TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】自虐ネタは非モテに繋がる

【男前女子から一言いいか?】自虐ネタは非モテに繋がる

  • 2015年05月07日  霜降 どいや  



    私自身、おっさん系女子を拗らせ始めた頃は、何かと「どうせおっさんみたいだし」と自虐ネタを言っていたけど、あまりに度が過ぎたネタを言っていると周りが引き始めた。確かに自虐ネタは自分を犠牲にするから誰も傷付けないけれど、周りに魅力的に映らずモテなくなってゆくゆくは自分を傷つけてしまうと気付いたんだよ。

     

    ・おっさん女子になってから増えた自虐ネタ

    おっさん女子を極め始めた当初、自虐ネタが増えた。そもそも、人を弄るのがあまり好きでもなかったってのもある。けれど、それ以上にモテるためだとか男ウケだとかそういうことに努力することが面倒になって、それまでとは全く変わってしまった私自身がネタにしやすかったから自虐ネタが増えた。

    友人の間で恋愛話になって皆がキャピキャピ彼氏との近況を話しているときなんかは、よく、「おっさんみたいな私でも貰ってくれる男いねえかな〜」とか「恋愛してなさ過ぎてそろそろ性別変わりそう」とか。そんなことはよく言ってた。

    かつてのそれなりにモテた自分のことを一番知っているのは私自身。だから、今のおっさんみたいな私がいかにおっさん臭くて一般的な女のイメージ像からかけ離れているかが分かる。自分のそのおっさん臭さが溢れるところが、やたらと目に付いて嫌になる。それを変えようとも思えない自分も。そんな色々なかつての自分ではありえなかったおっさん要素を、もう半ば開き直った自虐ネタで昇華して、かつてと今の自分とのモテ度の格差を嘆くことのないように、なんとかして精神の均衡を保っていたんだと今になって思う。

     

    ・友人のキツい自虐ネタが笑えなくなった

    自虐ネタを言っていた私だけど、ある時から自虐ネタを言わないようにしたんだ。それは、私と同じように自虐ネタを言っている友人を見てあることに気付いたんだよな。まさに人の振り見て我が振り直せ。ずっと気にはなっていたものの、いざ自分も非モテになり同じように自虐ネタを言い始めた頃に、同じように自虐ネタを言う彼女の姿から自分のことも振り返られたんだよな。

    その友人は当時、私と同じように恋人がいなかった。ただ、私と違うのはこれまで彼氏という存在がこれまでにいなかった。彼女はそれをずっと気にしているのか、もはや開き直っているのか、いつもいつも隙あらば自虐ネタをぶっこんできた。

    「今彼氏がいないのと、これまでずっと彼氏がいなかったのとは全く違う。私なんてもう女を語る価値なんてない!」
    「これまで彼氏がいなかった女なんて無価値だよな!」
    「私はこのままずっと一人で生きて死んでいくんだよ!」

    こんな自虐ネタを連発されると、正直、リアクションの取りようにも困るしキツい。それに、彼女は彼氏がこれまでにいたことはないけれど、十分に楽しくて魅力的な女だと思う。けれど、彼女のそんな素敵な部分をまだ知らない人にとっては、そんな度が過ぎる自虐ネタが彼女の魅力を半減させているに違いない。彼女の姿を通して、私は「もう自虐ネタを言うのは辞めよう」と思った。「自虐ネタは確かに楽だけど、せっかくの良いところが損なわれる気がするからやめようぜ。自虐ネタでモテなさを開き直るくらいなら、もっと自分の良い所を良いと胸を張って行こうぜ」と彼女にも言った。

     

    ・モテない・非リアの自虐ネタはさらなる非モテへ

    自分がモテないことや非リアであることは、半分開き直らないと結構辛かったりする。恋人がいないなんて、人生損してるなんて考えが割とあるこの世の中を生き抜いていく上ではなおさら。けれど、自分の非モテや非リアを自虐ネタに昇華して開き直ると、自分の魅力を知ってもらう前に、自虐ネタのせいで人が自分に振り向いてくれなくなる。そしていつかは自分のさらなる非モテへと繋がる気がするんだ。

    最悪の場合、非モテ・非リを自虐ネタで昇華する→その自虐ネタが原因で周りの人から避けられる→人間関係を築くのが難しくなりさらに非モテ・非リアになる→そしてさらに非モテ・非リアになった自分を自虐ネタにする…っていう非モテへの負の連鎖が止まらないんじゃねえの?って思う。このスパイラルには絶対にハマりたくない。かろうじて、私はその連鎖の中の「自虐ネタを言う」をやめられた。

    それに、自虐ネタを言うために自分の嫌なところに目を向けるくらいなら、「私にはこんな良いところがあるんだ」と他人にも胸を張って言えるような長所を自分で探したい。それから、その良さをアピールしていきたい。どんなアピールでもいい、たとえどんなにさりげないものでも。いつかその良さを好きだと、ひいては私のことが好きだと言ってくれる人に出会いたい。

    モテないから・彼氏がいないからって理由だけで自虐ネタを連発して、その自虐ネタのせいで私自身の価値だとか魅力だとかを気付いてもらえないなんて、そんなのは嫌だ。たとえモテなくても非リアでもいい。それをきちんと受け入れた上で、私は私の良さを大切にしていきたいと思う。