TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】「出会いがない」を言い訳にしたくない

【男前女子から一言いいか?】「出会いがない」を言い訳にしたくない

  • 2015年08月18日  霜降 どいや  



    昔の若いころに比べると、異性と出会う機会が減った気がしてならない。けれど、実際に機会が減ったんじゃないのかもしれない。異性との出会いを「交際を前提としたもの」として捉えすぎてるんじゃないのかなって。

     

    ・どうしてこんなにも気になる男に出会わないのか

    自分でもびっくりするほどに、気になる異性の存在が現れない。もう全然ない。ここ数年はそんなイベントが起こりそうな気配が皆無なんだよ。私自身がおっさんになって、「家最高!!家でだらだら過ごす事こそこの世の天国!!」と言わんばかりに、家でぐーたら過ごして昔ほど飲みに出かけずに、冷蔵庫で冷やした缶ビールをカシャプシュしているからかもしれない。今みたいな自分になってから、お家でだらだら過ごすことに最高の幸せを見出すようになったし、そのせいで出かける頻度も減った気がする。

    昔は特に用事もないのに、めかし込んでふらふら出かけたりもした。出かけてる最中に誰か来ないかと連絡を送りまくったり、ナンパのようなことをしたり…そんなアクティブさが懐かしい。なんでこうなったんだろうな、年か?もうそんなに若くないからそんな馬力も無くなったのか?わからない。とにかく昔より出不精になったことへの自覚はめちゃくちゃあるんだ。そのせいか、異性との出会いもなくなってきた。出かける回数…というか外の世界に足を運ぶ機会が減ったから、相対的に異性とコミュニケーションをとる頻度も減ったんだろうな、と思うと納得がいく。

    自分がおっさんみたいな性格になって、めかし込んで外出する頻度もめっきり減ったから、男との出会いが無くなったんだと思う反面、それを認めたくない自分もいる。なんかさ、たとえ自分がこうやっておっさんみたいで家でだらだら過ごしがちで出会いがなかったとしても、彼氏とか恋人とか呼べる人がいない事実に「出会いがないから」を言い訳にしたくないんだよな。

     

    ・出会いがないから恋人がいないのか?

    「出会いがないから」を自分の独身貴族さの言い訳にしたくないのは、自分の置かれている状況から目を背けて現実逃避をしているような気がするからなんだよ。実際、出会いがないといっても私の場合は「まず、家から出る機会が減った」が第一の原因じゃん。じゃあ、その原因を取り除くために昔みたいに暇を見つけてはお出かけすりゃあいいわけでさ。自分で異性と出会う機会を減らしている癖に、「出会いがないから恋人がいない」って言いたくないんだよ。だって、出不精な私に否があるわけだしさ。自分を棚に上げて「出会いが無くなったから恋人がいない」なんて言いたくないね。それに、まるでもう今の自分がめかし込んで出かけたところで素敵な男に出会えるはずがない、みたいに思いたくもないしさ。

    けれど、こうやって「恋人がいないことを出会いがないからって認めたくない」と強がる私でも、「昔みたいに出かけても、昔と同様に簡単に恋愛が出来ないのかもしれないな」とは思うんだ。昔の自分のように、今の自分が同じように恋愛ができる気がしないから。今の私と昔の「なんとなく出かけた先で知り合った男に惚れて仲良くなってた」頃の私とは違うから。

     

    ・出会いを出会いとして認めなくなった

    今と昔で決定的に違うのは、自分の年齢。昔の若気の至りの頃を懐かしめるほどに私は年を重ねた。その間にたくさんの恋愛をしてきたし、その数失恋もしてきたから今の私は恋人がいない。その結果、今の私は恋愛に対して冷静で、恋愛をすること自体にも臆病になってしまった。それもこれも、自分の年齢が関係している気がするんだ。「昔ほど若くはないから、バカみたいな恋愛はもうできない」とか「もういい年なんだし、次出会う人とはずっと一緒にいたい」とかさ。そういう風に、昔ほどの恋愛に対する思い切りが年とともに無くなってきた気がする。

    今の私には出会いがないから恋人がいないんじゃない。自分の年齢だとか恋人がいないことだとかにガチガチにとらわれて、昔なら「出会い」として捉えられていたそれをみすみす逃してしまってるんじゃないのかって思うようになってきた。外に出ればちょっとした出会いがあるはず。だけど、年だからとか自分の体裁ばかりを気にしたり、出会いのその先のことを気にするばかりで、せっかくの出会いを出会いとして無意識のうちにカウントしていないのかもしれないってな。

    なーんか、自分で言うのも何だけど、このままじゃ恋人もできるわけがないよなって。恋人がいないのは、出会いがないからじゃない。そもそも出かける頻度も昔より減ったってのもあるけど、いろいろな理由でせっかくの出会いをも活かしきれてないんだからよ。今の私を縛り付けている、自宅っていう最高な空間だけじゃなくて「恋愛に対する臆病さ」だとかも取り払わない限りは、次の恋愛はまだまだ先だなって思うよ。