TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】オナラするほど恋してる?!

【男前女子から一言いいか?】オナラするほど恋してる?!

  • 2015年10月17日  霜降 どいや  



    好きな人の前ではできる限り乙女でいたい。けれど、四六時中一緒にいるとそういうわけにもいかない。思いがけずにオナラをしてしまうこともある。してしまった時には恥ずかしくて死にそうだけれど、それをも受け入れて欲しい自分もいるんだよな。

     

    ・一長一短な良い代謝体質

    正直、私はかなり代謝が良いと思う。いきなりなんだよって話だな。でも、ちょっと聞いてくれよ。代謝が良いと太りにくい。いくら食べても呑んでも体重が増えたりしないこの体質には感謝することが多い、まじで。人からも「どうしてそんなに食べてるのに太らないんだ」と羨ましがられるほどにはめちゃくちゃ食べるし、食べてるのに体型も体重も変わらない。でも、食べても減らないってことは、それだけ出したり勝手にエネルギーがガンガン消費されてんだよな。

    まず、人の10倍は汗をかく。たぶん、誰よりも長く夏服を着てるな。それに、周りの人間が涼しそうな顔をしているのに、私だけブラの下や脇の下で汗を死ぬほどかいてたりする。顔の汗が少なくて化粧崩れがあまりないだけまだマシだとは思うよ。でも、夏に黒い服を着ようもんなら汗をかきすぎて黒いはずの服が塩をふく。私は塩田かよ。

    それに、食べてすぐ出したくなる。出したくなるというか、あれだ、出てくるんだよ。もう、食後のトイレが行けねえなんてことがあれば、もう死活問題。社会的死を迎えるか、無事に出し終えるか。我慢なんてできねえ。自分の体が出したいと全力で訴えてくるからな。食後はお腹がゴロゴロ動きそうになったらそのサイン。それをしかと受け止めてトイレに向かう。この体質でずっと生きてきたんだから、対処の仕方もお手のものよ。

     

    ・ときめく乙女心と唸る腹

    けれど、好きな人とのデートだとなかなかうまくいかねえ。だって、好きな男の前では乙女でいてえじゃん。幻滅させるような女にはなりたくねえじゃん。恋愛に全力を出していた昔は、代謝が良すぎてすぐにトイレに行きたくなる自分の体質を呪った。すぐゴロゴロ・グルグル鳴ってしまうお腹も。気になる人と初めてのデート!このデートは勝負の分かれ道!な時に、食べたところなのにすぐ鳴る私のお腹に「もうお腹すいたの?」と少し引かれることもしばしば。「そうじゃねえ!そうじゃねえんだ!お腹が減っている音じゃなくて!お腹が食べ物を消化している音なんだ!!」と全力で伝えることもできるわけもなく、「えへへ〜いっぱい食べたのにな〜」って言うしかなかった。

    中には、私の体質を受け入れてくれて、食後のトイレを言わずとも私に促してくれる人もいた。感謝しかなかったな。自分自身この体質を変えたいけれど変えられない。そういう体質なんだからな。だからこそ、その体質を受け入れてくれる相手には感謝の気持ちしかなかった。

    でも、一日中一緒に過ごすと、そんな人にも幻滅されることがあった。原因は屁だ。ガンガン出るってことは、屁も人よりは多く出したく鳴る。デートの間くらいの時間は我慢できるけれど、お家デートとかで長いこと一緒にいるとなるとそうはいかねえよ。どこかでガス抜きをしないとお腹が爆発しそうになる。なんとか頑張ってトイレでなるべく音を立てないように放出したり、相手の目を盗んでなんとかしていた。でも、全部が全部うまく成功するとも限らねえ。たまに盛大に事故って顔から火が吹き出そうなくらい恥ずかしい思いをしていたもんだ。

     

    ・屁をする私も愛して欲しい

    自分の体質から人よりも屁が多くて、盛大な屁の音を聞かれてドン引きされたことがある私だからか、屁をも全てまとめて愛して欲しいって切実に思うんだよ。一度屁をしたくなると「いつ屁を出そう」「どう上手く屁をしよう」ってな具合に屁のことばかりが気になる。我慢をしたり、上手く音が出ないように屁をしないといけないからだろうな、結構ストレスになる。できることならそんなストレスを感じずに、気にすることなく屁をしてえよ。ずっと先の未来も見据えた恋愛をするなら、屁くらいで興ざめする男とは付き合えねえわ。

    好きな人の前では乙女でいたい。でも、私だって人間だ。人よりもたくさんうんこと屁をするタイプの人間だ。屁をしたくらいで引かれるような人とはずっと一緒にいられねえよなって思うんだよ。我慢することをストレスに感じるんだから、それがずっと続けばいつかはきっと相手のことも嫌になる。もう、屁をして引かれて別れる原因になるんなら、ストレスを感じる前にとっととありのままの自分をさらけ出してフラレたいとも思った。わざと屁をして相手の出方を見たこともあった。屁をすることで彼女ではなく、一人の人間として受け入れて欲しいがゆえに屁をしたんだ。

    「彼氏の前でくらい屁を我慢しろ。我慢できないとか甘え」と言われるかもしれねえ、でも、私は屁をする私をも相手に愛して欲しいんだ。彼女像だとかそういうのを取っ払って、一人の人間として愛して欲しいんだよ。私がびっくりするほどデケえ屁をした時には一緒に爆笑してくれるような人と巡り会いてえよ。私も相手に盛大に屁をしてもらって、その匂いだとか音にゲラゲラ笑いてえ。そういう人間の生理現象も全て受け入れて共有し、それをも一緒に楽しめる人に出会いたいもんだよ。