TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】誰かのための「可愛い」だった

【男前女子から一言いいか?】誰かのための「可愛い」だった

  • 2016年06月04日  霜降 どいや  



    恋愛から遠ざかりおっさん化が止まらない私は、「可愛い」という言葉が相応しい格好や趣味などにめっきり疎くなってしまった。昔は可愛いものや格好を見ては「可愛い〜」と連呼していたのに、な。もしかすると、恋愛に対するスタンスの違いが関係しているかもしれねえなって思ったんだよ。

     

    ・「可愛い」とは無縁になった私だけど

    最近は本当に「可愛い」って言葉がふさわしい格好とか趣味とか、そういうものにめっきり疎くなってしまったんだよな。可愛いよりも快適さを優先するようになったんだ。そこまで恋愛をしたくねえから、異性の目を気にしなくて済む。気にしなくていいから無理をして可愛い格好をしなくてもいいし、可愛い趣味を持たなくてもいい。異性の目を気にしないからこそ、快適さを優先した楽でラフなボーイッシュな格好をするし、飲み会でカシオレを頼まずに生中をジョッキで頼む。揚げ始めたらキリがねえけど、とにかく「可愛い」ってジャンルのものに興味がなくなった。

    恋愛から遠ざかっておっさん化が止まらないってのも、「可愛い」に食指が動かなくなったことに関係するのかもしれねえな。いや、逆に、可愛いって言葉に全く魅力を感じねえほどにおっさんになっているから、恋愛から遠ざかっているのかもしれねえ。「卵が先か鶏が先か」みたいな話になるけどよ。今ではこんな私だけど、昔はそれなりに「可愛い」が好きだったんだ。

    若い女によくいる「可愛いを連呼しまくる女」ってのいるじゃん。私もそういうジャンルの小娘だったんだ。今の私からはイメージできねえかもしれねえけど、昔の私は「可愛い」と言われるものが死ぬほど好きな女だったんだよ。可愛い洋服や髪型、食べ物にスイーツに生き物……可愛い物には目がなかった。目がなかったというか「いかに可愛いを追求するか」ってのにベストを尽くしていたんだな。だから、ファッション雑誌のトレンドは欠かさずチェックしたり、ブランドから新作が登場したら必ず買っていた。可愛くなるため、そして可愛いと言われるために必死だった。

     

    ・モテたいからこそ可愛くなりたかった

    最近知り合って、昔の私を知らずに今の私しか知らない友人が、当時の私の写メとか写真を見るとかなりびっくりするんだ。そりゃそうだ、今の私は快適さを追求してかなりボーイッシュになっているのに、一昔前の私はそれと正反対なキャピキャピした女だったんだからよ。逆に、「可愛い」を追求していた私を知っている友人は、今の私の変わり様にすげえ驚く。それほどに私が変わったのは、恋愛に対するスタンスがガラッと変わったからなんだろうなって思うよ。

    繰り返しになるけど、今の私は恋愛が面倒でしばらく恋愛をしたくないってスタンスだ。こういう考え方になると、異性の目を全く気にしなくなる。だって、モテなかったとしても全く問題ねえんだからよ。恋愛に発展するかどうか、そんな大事な第一印象が決まる異性との出会いの場であったとしても、気合を入れてオシャレをするわけでもなく普段のボーイッシュでラフな格好をするし、煙草もガンガン吸う。でも、

    「可愛い」を極めるために頑張っていた頃は、ただ単に「可愛くなりたい」って気持ちだけで努力していたんじゃない。やっぱり、モテたかったんだ。男に「可愛いね」と言われてチヤホヤされたかったし、異性との出会いの場で誰よりも先に男に言い寄られたかった。ぶっちゃけ、競争相手の多い恋愛において、女にとっての最大の武器って「可愛い」じゃん。生まれながらにして可愛いに恵まれなかった私は、人一倍努力するしかないと無意識のうちに自覚していたんだ。そうしないと、人並みに恋愛をエンジョイできねえってな。

     

    ・所詮、誰かのための「可愛い」だった

    それを踏まえると昔の私は、モテたいがために「可愛い」を追求しただけなんだよな。可愛い物を見て「可愛い」と連呼していたのは、「可愛いものに目がない自分」っていうカテゴライズが欲しかっただけなんだなって今になって思うよ。自分のために「可愛い」を作ったり求めていたんじゃなくて、誰かに求めてもらうための誰かのための「可愛い」だったんだろうなって。

    正直、当時からひらひらしたスカートとかワンピースは苦手だったし、履きなれないヒールを無理に履いて酷い目に遭ったこともあった。動きづらい服装や、手入れが大変なヘアスタイルが嫌になる度に、「可愛いってのは私には合ってないんだろうな」って思う自分がいた。だけど、モテたい一心で無理やり自分に「可愛い」を押し付けてたんだよ。モテたいがために、男に必要とされたいがために、将来恋人になるかもしれない誰かのための「可愛い」だったんだ。

    恋愛のための「可愛い」だったんなら、そりゃあ恋愛から離れれば「可愛い」にも疎くなるよなって思うよ。それにしても、昔の私はよく頑張ったと思うよ。楽な格好が大好きな私なのに、よくあそこまで努力できたなって感心する。当時はまだ若かったからできたのかもしれねえな、今の私には到底できねえわ。だから、ボーイッシュな女が好きな男性が現れてくれることを祈るばかりだよ。