TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】カメラマン直伝!写メで美人になる方法

【脱・非モテ女子】カメラマン直伝!写メで美人になる方法

  • 2013年02月05日  中里 あかり  



    今の時代恋愛で写メの存在は欠かせません。がアピールが苦手な非モテ女子は写メが苦手になりがちです。写メで美人になるには撮影する前に化粧、髪型、洋服を整えること。そして撮る時の光、顔の表情、姿勢に気をつけることで自信がつき、素敵な写メが撮れます。


    ネット恋愛も当たり前になった今の時代、恋愛で「写メ」の存在は欠かせません。LINEやFacebookなどの SNSで、自分のプロフィール写真を載せることも今は当たり前になってきました。でもアピールが苦手な非モテ女子の皆さんは、「写メをかわいく撮りたいけど、なぜかいつも上手く撮れない…」というお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回友人のカメラマンや私が仕事で撮影する時の写真を撮るコツを応用して、写メが苦手な皆さんでも、美人に写るコツを教えちゃいます。

    さっそく写メの自分撮りで可愛く写るコツですが、ポーズや表情に気をつける前にまずは「メイク」に気をつけましょう。ノーメイクや薄いメイクだと写メだとやや弱くなってしまいますので、やや濃いめのメイクをおススメします。

    ただしあまりにも青やピンクなど蛍光色を使いすぎると派手になりすぎるので、茶色などのベーシックカラーを使用してみましょう。茶色だとはっきりとメイクをしても色合いで柔らかさがでて、ナチュラルメイクに仕上がります。あとラメを塗る時は注意しましょう。やりすぎるとラメの箇所だけ白飛びすることもありますので、気をつけましょう。

    次は髪型です。髪型はかなり人の印象を変えます。ショートの方でも耳に髪をかける、耳を隠すということだけでも雰囲気は変わります。ロングの方はしばってみたり、おろしたり、巻いてみたりと色々試してみてください。ただし顔を髪の毛で隠してしまう方もいますが、やりすぎると暗い人に見えるので気をつけましょう。前髪や髪の分け目も色々と調整して、自分のベストの髪型を探りましょう。

    では次は洋服です。メイクはばっちりなのに洋服は部屋着なんてことありませんか。折角なのでお洒落しましょう。隠すとかえって太って見えますのでやめましょう。細く見せるためには、首筋や手首など細くなっている箇所をみせるとすっきりしてみえます。色は人にもよりますが、華やかな色のほうが明るくみえるのでオススメします。首の太さなどが気になる人は、ロングのピアスやイヤリングなどのアクセで視線をそらしてみましょう。

    メイク、髪型、洋服ときまればカメラを自分に向けてみましょう。撮影の時、大事なのは光です。どこから光が来ているのか確認してください。光の場所によって老けて見えることもあるので注意しましょう。裏ワザですが自分撮りの写メ撮影の場合、カメラのレンズをしばらく光に向けてから自分を撮ると、残光で白く飛んで美白に写ります。ただし光の集め方がきちんとレンズに当たらなかったり、タイミングを逃すとすぐ戻ってしまうのでチャンスを見逃さないよう注意しましょう。

    あと、顔の下に白いハンカチや白い紙を置くと反射してレフ板代わりになり美白効果が期待できます。光の種類にも気をつけましょう。自然の光は柔らかい感じに写り、人工光はクールな感じに仕上がりやすいです。また人工光でも照明の種類で色々雰囲気が変わりますので色々チャレンジしてみてください。自室の日当たりでも変わるので、シュチュエ―ションや光の種類を色々試して楽しんで撮影してみてください。

    次に顔の表情ですが、なるべく正面顔は避けてください!日本人の場合よっぽど顔の彫りが深くないと、正面が顔はのっぺりした表情になります。写真で大事なのは『立体感』です。『立体感』を出すために、でちょっとだけ顔を傾けたり、横を向いたりしてみましょう。右と左の顔はそれぞれ違います。全く同じバランスの人はほとんどいません。どちらの方がいいかよく確認してみましょう。視線もカメラを見る、そらすでも雰囲気は色々変わるので試してみてください。

    意外に見落としがちなのは口の形です。しっかり口を閉じると、あごにしわができてしまいます。しわを防ぐために軽く口を開けるか、軽く上唇を載せるぐらいにして(開けすぎると間が抜けて見えますので注意です)ぐっと口角をあげることを意識してみてください。イメージするならアナウンサーやキャビンアテンドさんのようなイメージです。ほほの筋肉を上にあげ、微笑んでみましょう。結構最初は顔がしびれますので、鏡を見ながら試してみましょう。

    ここまででもずいぶん変わりますが、さらに良く写りたい方は身体の姿勢も気をつけてみましょう。顔だけの撮影でも姿勢が違うと雰囲気が変わります。身体も顔と同じく『立体感』を意識して斜めにして立体感をつけると生き生きしてうつります。ここまですると、写メでここまで頑張らないといけなのだと思うかもしれませんが、逆です。ここまで頑張ったんだ!という自信があなたを可愛くするのです。非モテ女子は少し自信がない方が多いので、可愛く撮れた写メで自信を取り戻してほしいです。ぜひ素敵な写メをとって自信をつけ脱・非モテしちゃいましょう!