよね…。
     
     
    ■つい出てしまう女の本性
     
    おしゃべりと食べることが大好きな風俗嬢がいたのですが、外見が地味だったせいか、店から「大人しい女を演じろ」と指示された女性がいました。最初は無口で恥ずかしがりやな女性を演じていたのですが、ベッドの上では設定を貫くことが出来ず…。「気持ちがいいと、アレコレしゃべってしまうんです!」と私に悩みを打ち明けてきたのは、割とすぐ。お客様からも「ギャップがひどすぎる」との苦情がたくさんあったようで、店はすぐに彼女の設定を取り消す判断を下しました。
     
    また、婚活パーティーで素敵な出会いがあった友人がいるのですが、結婚に向けて上品なキャラを貫いていたのに、相手の男性があまりにもヘタクソだったらしく。もう少しでイケそうなのにイカせてくれないことに腹が立ち「ヘタクソ!」と頭を軽く叩いてしまったそう。えぇ、そうです。彼女は元ヤン…。その後は気まずくなり彼とは破局。「そのままのあなたでも素敵だけど?」と慰める私に「でも少しくらいは可愛い女を演じないと、男性と出会うことさえ難しい」と熱弁する彼女。確かに男性は可愛らしい女性が好きなもの。ではどうすればベッドの上でも可愛らしい女性でいられるのか。一緒に考えてみませんか?
     
     
    ■可愛い女性がいう言葉
     
    そもそも経験の少ない10代女子ではないのですから、男性が求めるような可愛らしい仕草をベッドの上でナチュラルに出すなんてことは不可能。男女の営みに慣れてしまっている風俗嬢にとって、初々しさとは演じるものでしかありません。まずは言葉で可愛さを演出することが大切だと思っています。
    風俗嬢は「恥ずかしい」「こんなの初めて」「緊張する」の3つのワードを使い分けます。これは男性が初々しさを感じる言葉のようで、何度も裸を見せている常連さんであっても「久しぶりだから緊張するね」「今日、すごく恥ずかしい…なんでだろう?」と行為の前に告げるだけでも効果大。その後いくら乱れたとしても「こんなに感じるの久しぶり」「初めてこんなに声が出たかも」と恥ずかしがれば、大抵のことはOK。
     
    先ほどの、行為中に話し過ぎてしまう風俗嬢も「恥ずかしいんだけど、私、気持ちが良すぎると話し過ぎちゃうの」と事前に伝えておくことで問題を解決しているよう。「うるさかったよね、ごめんね」と事後にフォローすることも大事だと言っていました。
     
     
    ■可愛い女性の仕草
     
    風俗店では新しく入ってきた風俗嬢に対し、講習を行います。男性スタッフが指導するお店もあるようですが、私が勤めていたお店は先輩風俗嬢が新人風俗嬢に体を張って指導するスタイルでした。私も何度か指導に当たったことがあるのですが、そこで気付いたことがひとつあります。
    他の風俗店に勤めていた女性に「ベッドに寝転がって」と伝えると天井を向くのに対し、風俗経験のない女性は横を向くのです。また体に入っている力具合も全然違います。上を向いてデーンと転がっている女性よりも、横を向いて恥ずかしがっている女性の方が、女の私から見てもはるかに可愛らしく感じます。プレイが終わった後も、堂々と裸を披露しシャワーを浴びる女性よりも、「ありがとうございました」と言ってササッと体を隠す女性の方が可愛いんですよね。
     
    それに気付いた私は当然、ベッドに寝転がる時は横向き。体をぎゅっと縮ませて「恥ずかしい」とポツリ。ちょっとバカらしいけれど(笑)、効果アリです!
     
     
    ■最後に
     
    行為中にバシッと彼氏の頭を叩いてしまった友人は別ですが、いくら最中に乱れてしまったとしても、その前後に可愛らしさを取り入れることで解決できる問題の方が多いのです。大切なのは恥じらいを忘れないこと。そして“相手があなただから”自分はこんなにも乱れてしまったのだということをアピールすること。これさえ守っておけば、あとは雰囲気でどうとでもなります。
    あとは相手が引くくらい行為中に“オラオラ”してしまう女性は、最初からぶりっこをしない方がいいと思います。“オラオラ”している女性が行為中に可愛くなるのは好感度UPですが、その逆はDOWNですからね(笑)。