TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】誰にも知られたくない、Hな○○がバレた!

【元風俗嬢が語る男と女】誰にも知られたくない、Hな○○がバレた!

  • 2017年03月05日  本田 あい  



    人には他人に知られたくない“秘密”があるもの。
    それが家族や恋人にバレたとしたら…? そう、この世には絶対に知られたくない“○○”がバレてしまった人がいるのです。今回はそんなエピソードをいくつかご紹介したいと思います。
     
     
    「私はオープンな性格なの!」「私には隠し事なんてないわ!」と豪語する人でも、必ず“秘密”を持っています。特にシモ関係のことは、なかなか人には話せないもの。どんなことでも大っぴらに話してしまう私でも…やっぱり秘密はありますからね(笑)。でも…そんな自分だけの秘密がバレてしまったという人もこの世にはいるんですよ。
     
     
    ■“セーラー服7着”を彼女に見られたお客様
     
    風俗店で働いていたときのこと。20代前半の若いお客様が個室に入るなり、「あぁぁぁぁ!!」と突然叫び、頭を抱えて床に座り込んでしまったのです。「どうしたんですか?」と尋ねると、「俺の性癖が彼女にバレた」と涙目に。その時の私の格好は、お客様リクエストのセーラー服。そう、彼は“制服マニア”だったのです。一人暮らしをしている部屋の、押し入れの奥のダンボールの中に仕舞い込んだ制服が7着…。それを彼女に見られたらしく、『どういうこと?』というメールがさっき届いたのだとか。
    「こんなところで座り込んでる場合じゃないじゃん」と言うと、「一緒に言い訳を考えてくれ!」と懇願された私。とはいえ、良い言い訳など浮かばず、彼はプレイをせずに風俗店を後にしました。
     
    風俗嬢にこの話をすると、「私も家族(恋人)に秘密を見られたことがある」と話す人がチラホラ。そんな私も、ベッドと布団の間に隠していたアレを母親に見つかったことがあるんですよね…。
     
     
    ■アイドルの写真で××していたわけじゃない!
     
    私の場合は、当時流行っていたアイドルグループの写真とローターを母親に見られてしまいました。私の母も性にオープンな人なので、『アイドルの写真のみ』『ローターのみ』だったら、ここまで気にすることはなかったと思います。ですが、『アイドルの写真とローター』がペアで見つかったという事実が、私にとっては大問題! これってつまり、アイドルの写真を見ながら私が一人で…と想像してしまう組み合わせだと思いませんか?
    アイドルの写真は、ベッドサイドに置いていた雑誌の付録が偶然、布団の下に滑り込んでしまったのでしょう。ローターは…言い訳しません(笑)。布団を干した母は、写真とローターに触ることなくそのまま放置してくれていたのですが、私としては「違うの! アイドルの写真を見ながら××していたわけじゃないの!」と説明したい。けれど説明できないこのジレンマ。本当に本当に、10年以上経った今でも「アレは違う!」と説明したくて、思い出すたびに「ぎゃー!」って叫びたくなります。
     
     
    ■家族(恋人)に○○がバレたエピソード3つ!
     
    私の風俗嬢仲間は、性描写の激しいボーイズラブ漫画を母親に見られたそうです。私や友人には「腐女子最高!」って堂々と宣言しているのに、母親にバレるのは嫌なのだとか。「よりにもよって、あの漫画を…」と悶絶していた姿が忘れられません。
     
    また私の友人は、彼氏と撮ったHな動画を家族に見られてしまったよう。一人暮らしの部屋で飼っている愛猫の動画を家族に披露していたときにおこったハプニング。父親には彼との出会いや結婚の意思など、面倒くさいことを根掘り葉掘り聞かれ大変な思いをしたそうです。家族に見られたという友人以外にも、「彼氏に元カレと撮ったHな動画を見られた」とか「彼氏に送った恥ずかしい自撮りを友人に見られた」など、写真関係のトラブルは多いみたいです。気を付けたいですね…。
     
    私が個人的に“面白い”と思ったのは、自作の官能小説を男友達に見られたという女性の話でしょうか。彼女は当時、ネット上で官能小説を執筆することにハマっていたよう。IDを忘れないよう大学ノートに走り書きし、その存在を忘れて男友達にノートを貸してしまった彼女。友達はインターネットでそのIDを検索してしまったようで…。英数字の羅列をネットで検索するくらいですから、男友達は彼女に好意を抱いていたのは一目瞭然。2人はその官能小説がきっかけで交際にまで至ったのですから、男女の出会いって本当に不思議ですよね。
     
     
    ■最後に
     
    彼に自作の官能小説を見られた彼女はいまだに「あの過去を無くしたい」と言っていますが、それがなければ彼と付き合うことはなかったかもしれないので良かったのではないでしょうか?――ってひとごとだから言えるんですよね。私も、アイドルの写真とローター、「なぜあの時、あの場所で一緒になってしまったのか」と後悔しています。アイドルの写真で××しているなんて…母親には絶対に思われたくない! でも、そう思われているんでしょうね…(涙)。