TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】身近にあるアイテムを使ってセックスしよう

【元風俗嬢が語る男と女】身近にあるアイテムを使ってセックスしよう

  • 2015年09月20日  本田 あい  



    いくら大好きな人とするHでも、回数を重ねるとマンネリ化していくもの。かといって彼の提案する道具を使ってプレイするのは怖い…というあなた。
    女性にもチャレンジしやすいアイテムをご紹介しますので、ぜひ彼とのLOVELOVE時間にご利用ください。
     
     
    性に対して好奇心旺盛な風俗嬢は、ちょっと変わった道具でのプレイを楽しんでいる人がたくさんいます。とはいえ、男性向けのエッチな漫画やAVなどのような怖い道具ではなく、すぐにでも挑戦できそうな身近にあるアイテムのご紹介ですので、興味ある方はマンネリ防止を兼ねて恋人と挑戦してみてはいかがでしょうか?
     
     
    ■氷
     
    オススメNo.1は、私もめちゃくちゃハマった氷を使用したプレイです。氷は風俗店の冷凍庫にも常備されているので、お客様とのプレイにもよく使用していたのですが人気がありましたね〜。大柄な男性が「今回も氷で…」と恥ずかしそうに言ってくるときなど、ゾクッとしました(笑)。氷はローションのようなヌメリはありませんが、ベッドの上にバスタオルを敷いておけば後始末も楽ちん。事後の甘い雰囲気を壊すこともないのでGOODです!
     
    ★体に氷を滑らせ、その上をなぞるように舌で愛撫
    ★氷を口に含み口内の温度を下げ、冷たくなったところで男性器&女性器へご奉仕
    ★リンパや動脈が通っている首・ワキの下・足の付け根・足首などが敏感ポイント
    ★肛門に氷を充てると、快感の悲鳴をあげる男性が多く楽しいです
     
    男性器はとても敏感な場所ですので、直接氷をあてるのは彼が「いいよ」と言ったときだけにしましょう。膣の中も同様です。そして同じ場所を冷やし続けるのは危険ですので、加減には注意しましょうね。
     
     
    ■チョコレート
     
    こちらのアイテムは女性向けのエッチな漫画によく登場するので、定番のような気がするでしょうが…実際にプレイしたことがある人って聞いたことがありません。きっと、チョコレートや生クリームのような甘いモノを苦手とする男性が多いからでしょう。――ということは、そう! このアイテムは女性が男性へご奉仕するためのアイテムなのです。
     
    チョコレートには油が含まれていることをご存知ですか? 体にチョコレートを置くと体温で自然に溶けていくのですが、この油がイイ感じに滑りをよくしてくれます。フェラが苦手という女性に、「口にアメを含んでご奉仕していれば、すぐに慣れていくよ」とアドバイスするのですが、チョコレートもなかなかいい感じのようです。甘いチョコレートの香りには癒し効果がありますし、お肌に塗るとスベスベになります。ただし、『植物性油脂』や『乳脂肪』を使用したチョコレートは美容効果が半減しちゃいますので、購入するときはパッケージの裏を見て確認しましょう。
     
     
    ■ハンディーマッサージ機
     
    ローターなどの“大人のおもちゃ”を購入するのは恥ずかしいし、誰かに見つかったら怖いし…という方はマッサージ機を購入しましょう。最近は「コレ、絶対にエッチ専用に作られてるよね?」と突っ込みたくなるような形状や、強さ調整機能のついているものも多く売られています。以前、風俗嬢友達とエッチに使用するため大手ディズカウントストアへ行ったのですが、あまりに露骨な売り方をされているので購入できなかったことも…。ネット通販で購入した方が安くて良いかもしれません。
     
    仕事でローターを使うとき、漏電や感染を防ぐためコンドームを使用するよう指導されました。マッサージ機を使用するときも、安全&衛生を考え使用すると安全です。また、彼に「ローターを使いたい」と言い出しにくくても、「最近肩こりがひどくてマッサージ機を買ったんだ」と伝えるだけで、男性なら「エッチなことに使用したい」と考えてしまうハズ。あなたは「そんな目的で買ったんじゃないのに」ととぼけていればOK! もし彼が反応しない場合はセルフプレジャー用として自分で使えば良いだけですし、通常通りマッサージ機として使用してもスッゴク気持ちの良いアイテムなので購入しても損はありません。
     
     
    ■要注意アイテム
     
    時々「ビー玉を使った」「ボールペンを使った」という話を耳にするのですが、同時に「道具が取り出せなくなった」「ボールペンのキャップが中に…!」という事態も引き起こすようです。
    タンポンのヒモが切れてしまい、どうしても取り出せなくなった私は馴染みの婦人科で取ってもらったことがあります。その時、「こういったお客さんって多い?」と尋ねると医師は「タンポンのヒモどころか、あらゆる異物を詰めて病院にやってくるよ」と呆れ顔。興味津々に「何が一番多い?」と聞く私に、「コンドーム、スプレーのフタ、ピンポン玉やビー玉」と告げる医師。あまりに納得のいく道具たちに私は笑ってしまったのですが、先生は「笑えないよ…」とおっしゃっていました。そして一番怖いのが「病院に行くのが恥ずかしくて放置してしまっているケース」だと言います。
    道具を使ってのセックスって刺激的ですが使うモノには注意しなくてはいけませんし、もし取り出せなくなったときは恥ずかしがらずに病院へ行きましょう。…幸い、先生は慣れているようですから。