TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】自分ルールにしばられて逃した恋

【男前女子から一言いいか?】自分ルールにしばられて逃した恋

  • 2015年07月23日  霜降 どいや  



    誰にでも、これだけは譲れない「自分ルール」というがあると思う。衣食住、自分の生活スタイルに根付いているものもあれば、恋愛上のものもあると思う。私もかつて恋愛についての自分ルールがあったけれど、それに縛られすぎたがゆえに失敗したことが数えきれない。

     

    ・これだけは譲れない自分ルール

    誰しも「これだけは誰にも譲れない」っていう自分ルールを持ってると思うんだ。私にもある。例えば、朝起きたらコップ一杯の冷たい水を飲むとかLINEを永遠に続けるようなやり取りはせずに必要なことだけを端的に伝えるようにするとか。あと寝る前には絶対に本を読むとか。今思いついたのはこれくらいだけど、結構いろんな自分ルールがあると思うんだ。

    自分の暮らしにおける自分ルールだけじゃない。もちろん、恋愛にもある。自分から告白しないとか、付き合う前には必ず相手のこれを確かめてみるとか。恋愛をちゃんとまともにしていた頃の私はそれまでの失恋や「これはもう自分ルールにしよう」と決めたことから、様々な自分ルールを恋愛に設けていた。

     

    ・何よりも自分ルールを大切にしていた昔

    何度も恋愛をしたし、それと同じくらい…もしかするとそれ以上の失恋をしていた私。だからこそ、「もう恋愛で失敗をしたくはない」一心で今までの恋愛での失敗だとか「あの時にああしていればよかった」って反省を自分ルールとして設定したんだよ。

    意中の男にがっつき過ぎたのが裏目に出て逆に引かれてしまったことから「がっつき過ぎない、一度がっついたら三度引く」。好きだからと相手の要求を鵜呑みにしていたら、都合のいい女と思われて、二股をかけられたことから「いい女でいるためにも、こちらが相手を振り回すくらいで丁度いい」とか様々なルールが私の中にあった。

    どれもこれも自分の恋愛の失敗に基いているってのは、冷静になるとなかなかに辛いものがあるけれど、それでも失敗をいかさないよりはマシだ。こうやって作られた自分ルールが良い恋愛につながったことや、付き合い始めてからもいい関係を続けることに役に立った。過去に失敗してくれた自分に感謝したし、「やっぱりこれを決めておいてよかった」と安堵した。何度も同じ間違いを犯すほど私は馬鹿じゃない。でも、ずっとその自分ルールに救われ続けることはなかった。

     

    ・恋愛には自分ルールが通用しない

    恋愛での自分ルールは過去の恋愛で培われたもの。だから、これまで失敗した恋愛の形の分だけしかなくて、これからの恋愛全てをカバーできるってわけじゃない。当たり前のことだけど、自分ルールを守ることで恋愛を成功し続けて私はその事実を見失っていた。

    今まで自分がこれで間違いないと信じていた自分ルールが、意中の男・恋人に通用しなかった時には、自分がいかにルール頼りで相手のことを見ていなかったのかを痛感したよ。どれだけ自分本位な恋愛をしていたんだと自分が嫌になった。次の恋愛に繋げられるようにと良かれと設けた自分ルールが、私の視野を狭くしていたんだ。真っ先に自分の耳、目、気持ちを傾けなければならない相手を、自分の視界から外していたんだ。

    自分ルールに安心し信頼しきっていたからこそ恋愛で躓いてしまった私は、ようやく「ルール以上に相手ときちんと向き合わないといけない」と心に決めることが出来た。

    私がそれまでに失敗した恋愛の数がたくさんあるように、これから自分が経験するかもしれない恋愛の数も自分の想像以上に存在すると思う。その恋愛全てを自分ルールで成功させられるなら、それほど良いことはない。けれど、不器用な私にはそれが無理だった。

     

    ・もう恋愛では自分ルールには縛られない

    不器用で数に限りがある自分ルールをうまく使いこなせない私はどうすればいいのか。目の前の相手ときちんと向き合って、そして自分と相手が置かれている状況だとか自分の気持ちだけでなく相手の気持ちも受け入れることなんだなって。

    自分ルールも確かに自分にとって大事なんだよ。これまでの経験からできたものだし、冷静に考える上で大切な判断材料になる。けれど、それ以上に目の前の相手を優先しないと成功する恋愛も成功しない。

    だから私は、「もう恋愛では自分ルールには縛られない」と決めた。これも一種の自分ルールかもしれないけど。それでも、自分ルール以上に実在する相手を素直に受け止めたい。昔の男から得た教訓にいつまでも縛られていたくもないしな。それに、人としてあらゆる状況にも臨機応変に対応出来るだけの器を手に入れたい。そうすれば、絶対に魅力的なにんげんになれるだろ。そして、そんな私の人となりを好きになってくれたら最高じゃん。だから、まず私は「恋愛では自分ルールに縛られない」を自分ルールにしようと思う。