TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】ジェラシーが破局の元!?嫉妬心との付き合い方

【脱・非モテ女子】ジェラシーが破局の元!?嫉妬心との付き合い方

  • 2013年09月17日  中里 あかり  



    嫉妬する女は醜いと思っていても、なかなか消えない嫉妬心。非モテ女子は嫉妬が原因で恋を失敗してしまうことも。嫉妬してしまうのはコンプレックスの裏返し。その嫉妬心をうまく生かしてコンプレックスを解消するエネルギーにしてみましょう。

     

    嫉妬するオンナは醜い。なんてこと頭では分かっていても気になるあの人や、付き合ってる人が他の女性と話をしているとイライラしてしまうなんてことありませんか。

    不器用な非モテ女子は嫉妬との向き合い方が、とても下手な方が多いです。ジェラシーが原因で破局になってしまったという人や、恋がうまくいかなかったという話も聞いたことがあります。嫉妬で恋を壊すのではなく上手な恋のスパイスとして生かす方法考えてみませんか。

     

    ●そもそも何故嫉妬してしまうのか

    そもそも人は何故嫉妬をしてしまうのでしょうか。それは次のようなことがあげられます。

    ●自信のなさや独占欲があなたを醜くする。

    自分の自信の無さから、好きな相手や恋人を他の女性にとられるのではと不安になり、嫉妬してしまうのです。ちょっとした嫉妬なら可愛いですが、あまりにも嫉妬ばかりしてると男性からも距離を置かれてしまいます。せっかく相手も貴方に好意があっても「嫉妬ばかりで重い」と嫌がられてしまうこともありますよ。でもうまく気持ちを整理できないという気持ちも分かります。じゃあどうすればいのか?その為にはまず自分に自信をつけることからはじめてみましょう。非モテ女子の子は基本自分に自信がありません。そのため恋愛をこじらせて失敗してしまうことが多いのです。自信がないと謙虚なことは違います。自信がないのは自分自身に対して向きあえてないことが多いからではないでしょうか。

    ●嫉妬する前に自分自身に向き合おう

    男性に対して嫉妬してかっとした気持ちになった時は、一旦冷静になりましょう。そのまま感情を相手にぶつければ喧嘩の元になります。その前に自分が何故嫉妬したのか考えましょう。

    可愛い子と話していて嫉妬してしまうのは、自分の容姿に自信がない証拠だったりしませんか。嫉妬してしまう時は、そこに自分のコンプレックスが潜んでいる可能性があるのです。ですから嫉妬とはある意味自分のコンプレックスと向き合うチャンスなのです。

    そこは勇気を持って、自分のコンプレックスを解消する努力をしてみましょう。

    太ってるから自分はモテない。可愛くないから自分はモテないというならば、そのコンプレックスの元と向き合ってみましょう。ただ嫉妬して心を醜くするのではなく、その嫉妬をエネルギーに変えてあなたの強さにしてみませんか。

    ●嫉妬できる人間はエネルギーがある人だ

    嫉妬というとついつい悪いイメージばかりですが、それだけ好きな人や付き合っている人に対して愛情や想いが強いというわけです。それを嫉妬してしまった相手や男性に向けると相手や自分を傷つけることになってしまいますが、その嫉妬のエネルギーを糧に頑張る方向に持っていけば、非モテ女子はモテ女子になれる可能性を秘めているのです。

    「でも元々私可愛くないから」とかいう人もいますが、いわゆるモテ系の女子も元々はあまり可愛くありません。けど可愛くなる努力を彼女達はしているのです。彼女達もけして人に嫉妬しないわけではないのです。彼女達も嫉妬はしています。どんなに可愛い子や頭のいい子、綺麗な子でもそうです。けれどもその嫉妬を人にぶつけず自分が努力する方向に持っていってるだけです。あなたが嫉妬した相手も貴方自身もそうそう本当は変わらないのです。

    ●嫉妬しているのは自分に満足出来ない証拠

    そんな努力なんて出来ないよ!と思うならばいつまでも人に嫉妬していればいいかもしれません。けどそんな想いを抱えたままで、貴方は本当に満足しているのでしょうか?

    本当は嫉妬なんてしたくない、自信をもって男性と向き合いたいと思っていませんか。ならば恐れず努力してみましょう。最初からは上手くいかないかもしれません。けれどきっとそのあなたの努力に気がついて惹かれる男性も現れるでしょう。その時、貴方は初めて非モテ女子からモテ女子に変わるのです。

    ●それでもやっぱり嫉妬してしまう時は

    それでもやっぱり恋人や好きな人に構う女性に嫉妬してしまうというならば、可愛く嫉妬の気持ちをつたえてみましょう。

    「女の子にでれでれしちゃってバカみたい!」

    「どうせあの子の方がいいんでしょ?」

    みたいなこと言ってませんか。そうではなく、嫉妬相手にこう伝えてみましょう。

    「●●君って女の子にモテるから嫉妬しちゃう」

    「かっこいいから、色々な女の子に声かけられちゃうんだねー。うーん私不安になっちゃうかも」

    という風に相手を立てて、嫉妬してみましょう。そしてこれは二人きりの時にしてみて下さいね。男性は人前で恥をかかされるのを嫌います。なので、嫉妬する時はこっそりと二人の前で相手を褒めて嫉妬してみましょう。こういう嫉妬ならば相手は嬉しいと思ってくれるはずです。

    是非嫉妬を自分のエネルギーや恋のスパイスとして生かして、素敵なモテ女子になって下さいね。