TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】リスペクトがない恋愛は続かない

【男前女子から一言いいか?】リスペクトがない恋愛は続かない

  • 2015年07月09日  霜降 どいや  



    恋愛感情がいつまでも続いてずっと相手のことを愛することができれば、それ以上に素晴らしいことはない。けれど、いつかきっと恋愛感情がなくなっていくのがほとんどだと思う。好きって感情がなくなれば、関係が終わってしまうことが多い。そんな恋愛を続けるには、相手へのリスペクトがあるかどうかが大切なのかもしれない。

     

    ・好きという感情がなくなる瞬間

    誰だって好きだと思って付き合い始めたその時は、相手のことが好きで好きでたまらない。片想いの期間に蓄積された好きって感情が、付き合えたという喜びやら嬉しさやらで爆発するから。私だって好きになっていろいろと頑張って付き合えるようになった時には、世界中がキラキラ輝いて見えるくらいに舞い上がった。そりゃそうだよ、これまで好きで好きでたまらなかったけれど、相手になかなか想いを伝えられずにいるもやもやした感情。相手は自分のことを好きになってくれるのかどうかって不安。それらが恋人関係になることで、全て吹き飛ぶんだから。

    だから、付き合い始めてお互いが自分の恋人となったときには、相手の全部が愛おしい。付き合って初めて知る相手の意外な側面だとかこだわりだとか。相手の新しい何かを知る度に、「他の人は知らないかもしれないけれど、私は知っている」みたいな優越感に浸れる。だけど、いつまでもそういう喜びを噛みしめられるか、といえばそうじゃない。

    付き合い始めてしばらく経ち、最初の熱に浮かれていた期間を過ぎると少しずつ相手を冷静に見ることができる。その時になって、今までは「相手のここが好き」と思えていた部分が、だんだん気に入らなくなる。良く思っていない自分の存在に気付きながら、でもそれでも相手のことが好きだから知らないふりをする。知らないふりをしながらだましだましで相手のことを嫌いになってしまわないようにしていても、突然相手のことが嫌いになってしまう瞬間がやってくる。少なくとも私はそうだった。

     

    ・「好き」は簡単になくなっていく

    私は熱しやすく冷めやすいタイプだと思ってる。付き合った当初は意味がわからないほどに相手のことが狂おしく愛しいのに、しばらくその相手と付き合って冷静に相手と向き合った時にその感情が次第に失われていく。そして決定打となる何かある出来事が起こればもう無理、一気に冷めてしまって相手との別れを切り出す。私の恋愛はいつもそうだった。そんな恋愛を繰り返してきたからか、「こんなに好きになっても、どうせ別れてしまうんだろ」ってやけに冷めてるもう一人の自分が現れた。

    でも、皆が皆私みたいに熱しやすくて冷めやすい性格の人たちばかりなら、ここまで人類は増えてない。もしかしたら人類は滅亡していたかもしれない。じゃあ、長い間相手と付き合って仲良い関係を続けるのは一体何なんだよって気になったわけよ。そして気付いた、私は今まで異性として恋人としての相手が好きなだけで、人として尊敬できる人と付き合ってこなかったんじゃないかって。こんなこと言っておいてなんだけど、私の今までの恋愛ってなんだったんだろうなって思うね。

     

    ・恋人として以前に人として尊敬できるか

    人間誰にでも短所ってのはある。私なんてズボラで短気だし。けれど、周りの人間はその部分をしっかり注意してくれるだけじゃなくて、「しっかりしていて頼りになる」とか「相談を聞いてくれるととても楽になる」とか私の良いところにも目を向けて関係を続けてくれている。私が今までの恋愛を続けてこられなかったのは、今までの彼氏に尊敬できる何かを見つけることができなかったんじゃないかなって思うんだ。

    今まで付き合ってきた人たちにも、もちろん良いところはたくさんあった。だけど、私は新たに知ってしまった相手の嫌なところを意識しすぎて、それに気を止めまいと必死になりすぎていたから、相手の素敵なところを見失っていたような気がする。恋人としてじゃなくて、ひとりの人として尊敬できる素晴らしいところを私は見失っていた。だから、好きって感情がなくなっていくと同時に、相手への愛情が薄れていった。

    もしも、私が今までの相手の「ここが好きだ!人として尊敬できる!」ってところを見失わず人間としてリスペクトできていれば、今の非リアをこじらせすぎておっさん女子になってしまっている状況が変わっていたかもしれない。

    熱しやすく冷めやすい。どんなに相手のことが狂おしく好きだとしても、その想いが薄れて行きやすい私だからこそ、これからの恋愛では「相手のことを尊敬できるか。相手に尊敬できるところを見いだせることができるか」を大切にしていきたい。恋愛では愛情だけじゃなくて、相手へのリスペクトも大事だと気付けただけでも、今の非リアの状態を経験してよかったよ。