TOP > イククルコラム > 【男前女子から一言いいか?】足でドアを閉める女で悪かったな!

【男前女子から一言いいか?】足でドアを閉める女で悪かったな!

  • 2014年10月23日  霜降 どいや  



    夢見がちな男ってよ、何かと女に対して何かと幻想を抱いたりするんだよな。つっても女全員がおしとやかか?違うよな。中には私みたいにドアを足で閉めたり、屁をして一人で笑う奴もいる。そんな私は相手がよっぽどできた奴じゃねえと、女らしさを求められた時にキレる自信しかねえ。

     

    ・「THE☆女性」な品のある同性に憧れる自分もいる

    藪から棒だけど、私は自分に女性の色香なんていう「女らしさ」を感じられねえんだ。

    家ではスウェットやジャージの上下で暮らすのがデフォ。それにその格好のまま買い物に行くくらい、なんてこたぁねえ。むしろ、わざわざ買い物のためだけに着替えるのがすさまじくめんどくせえ。

    誰もいない自分ちではもう醜態をさらけ出してる自信しかねえわ。両手塞がってるときにはドアは足で閉めたり、思わず出た屁の音と臭さに1人爆笑したりな。休みに家にこもって、ずっとすっぴんなのはザラ。久しぶりに化粧したときに眉毛やひげとかの顔の毛がボーボーなんてときには、その色気のなさに自分で笑えるからな!

    そんな私だからだろうな、普通に女らしい品のある同性にすげえ憧れるんだよ。自分にないものを持っている人に憧れるってやつか?よくわからねえけどよ、とにかくそういう人は私にとって魅力的に映るんだよ。

     

    ・品のある女は男受けを狙ってるのか?

    同性の私でさえ上品な「THE☆女性」みたいな、おしとやかで品のある人に惹かれるんだから、男はもっと惹かれるんだろうなって思うよ。仮に私が男だとしても、私みたいなおっさんみたいな女よりも女らしい女を選ぶだろうしな。女でいる今でさえ惹かれているのに男になったらなおさらだよな。

    当たり前だけどよ、品のある女はモテる。現にそんな女ってもれなく素敵な恋人がいるだろ。しかもだいたいそんなカップルってめっちゃ幸せそうだよな。そんな2人を見る度に「私もああいう風になれたらな」って思うわけよ。んで、手入れが怠ってボーボーになってるすね毛を見て「こりゃ品のある女になるのは私には無理だ」って諦めの笑いが漏れるんだよな。悲しいけど。

    ああいう女って男受け云々も考えてるだろうけど、それ以上に美や理想への探求心がすげえんじゃねえかな。じゃねえといちいち面倒くせえケアだとかいろんなことを時間を割いて出来ねえよ。すね毛の処理さえ怠る私が、そんな探求心だとかを身に付けるのはハードルが高すぎる。高すぎて飛び越えて行くよりも、くぐった方がてっとり早えよ。

     

    ・「女らしさ」を押し付ける男はごめんだ

    自分の探求心とか男受け、言ってしまえばモテるために努力できる人はまじで尊敬だな。モテるためにいろいろするってのは不純な動機に思われがちだけどよ、理由はなんであれ努力してそれを続けられることはすげえよ。

    色気もクソもねえ私だから「お前も女らしくしろよw」とよく男友達に言われる。でもな、それができねえんだよ!つーか、それができたらとっくの昔にしてるって。めんどくさがりってのもあるけど、なんだろうな、性に合わないんだよな。それにな、私としては「女らしくない女に女らしくしろと言う男」とは付き合いたくねえんだよ。だから、わざわざ女らしさを身につけようと努力しようとは思わねえ。

    「おっさんみたいな女にわざわざ女らしさを押し付けようとする男」ってよ、当然女らしい女性が好きなんだろ?品があって大人の色気とかそういうものがある女性が。仮に私が頑張って女らしくなったとする。でもよ、根がおっさんだからよ、絶対何かしらボロが出てそれに萎えられそうなんだよ。んで、そんな根がおっさんの私とは別れて他の女とよろしくするんだろ?っていうシナリオがありありと見えるんだよ。そう思って誰が付き合うかって。

    それに「自分の理想を押し付けられるほど、お前は魅力的な男なのかよ」とも思うんだよな。「私はおっさん根性を直そうと努力してんのに、てめえは何もしてねえって何様だよ」ってな。自分が努力することと引き換えに、相手にも何かを求めようとする私も私だけどよ。でも、女らしさを身につける際の苦痛だとか面倒さとか、私が一番嫌いなことを克服し用って時に相手がのうのうとしてたら絶対「割に合わねえ」って腹立つな。

    そんな私だから「私に女らしさを求めてくる男」とは付き合えねえわ。相手の人間がよっぽどできているか、私が相手のことを愛し抜いていて「辛くて面倒な努力もいとわねえ!」と思えるような相手なら付き合うだろうけどよ。そんな男ってなかなかいねえし、いたら巡り会いてえ。とりあえずは、処理を疎かにしがちな私のその様を見て「すね毛ボーボーじゃんw」って爆笑してくれる人が今のところ最高だな。