TOP > イククルコラム > 【元風俗嬢が語る男と女】風俗嬢を辞めた後、どんな生活をしてる?

【元風俗嬢が語る男と女】風俗嬢を辞めた後、どんな生活をしてる?

  • 2015年08月31日  本田 あい  



    今は『熟女専門店』や『ぽっちゃり店』などが出来たため、30歳を過ぎても風俗で働くことは可能ですが、やはり健康面や将来のことを考えると28歳頃には風俗嬢を引退したいものです。皆さまは引退した風俗嬢がどんな生活をしているのか想像がつきますか?
    今回は風俗嬢のその後の生活について語らせていただこうと思います。
     
     
    風俗で働いている女性は、口癖のように「もう普通の仕事は出来ない」と言っていました。月に何十万…人によっては100万、200万を超える額を稼ぐ風俗嬢ですから、真面目に働いて生計を立てている女性を見下しているような発言も多かった気がします。そんな彼女たちも年齢という壁にぶち当たり、風俗嬢を引退せざるを得なくなった今、どのような生活をしているのか興味はありませんか?
     
     
    ■結婚して子持ちになった風俗嬢
     
    旦那様に風俗嬢であった過去を話している、話していないに関わらず、結婚して子どもを育てている風俗嬢が一番多いのではないでしょうか? 私が働いていた風俗店は在籍人数が多く、また仲も良かったので今でも定期的にお食事会を開催しているのですが、年々子どもを連れてくる人が増えてきました。しかもなぜか風俗嬢は子だくさん。3人4人は当たり前で、最高は6人! セックスレスになっている家庭は少ない印象&旦那様と様々なプレイに勤しんでいるよう。…だから子だくさんなのかもしれませんね(笑)
     
     
    ■OLに転身した風俗嬢
     
    「普通の仕事は出来ない」と言っていた風俗嬢がOLに転身するパターンもよくあります。その理由は「親を安心させたい」「高収入の旦那様を捕まえるために」と様々ですが、なぜか風俗で働いていた女性って有名な大手企業に就職している人が多いのです。また、大学卒業と当時にOLに…という人もいるのですが、やはり大きな会社に勤めていたり、好条件な職場で働いていたりします。
    それは高級風俗店に勤めていたから、かもしれません。ある程度見栄えのする容姿をしていますし、大手企業の重役サンとお話をする機会もたくさんあります。愛想の良さは面接で役立つかもしれませんね。私自身の話ですが「航空会社の受付嬢をしないか」とお客様から声をかけられたことがあるので、コネ入社もあるでしょう。恋愛面でも上手に風俗嬢であった過去を隠し、それなりの人とお付き合いしている印象です。
     
     
    ■スナックで働く風俗嬢
     
    30歳を超えると、体への負担が少ないスナックやクラブへ移っていく女性もいます。無理な体勢を強いられる風俗嬢は腰を痛めている人が多いですし、男性のアレを扱く手や腕はボロボロです。ただし転職しても接客には苦労しているよう。フリースタイルな風俗の接客とは違い、スナックでは丁寧な仕草や言葉遣い、心配りを求められます。女の子同士の確執などもあり、精神的なストレスが大きいと悩みをこぼす女性もチラホラ。またお客様からのしつこいお誘いを断るのも面倒だし、別に嫌な人ではないから…と安易にホテルへ行ってしまい、お店側とトラブルになることもあるのだとか。お客様とのキスひとつで、ホステスと殴り合いの喧嘩をしたと話す元風俗嬢もいます。
     
     
    ■エステサロンを経営している風俗嬢
     
    自分の夢を叶えるため、風俗で働いている女性もたくさんいます。中でも美容関係のお店を経営したいと思っている女性が多い印象。ただ、専門学校に通いながら貯蓄をしていても、ブランド物を買い漁ったり海外旅行へ再々出かけたりホストに溺れたり…と誘惑に負けてしまい、自分のお店を出すどころか専門学校を辞めてしまうといった女性もいるのが現実です。
     
    私の友人に2人、自分の夢を叶えた女性がいます。ひとりは風俗店で出資者を見つけ、エステサロンをオープンさせてもらいました。元エステティシャンでしたので施術の腕はもちろんのこと、機器に対する知識もありました。何より出資者がキチンとした人でしたので、経営コンサルタントを雇いお店を管理してもらっているのだとか。お店は繁盛していますが、恋愛面ではその出資者が愛人という立場にいるので、充実しているとは言い難いですね…。 
    もうひとり、エステサロンをオープンさせた友人がいます。専門学校に通いながら1000万を稼ぎ、それを頭金にお店を出したのですが、経験が浅かったせいか1年後には閉店。その後2年間は借金を返すために風俗で働き、再びお金を貯めて今度はネイルサロンをオープンさせました。ネイルサロンはエステと比べ必要な機器も少なく店舗も小さくて良いので、リスクが少ないそうです。マイナスが出るたびに風俗でパパッと稼ぎ、何とか運営している彼女のお店はとても不安定ですが、そんな彼女を“守りたい”と思う男性は多く、恋愛面はとても充実しています。
     
     
    ■最後に
     
    ギャンブルに明け暮れたり、どうしようもない男と暮らしていたりと、『風俗嬢のその後は悲惨』と想像している人がいるようですが、案外普通に暮らしているものです。あなたの同僚やママ友にも“元風俗嬢”がいるかもしれませんよ?