TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】付き合う上での男と女の違い

【男前女子から一言いいか?】付き合う上での男と女の違い

  • 2015年04月02日  霜降 どいや  



    私はこれまでに、別に相手のことが好きでなくとも相手が「付き合って欲しい」と言ってきたら、とりあえず付き合っていた。付き合っていく中で、私はこの人と付き合っていけるだろうかなんて考えていたあたり、別に相手が本当に好きでなくても「交際する中で相手を愛せるのかどうか考える」のかもしれないと思ったんだよ。

     

    ・交際相手に困らなかったあの頃

    今ではもうおっさん系女子を極めまくってるせいで、新たな恋愛の気配なんて言うまでもなく、男の気配すらない。別に今は「恋愛したいなー」とか「恋人欲しいなー」とか思わなくなったし、恋愛が少し面倒に思えてしまうようになったから別にいいんだけどよ。でも、一昔前の「恋人がいないとか嫌だ」「この時期に恋人がいないなんて、女を謳歌してない」と心の底から思っていたキャピキャピ時代は、だいたい常に彼氏という存在がいた。

    彼氏を絶やさないために常に自分の身なりに気を遣っていたし、流行だとか男ウケだとかにアンテナを張り巡らせていたっけ。今から思えばよくあんなに頑張れたな、って上下スウェット姿で思うね。

    気になる人がいれば自分からアプローチをかけることもあったし、業を煮やして自分告白することもあった。いわゆる肉食系女子ってやつだな。まあ、それなりにモテたから、相手からそれをされることもよくあった。そんなこんなで当時の私は、彼氏を絶やさずにやっていけてたんだよ。

    彼氏は絶やさなかった形式上は、な。恋人を絶やしたくないがために、別に好きでもない奴とも付き合っていたりした。「付き合ってください」みたいな告白を受けた時点で、別に相手のことを好きでなくても、とりあえずOKした。当時は「付き合ってから相手の好きだと思えるところを探せばいいか。付き合ってから相手と本当に恋人関係になれるかどうか考えよう」って軽い気持ちだったし、「いざとなれば別れればいい」とまで考えてた。

     

    ・私とは全く違う考えだった過去の男たち

    私自身、「相手に対して恋愛感情を持っていなくても、別に付き合ってから相手のことを好きになっていけばいいじゃん」って考えだけど、私をフった数人の男たちはそうじゃなかった。

    モテるとは言っても、打率10割の私じゃなかったから、時にはフラれることもしばしば。その男達が揃って口にした断りの台詞は

    「友達のままがいい」
    「ごめん、友達としては好きだけど、女性としては見られない」
    「他に好きな人がいる」

    とまあ、だいたいこんな感じだった。

    「他に好きな人がいる」ってのには納得する。そりゃ他に好きな人がいたら付き合えねえわ。告白をした相手に好きな人がいる時点で、私の負けだ。もはや不戦敗だな。でも、他の理由に納得がいかなかった。「友達は恋人になれねえのかよ」とかな。私が「好きでなくても、とりあえず付き合う」ってタイプの人間で、「友達として仲良くできてるんだし、別に恋人になってもいい。恋人の関係が続きそうにないのなら、また友達に戻ればいい」と考えるからかもしれない。でも、もしかすると男と女で「付き合おう」と決断するタイミングが違うのかもしれないって思ったんだよ。

     

    ・持論「男女で恋人OKのタイミングが違う」

    あくまでも、これは私自身の経験や周りの人間を見てきたことで導き出された独断と偏見による持論だけど、たぶん女の人の方が「恋人になってもいいよ」っていう恋人OKが出るのが早いと思うんだよ。別に付き合ってから相手とこのまま恋人同士になれるかどうか考えればいいし、ってな感じでな。

    でも、男はそうじゃない気がするんだよ。とりあえず付き合って、付き合ってから相手のことを好きになろうとはならないんじゃねえのかなって。好きじゃなきゃ付き合わないし、誰か好きな人がいるのなら自分でアプローチをかけるなり何なり。そりゃまあ、中には「とりあえず付き合ったらセックスできんじゃん」みたいな、そういう考えの人はいるだろうけど、大半はそうじゃない気がする。よくよく考えてみれば「そりゃそうだ、当然だな」って思うんだよな。

    女って生き物は面倒。わがままだし、月に一度のアレの度に腹を立てたり悲しくなったり、人によっては構ってちゃんだろうし、束縛が激しくて他の女と会わせてくれないなんてこともある。少なくとも、相手に合わせないといけなくなって自分の時間が減るだろうな。男はきっと、そんな面倒にも耐えられるのは、好きな人相手でないと無理なんだと思う。ほら、最近は女も強いからよ、亭主関白に似た「俺色に染まれよ」ができないから、こうなんじゃないのかなって。

    自分のことを好いてくれていて面倒なことも厭わないって思ってくれている人がいたとして、私自身が「別に好きじゃないけど、付き合ってから考えようかな」って思えるような人が現れたら付き合う。けれど、相手となる男性が本当に私のことを好きになってくれないと付き合ってくれないんだよ、、たぶんな。今のおっさん系女子を極めてる私のことを、恋人にしたい・してもいいと思ってくれる男はきっと少ない。だから最近「恋人できましたイベント」が超絶激レアになってるんだろうなって思うよ。