TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】恋人への条件を語る友人への違和感

【男前女子から一言いいか?】恋人への条件を語る友人への違和感

  • 2015年04月09日  霜降 どいや  



    付き合う条件として何かと自分の理想を語る人がいる。どんな見た目が良いかとか、どうして欲しいだとか色々ある。そんな理想は人によって違うけど、私の友人もそんな理想を語るタイプの人間の一人で、彼女の理想の恋人像を聞いているうちに違和感を覚えた。

     

    ・理想の恋人の条件を語る友人

    誰にでも理想ってのがあると思う。日常生活についてのものとか、将来のこととか。そりゃ理想を語るのも思うのもタダだから、色々と夢を巡らすよな。私だってそうだよ。例えば、私の場合はずっと寝て過ごせられたら最高って思うしな。でも、そんな理想を自分の恋人や、自分が恋人にしたいタイプに対して思う人がいる。私の友人がまさにそのタイプの人間。

    友人である彼女は、誰かと付き合うけれど分かれることが多くて、私が彼女と出会ってから今までの間でも相当な男とそれを繰り返してきてるし今もそう。しかも、付き合う度に彼女は「◯◯してくれる人でないとやっぱりダメ」とか「次彼氏にする人は△△でないと無理かも」とか、交際相手の人数を増やす度に「自分が恋人にする・したい人への条件」のハードルがどんどん上がってるんだよ。傍目で見ていても「そんな条件を満たす人」っていないだろって思うレベルの「理想の彼氏」を彼女は抱いてんのよ。

    確かに、彼女は可愛いしモテてる。私も「こんな女になれたら、恋人となる人も選り取りみどりなんだろうな」って思う。だから、こんなにも恋人となる人に対してこんだけの条件を掲げられるんだろうなって。けれど、よくよく考えてみるとそれだけじゃないのかもなって思い始めてさ。

     

    ・平気で理想を押し付けられる人への違和感

    さっきも言ったけど、理想を抱いたり夢を見るだけならタダだし、誰でもすると思う。けれど、それを必ずしも相手に押し付けるかっていったらそうじゃない。いつまでも理想を追いかけてられないから、現実とその理想を照らし合わせてどこかで妥協する。好きな人つまり恋人に対しての条件なんて、相手のことが好きであればあるほど「ま、いっか」で終わる。自分の中にある理想よりも、目の前にいる自分の恋人を大切にするよ。

    けれど、私の友人はこれまでの恋人よりも、自分の理想や恋人に対しての条件を優先してるんだよ。本当なら妥協できるはずの「理想の恋人像」や「恋人への条件」を絶対に曲げないんだ。そんな彼女はこれまでに本気で好きになった人がいないのかも知れない。でも、それ以外にもっと引っかかることがあった。

    彼女は、自分の理想の条件を相手に要求できるほどの価値が自分にあると無意識のうちに思ってるんじゃないのかなって。もしかすると無意識のうちじゃないかもしれない。「私ってもっとこんな男性にこそふさわしい女なんだ」って思ってんじゃねえのかってよ。そう思ってしまった時には、本当に彼女のことが怖くなった。いや、逆に私のほうがおかしいのかもしれない。

     

    ・理想よりも実際の相手を大切にしたい私

    私は、かれこれずっと恋人なんて存在はいないし、恋愛関連のイベントなんてこれっぽっちもないおっさん系女子だ。そんな今の私が、男性にモテるなんて到底思えない。むしろ今の状態でモテてしまったら、一昔前に頑張って自分磨きをしてモテようと必死だったあの頃の自分の努力は一体なんだったんだって悲しくなるしな。

    そんな私だから、今の自分への自己評価はかなり低い。もっと頑張っていた自分を知っているから余計に。「私はこんなもんじゃない」ってどこかで思ってるのかもしれない。でも、まあ、頑張りたくないし無理して頑張らなければ恋愛ができないのなら、「じゃあ、しばらくは恋愛とかいいや」って思ってるんだけどな。だから、理想の恋人の条件なんて全然持ってない。そんな理想だとかを今の自分が抱くのはおこがましいと感じる。

    恋人への理想を抱きまくる彼女が、その理想を追い求めてガンガン新しい彼氏を作っていく様。自分の理想や条件を満たす人としか付き合わない彼女。平気で恋人に「こうして欲しい」と条件を突き付けられる、そんな彼女が自分自身にどれだけの価値を抱いてるのか、それが怖くなった。むしろそれが普通で、それが出来ずにいる私のほうが変わってるのかもな。

    今の私はおっさんでしかない。若い女の皮を被ったおっさんだと自分で思う。そう嫌になるほど自覚してるからこそ理想を抱けずにいる私だけど、もっと自分を変えて自信がついたら私もそうなるのかな。それはどうなのか分からない。でも、理想ばかりを追いかけるよりは、自分のことを好いてくれた人をきちんと見つめてえよな。いずれにせよ、今の私のような女を愛してくれる人がいるのなら、その人と真剣に向き合っていきたいって思うよ。