TOP > イククルコラム > 【現役キャバ嬢ユズキのモテ指南】お金に好かれる人になるには

【現役キャバ嬢ユズキのモテ指南】お金に好かれる人になるには

  • 2013年03月26日  皇 柚季  



    実家がお金持ちかどうかは別として、社会人になったらお金があるコとないコが歴然と分かれてる感じ、しませんか?

    キャバクラでも同じ店なのに、リッチな嬢とビンボーな嬢が分かれてます。

    お金が貯まらないどころか借金をしてて、給料が出れば支払いに消えるなんてコも。

    アタシは、まぁ、そこまではビンボーではないですけどね(笑)

     

    キャバ嬢なら、どんなお客さんを掴んで、どんな営業をしているか、というのも大事な要素。

    営業の内容で、リッチ嬢とビンボー嬢に分かれるポイントをいくつか知ることができたので、ちょっと紹介しちゃいますね。

    それが、普通の恋愛に繋がってくるから、ぜひ参考にしてください♪

     

    そして、男性のアナタも他人事ではないですヨ。

    ビンボーに好かれるオトコには、ビンボーに好かれるオンナしか寄ってきません。

    オトコたるあなた自身がビンボーになる行動をしないようにしましょ♪

     

     

    お客さんを選びすぎない付き合う相手を選びすぎない

     

    月に何度も来てくれて、1回に使うお金も多いお客さんを“太客”と呼ばれます。

    太客1組掴んでおけば、そのコの指名数や売上は安泰なんだよね。

    だけど、それにあぐらをかいていると、安心してその太客のありがたみも薄れてしまうし、小口のお客さんを大切にせず、冷たくあしらいがちになってきます。

    それに、その太客が半永久的に来てくれるかというとそんな訳はなくて、他のお店に通いだしたりするのはしごく当然なこと。

    そのお客さんが転勤、退職、定年になったり、更迭やリストラにあったら、もう自分のお客さんでいられなくなるし、それは免れたとしてもそれまでのようなペースでお金を使ってもらえなくなります。

    その太客1組を逃しただけで、そのコのキャバ嬢としての生命に関わるの。

    でも、そんなにすごい太客を持っていなくても、お客さん一人ひとりを大事にしてるコは、いざというときのピンチに強い。

    指名数や売上が足りないとか同伴ノルマが足りない、なんて時に駆けつけてくれるお客さんが一人や二人は絶対いるから。

    だから、太客のお客さん1組より裾野のお客さん大勢の方が、心強いってことなんだよね。

     

    こういうことは、普通の恋愛にも通じるところがあって、一人の大本命を大事にするんじゃなくて、自分が嫌いじゃないと思う範囲まで、異性との交友を大切にすることが大切なの。

    その人と付き合うことがなくても、その人の知り合いや友達がすごく素敵かもしれないから♪

     

     

     時には身銭を切る

     

    ズバリ、「オトコでもオンナでも“ケチ”はモテない!」これ真理ね。

    ケチっていうのは、“お金を消費すること全体を抑える努力をしてる節約家”ってだけじゃなくて、食事会や飲み会で自分の財布を出さないみたいな、第三者を不快にさせるケチって意味ね。

    そもそも、多少節約家じゃないとお金持ちにはなれないんだけど、度を超えると人は離れていくし、それに伴って仕事や恋愛のチャンスが遠のいて、お金があるのに寂しくてみじめな生活になりかねないの。

    アタシもそんなお客さんは何人か見てきたしね。

    キャバ嬢も、バレンタインデーやお客さんの誕生日にもプレゼントするのはもちろん、何かプレゼントをもらったら多少でもちゃんとお返しをするようなコは、指名数も売上も上がっていくけど、そうではないコは最初がよくてもどんどんお客さんが離れていって、ありえないレベルまで数字を落として、お店を辞めるかクビになってるもんね。

     

    ワリカンカップルでも、時にはオトコが出してあげると株が上がるし、オンナもここぞという時に、友人や家族、彼氏のためにお金を使えば、オンナが上がるよ。

    出してばっかりもダメだけど、出さな過ぎもダメで、その出しどころのツボが難しいけど。

    とにかく財布のヒモが固いだけの“ケチ”は、回りまわって自分の人生が潤わないってことね♪

     

     

     物に執着しすぎない

     

    キャバ嬢は、普通のOLより給料がいいし、普通のアルバイトより断然時給がいいのは、誰もが知ってるよね。

    だから、給料日には一瞬お金持ちな気分になって、後先考えずに大きな買い物をする嬢は珍しくないです。

    それに、楽なようでいて意外とストレスフルな仕事だから、うさ晴らしにパーッとお金を使うことも少なくないしね。

    自分で買うにしても、お客さんや彼氏に買ってもらうにしても、キャバクラに勤めだしてから段々ハイブランドのアイテムで身を固めだしたら、そのコはそれ以上に伸びないんだそう。

    物に執着するタイプは、買っても買っても全然満足しなくて、新しいものが出たらどんどん買ってしまうから、当然お金は続かないよね。

    だから、自分だけのお金じゃなくスポンサーのお金も続かないから、スポンサーは逃げ出しちゃう。

    だけど、一度上がった生活レベルをそれ以上下げられないのが人間の性だから、そのコはどんどんビンボースパイラルに陥るってわけ。

    それに、ブランドに執着するコって自分に自信がない傾向にあるんだって。

    自分に自信がないコが、仕事も恋もうまくいくことはまず難しいよね。

     

    アルバイトでも会社員でも普通のお仕事してるコはみんな、それは言えることで、

    「自由になるお金を全部物に費やすだけだと、結局なにも残らないし、自分の自信には繋がらないの。

    キャバに使い込んで借金だらけってのも当然ダメだけど(笑)、仕事外の人と交流したり、何かを勉強したり、旅行したり、美味しいもの食べたり、経験をお金で買うのが一番身になるよ。」って、知り合いのラウンジのママが言ってました。

    それで、他に仕事のチャンスが舞い込んだり、新しい人と知り合って、今よりもっと視野が広がるんだとか。

    確かにねぇ・・。私もガンバローっと。