TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】甘えたいときには話だけを聞いて欲しい

【男前女子から一言いいか?】甘えたいときには話だけを聞いて欲しい

  • 2015年02月12日  霜降 どいや  



    私にもたまに異性に甘えたい時がある。そんな時には、相手にはただただ話を聞いてもらえるだけでいいのに、悩みの解決口を提示くる人がいる度に「なんか違うよな」って思う。甘やかし上手で受け身になるタイミングをきちんとわかっている人は、恋愛上手な気がするんだよな。

     

    ・「甘えたい警報」が発令するときもある

    おっさんみたいで基本男だとか恋愛だとかに興味が無い私だけど、時々異性に甘えたくなる衝動に駆られるときには無性に「やっぱり独りって寂しいよな」って思うんだよ。いや、甘えたいがために恋人が欲しいとかそういうんじゃない。こういう「甘えたい警報」が発令されなければ、普段は独りの寂しさに気付かなくて済むのに。この警報が発令されている間はそうはいかなくて、寂しくて仕方なかったりする。

    そんな時には自分の好きなことを夢中でしたり寝たりして、とにかく甘えたい欲や「男に甘えたいけれど、甘える相手がいない寂しさ」を必死に紛らわせる。それで警報が解除されたら儲けもん。でも、それでさえもどうにもならないくらい強い警報だと、友人に甘えるとまではいかないけれど、少し自分の弱さを打ち明けたりする。そうすると、寂しさも無くなって随分と心が穏やかになるんだよな。そうできる友人を持てて私は幸せだよ。

     

    ・甘えたいときの「ソレジャナイ感」

    言葉は悪いけど、私の甘えたい警報が発令されているときの最終手段としての友人が、どうしても都合が合わなかった時があった。普段の私なら、それならもう家でゆっくりしようってなるんだけど、寂しくて寂しくて仕方がないわけで。だから、代打って言ってしまったらそれまでだけど、代わりの友人を探してその相手に寂しさを紛らわせてもらったんだよ。

    いつもと違って甘えたい警報が発令されていて寂しがり屋になってる私だったからか、そのときにあった友人がいつもと違うように思えたんだよな。たぶん、普段通りの私なら何も感じなかっただろうし、何かが引っかかるってなこともなかったはず。けれど、その時はそうはいかなかった。

    寂しくて甘えたくて自分の思ってることや寂しく感じていると告げる私に対して、その友人は「そんな時もあるけど、俺は云々」だとか「お前はまだいいよ、俺なんて云々」と自分の話ばっかりするんだよ。あと、「それなら◯◯すればいいよ」って変なアドバイスをくれたりな。その時の私は自分が寂しくて甘えたくて、とにかくうまく言葉にできない感情で余裕がなかったせいか、友人の一言一言が引っかかった。

    それに、「別に話を聞いてもらえればそれでいいのにな…」なんて、少しおこがましく思ってしまったりな。今だと、「何をお前自分から会おうと言っておいて、しかも会ってくれて文句言ってんだよ」って強烈にツッコミたくなる。まあ、受け止められるだけの余裕がその時の私にはなかったのも誰より知ってるから何とも言えねえんだけどよ。

    でも、そのとき思ったんだよな。もしかすると、恋愛上手な人は誰かが弱っている時や甘えたがっているときに、うまく甘やかせたり受け止めたりするスキルがすげえ高いんじゃないかって。つまり、甘やかせ上手な人は恋愛上手じゃないのかってハッとなったんだよ。

     

    ・甘やかせ上手は恋愛上手?

    私の独断と偏見だけど、グイグイ自分を押す人は、きっと甘やかし上手じゃないと思う。さっき言ったみたいに、いつも「俺は・私は云々」といつも話の内容を自分に向けたがる人とか。甘やかせ上手な人はグイグイ行くときもある。けれど、常にそうなんじゃなくて「今は相手を甘やかせたほうがいい」とか「ここは相手の話を聞いたほうがいいな」とか、グイグイ行く側から受け身になる引き際をすっげえわきまえてる気がするんだよ。それをいとも容易く出来る人は、ある程度のコミュ力だけじゃなくて包容力もかなりあると思うんだよな。

    それに、甘やかせ上手な人は一緒にいると安心する。自分が弱っているときでも、そんな自分をきちんと受け入れてくれるだけの寛容さがあるんだよな。別に何を励ますでもないけれど、とにかく私の話を聞いてくれるんだよ。それだけでも、私は嬉しい。「こんな話でも黙って聞いてくれるんだ」って感謝したくなる。

    こんな甘やかせ上手な人は、きっとモテるし恋愛も器用にこなすはず。一緒にいて安心できるって恋愛をする上で、はたまた恋人になりたいなって思える上でかなり重要になってくるしな。誰が一緒にいてソワソワしたり、イライラする人のそばにいたいかよって話。今の私は、友人に甘やかせてもらってばかりだけど、人間としてもっと成長して余裕ができて、いずれは誰かにとっての甘やかせ上手になりたいな。そして、誰かに一緒にいて安心すると思ってもらえるような魅力的な人間になって、あわよくば最高な恋人に巡り会いたいもんだよ。