TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】浮気で愛情を確かめる関係性

【男前女子から一言いいか?】浮気で愛情を確かめる関係性

  • 2016年01月02日  霜降 どいや  



    私の知り合いにかなり不思議な関係のカップルがいる。彼氏彼女ともに何を考えているんだと横から言いたくもなる関係性なんだよ。端的に言うと、彼氏が浮気するのを知っていながら彼女はそれを見て見ぬふりをしているんだな。周りから見てどんな変な関係でも、彼ら彼女らはずっと交際を続けている。浮気をしながらも続けられる恋愛もあるんだな。

     

    ・浮気症の彼氏とそれを黙認する彼女

    浮気をしまくる彼氏と、それを知りながら黙って付き合い続けている彼女というカップルが私の知り合いにいる。彼氏彼女どちらも私の友人だ。大事な友だちの一人である彼女を差し置いて、女好きでガンガン浮気をしまくるその彼氏をはたから見ているとはっ倒したくなる。はっ倒すというか、もう「お前彼女というものがありながら、というかあんなに良い子がいるのにどうしてどんどん他の女に手を出すんだ」と説教をしながらどつき回したいね。彼氏がホイホイ新しい女に鼻の下を伸ばしているのを知るたびに、そいつに呆れ果てんだよ。何やってんだってな。

    でも、彼氏だけに一言言いたくなるわけじゃねえ。その彼女にもたくさん言いたくなるもんだ。「あんなどうしようもない女たらしなんかとさっさと別れればいいじゃん」「あなたはあんな男にはもったいないくらい良い女なんだから、他の良い男と付き合いなよ」なんて台詞が何度口から出そうになったことか。結局それらの台詞を彼女に言わねえのは、浮気症な彼氏についてボロカス文句を言ったり愚痴ったりすることもなく、純粋に彼のことを愛していると見ていて分かるからなんだよな。

    そんな彼女に「あんな男」とか「いい加減目を覚ませ」とかそんな無責任な台詞は言えねえよ。彼女が浮気症であっても好きだと思える彼のことをこき下ろせられる四角なんて私にはねえ。彼女が彼のことを愛しているのなら、口を出すのも余計なお世話ってもんだ。

     

    ・浮気がつなぎ止める愛情もある

    あんな男とは別れてしまえばいいのにって思ってる私。そう思ってるのが少し顔に出てるんだろうな、彼女はそんな私のことを笑って言うんだ。「どれだけ浮気をされてもいい。最後に私のところに帰ってきてくれさえすれば。帰ってくるたびに彼は私のことをそれまで以上に愛してくれるし。私はこんな今の関係に満足してる」ってな。彼女の器のでかさには、もうたまげてひれ伏したくなるね。これくらいできた彼女じゃねえと、あの野郎の彼女は務まらねえもんだ。

    でもよ、そんな彼女の側面を知っているがゆえに女たらしの彼氏に腹が立ったりする。それが我慢できなくなったある日、私は彼氏に「お前本当にいい加減にしろよ」とブチ切れたんだよ。すると思いがけない返事が返ってきた。「どんなに浮気をしても、本命は彼女だから。浮気をするたびに彼女ほど良い女がいないって再確認するんだよ。だから浮気をしても彼女のありがたみを毎回身にしみて痛感する」ってな。「へー、女の尻ばっかり追っかけまわしてるお前もたまには良いこと言うじゃん」と一瞬感心して、「いや、それだと浮気した女にも失礼だし、やっぱ浮気はするんじゃねえよ!」と我に返った。

    彼にとって浮気をすることが、彼女との交際を長続きさせるある種の秘訣になってたんだなって思ったよ。確かに、ある一人の異性と長い間付き合っているとマンネリになったりする。その相手の素晴らしいところにも慣れて、そのありがたみさえも当然のように思うことも珍しい話じゃねえよ。彼はそのマンネリによって失われがちなありがたみを、他の女を通して何度も何度も再確認することで1人の彼女をずっと愛し続けられてるってわけだ。

     

    ・浮気症の彼氏なんて私には無理

    浮気をしまくる彼氏だけど、そんな彼氏は彼氏なりに彼女のことを愛している。浮気を通じて彼氏彼女の関係性を続けられているのは、ひとえに彼女の寛大な心のお陰だよな。普通、浮気をしまくる彼氏なんて嫌だよ。少なくとも私には耐えられない。たとえ、浮気をしまくって私のありがたみを再確認しまくって、ずっと私のことを愛し続けくれるとしても、浮気は絶対にしてもらいたくない。頑なにこう思ってしまうのは、自分に自信が持てないからかもしれねえな。

    他の女に勝てる魅力が自分にあるのか自信が持てねえ。他の女と自分が比べられた時に、果たして本当に自分が他の女に勝てるのか不安になる。だから、彼氏には私という彼女から他の女に目を逸らさないでいて欲しいんだ。どれだけ浮気されようとも、寛大な器を持ってどっしりと構えられている彼女とは足元に及ばないレベルの器の小ささで自分でも笑えてくるよ。

    世の中には浮気を通じて愛し続けられる恋人の関係もある。だけど、浮気をされることが無理な私にはそんな恋愛をすることができねえ。それを自分でも嫌なほど知っているし、男を選ぶ際には「女好きで浮気症な男はナシ」って条件をこれからもずっと設けるつもりだ。自分にとってどんな恋愛が無理だと自覚することも、次の恋愛を成功させる上で大切だろうなって。兎にも角にも浮気症のあの彼氏が仲睦まじいカップルの関係を続けられているのは、聖母のような彼女のお陰なんだぞ!と言ってやりてえよ。