TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】私が恋人を欲する時のパターン

【男前女子から一言いいか?】私が恋人を欲する時のパターン

  • 2015年06月18日  霜降 どいや  



    おっさん女子な私だから普段は恋人という存在がいなくても平気でやっていける。けれど、周りのカップルが幸せそうなのを見ているからか、ふと恋人が欲しくなるときがある。私がそう恋人が欲しくなる時には、2つのパターンがあると気付いたんだよ。

     

    ・自分は恋愛体質だと思っていた

    今は恋をしていない。もちろん、恋人もいない。けれど、こうなった背景にはこれまでの恋愛経験がかなり関係してる。こうなる前は、あまり途切れることなく恋人がいた。むしろ、恋人がいない状況に耐えれなかった。恋人と別れそうになる・恋人と別れてしまったら、なるべく早く次の相手を見つけていた気がする。ロクでもない相手と付き合った後には「もう恋愛なんてしない」と何度も思ったりもした。その傷心期間がいつの間にかなくなった頃には、新たな恋愛に進んでいた。なんだろうな、恋人がいないことが心の底から嫌だったのかもしれない。一種の強迫観念かな。とにかくその当時の私は「恋人がいないなんてあり得ない!」ってスタンスだった。

    けれど、そんな強迫観念に駆られて恋愛をすることが次第に辛くなった。恋愛に、自分の好きな人に、感情をいちいち振り回されるのが嫌になったんだよ。短いスパンで何回も悲しんだり喜んだりを繰り返すことに疲れたんだ。だから、その原因の恋愛から離れてみた。それからかな、「恋愛なんてしなくても私は生きていける!むしろしない方が快適かも!」と思い始めて、その快適さにある意味甘んじて恋愛をすることを辞めたのは。

    自分でもびっくりしたね。恋愛をしなければ、こんなに毎日快適に自分の思うように自由に暮らせられるんだって。それと同時に、これまで自分が付き合ってきた男の何割かが、いかに酷かったのかを痛感した。そんな恋愛に時間とか、大切なものを費やしてきた自分が少し可哀想になったりもした。

     

    ・余裕があるからこそ憧れる恋人の存在

    そんなこんなで恋愛から離れつつあって、もはやおっさん女子な私も時々恋人という存在に憧れたり「やっぱり恋人欲しいな」って思う瞬間がある。周りのカップルがみんな幸せそうだから、余計そういう思いが強くなるのかもしれない。私が恋人がいる状況に憧れる瞬間には、2つのパターンがあるとある日気付いたんだよ。

    まずひとつ目は、仕事やプライベートで余裕ができて、恋愛に手を回せそうなとき。最初でも触れたけど、どうしても恋愛ってエネルギー使うじゃん、良い意味でも悪い意味でも。人によっては自分の仕事をはじめとした何もかもと恋愛を上手くこなせるのかもしれない。もしかすると、恋愛をしていてじぶんに大切な人がいるからこそ頑張れるって人もいるはず。

    だけど、私の場合恋愛でのエネルギー消費量が人よりも多い気がするから、ある程度の余力がないと潰れてしまう。器用じゃないんだろうな。仕事などいろいろなことに余裕がないと、恋愛をしても煩わしく感じてしまうんだよ。だから、恋愛に、相手にエネルギーを注げるだけの余裕があるときに恋人が欲しくなる。ただ単に「恋愛してる暇なんてねえ!」ってことなのかもしれないけどよ。

     

    ・現実逃避としての恋人

    あと、もう一つは仕事やプライベート、自分の置かれているありとあらゆる状況がうまくいっていないとき。こんな最悪な状況でも恋人が欲しくなる。「余裕がないのになどうして?なんで恋人が欲しくなるんだ?」って何回も思った。「ああ、最悪な状況だからこそ、今の自分にはいない恋人や恋愛に現実逃避してるのかもしれない」って気付いた時の衝撃ったらもうね、脳天に雷が落ちてきたみたいだったよ。

    つまり、何もかもうまくいっていないからこそ、まだ見ぬ出会いからの恋愛やその恋人に現状を打開してもらおうってどこかで思ってたんだ。自分のことを大切だと思ってくれる誰かに助けてもらいたいって思いが、無意識のうちに「恋人が欲しい」って願望に表れてたんだよ、怖いよな。自分が無意識のうちに心の奥底でそう思っていて、それが「恋人がほしい」という願望で現れているその浅ましさが嫌になった。

     

    ・相手と全力で向かい合える恋愛を

    どうせなら、そんなわがままな自分の現実逃避のための恋愛じゃなくて、自分に余裕があって相手と全力を出して向き合える恋愛がしたい。そんな恋愛ができれば、きっとどういう未来が待ち受けていたとしても後悔しないと思うんだよ。それに、中途半端な恋愛はもうしたくない。今の私は、これまでみたいに次の恋愛でまた頑張ればいいっていう年齢でも、状況でもない。未来の恋愛や恋人に現実逃避として甘えられるほど、私はもう子供じゃない。こんな風に結構前から覚悟を決めてる私だから、そろそろ良い相手が現れてくれてもいいと思うんだよな。