TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】恋愛のために友情を捨てる女

【男前女子から一言いいか?】恋愛のために友情を捨てる女

  • 2015年11月21日  霜降 どいや  



    友情と恋愛を両立できるか?ってのはなかなかに深い問題だったりする、特に女の場合。自分が気になっている男が、友達と被ってしまった場合どうするか。たぶん、友達に譲るために諦めるか、友達と気まずくなろうが好きな人を諦めないかの2つにわけられると思うんだよな。

     

    ・友情を取るか恋愛を取るか

    友情と恋愛、この2つはそれぞれかなり漠然としているだけに、両立できるのかってのはかなり難しい問題だよな。どの程度の友情、恋愛かでも話は変わってくるわけだしよ。特に、もしも好きになった・気になる異性が友人と被ってしまった場合とかな。自分が知り合う異性はだいたいが自分の属する狭いコミュニティの中でなんだから、被ってしまうことも珍しくはねえよな。自分だけがその人のことを好きだってことと同じくらいに、自分と同じようなライバルが誰かしらいることもある。そのライバルが自分の友人だってことも無きにしもあらずだよ。あるいは、友人の恋人を好きになってしまった、なんてこともあったり。

    幸いにも私自身は「好きな人が友人と被ってしまった」とか「友人の恋人に惚れてしまった」なんてややこしいシチュエーションを経験したことがない。いや、そもそも後者はありえねえ。友人の幸せをぶち壊してまで自分の恋愛を成功させたいなんて思わねえから。だから、もしも友人と好きになった異性が被ってしまった場合には、もうその恋愛は諦めると思うんだよ。今の私はおっさんみたいなもんだし、少なくともそんな私と付き合うよりも、可愛らしくて私のような人間と友達をやってくれているような人間の出来た友人と付き合って幸せになってもらいたい、と思うから。いや、これは格好つけてるだけだな。私は、恋愛で友人と敵に回すほどの度胸がねえんだ。だから、一人の異性をめぐって争うなんてことをそもそもしようと思わねえ。

    私は「恋愛と友情のどちらか1つを選ぶとすれば、恋愛を捨てて友情を取る」ってタイプの人間だけど、どうもこういうタイプの人間ばかりじゃないらしい。ま、そうだよな、私みたいな平和主義者ばかりなら恋愛のいざこざなんてないだろうしな。

     

    ・恋愛を最優先する女

    最近耳にしてゾッとした話で、「めちゃくちゃ仲の良い親友と好きな人が被ってしまった。親友はそれを知った途端に絶交を宣言し、それから音沙汰なし」ってのがある。そこまで恋愛を最優先にできる恋愛脳もさることながら、それまでの友情も何もかも一瞬で失くせられるその非情さにゾッとしたんだよ。でも、女でそんな話は珍しいことでもねえかなって。男は恋愛よりも友情を大切にするけど、女は友情よりも恋愛を優先するみたいなのあんじゃん。それの極端な例だなって。

    私にしてみれば恋愛のためにスパッと友情を捨てるなんてことはまず考えられねえよ。まず、その恋愛が最後まで上手くいくとも限らねえじゃん。もしも失敗に終わったら…その恋愛で失った対価が多すぎるじゃん。そもそも、友情って簡単に捨てていいもんじゃねえだろうし。それを考えていないのか、それをも覚悟の上で恋愛を最優先しているのかはわからねえ。そこまで突き抜けられるのはある意味才能だと思うよ。でも、私は恋愛のために友情を一瞬で捨てられるような女が、恋愛で成功できると思わねえ。

     

    ・恋愛も一事が万事その調子

    恋愛のために友情を簡単に捨てる女って、パッと見「恋愛に全てを懸けている女」ってだけ。でも、ちょっと考えてみれば、そんな女は「自分が成功するためならどんな手段をいとわない血も涙もない女」ってわかるんだよ。恋愛で見せる顔だけがその人の本性じゃねえ。それまでの言ったこと・してきたこと、何もかもひっくるめた上で本性。そんな本性を隠し持つ女がたとえ男の前で猫をかぶっていたとしても、そのうちボロが出ると思う。一事が万事その調子ってやつだよ。

    もしも私が男で、自分と結ばれるために女友達と絶交したと知ったら、ドン引きだわ。その後も変わらず愛し続けられるかわからねえな。「もしかしたら自分もその女友達のようにいつか簡単に捨てられるのかもしれない」と不安になるだろうし。

    友情を捨てて恋愛を成功させたとしても、恋愛のために友情を切り捨てたって事実は消せねえんだよな。切り捨てたその時は良かったとしても、後にその事実は自分を追い詰めてきそうだし。そんなリスキーなことをしてまで、恋愛を成功させたくねえ。自分の幸せのためにそれまでの友情をあっさり捨てるような人間にはなりたくねえ。そんな人間に惹かれるような人がいるかっての。自分の恋愛は二の次三の次でもいい。それで大切なものを失わずに済むのなら、私はそうする。いつもこういう人間でいて、こんな私を好きだと言ってくれる男と巡り会えたらいいなって思うよ。