TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】トキメキを取り戻そう♡マンネリ恋愛からの脱出!

【脱・非モテ女子】トキメキを取り戻そう♡マンネリ恋愛からの脱出!

  • 2013年10月22日  中里 あかり  



    恋愛は両想いになれば終わりではありません!両想いになって、マンネリ化からが本当の恋愛の本番です。もしなんだか相手が退屈そうなら要注意。両想いに甘んじることなく、相手に嫉妬したり、ときめかせようと努力して相手を特別扱いしてあげましょう。

     

    非モテ女子だって頑張れば恋人はできます!とは今まで散々お伝えしてきましたが、恋愛は両想いになればそれで終わりでないのが難しいところ。それどころか、両想いになってマンネリ化してきた時が、恋愛の本番です。マンネリに甘んじていたらいつの間にか破局の危機に!? ということは避けておきたいところ。今回は非モテ女子のための恋のマンネリ対策についてお話ししていきたいと思います。

     

    非モテ女子はマンネリに強い?

    そもそも非モテ女子は恋愛が苦手で、恋に積極的でない人達。その為恋愛でマンネリ化してもわりと一人で過ごすのが上手なので、マンネリになっても意外となんなく過ごせてしまうかもしれません。

    なので「最近マンネリだなぁ〜、でもま、いいや。別に喧嘩もしてないし」とスル―しがち。ですがそんな貴方の様子に相手のテンションが落ちているかも。なので「最近マンネリだなぁ〜」と思ったら相手の様子をまず見てみましょう。もし、なんだか物足りなさそうな顔をしていたら要注意!

    マンネリが別れの第一歩に繋がることも!そんなの嫌〜!と思った貴方、落ち着いて下さいね。 結果には原因がつきものです。その結果を防ぐためにはまずは対策を立てましょう。でもその為にはまずそもそもマンネリとは何か知りましょう。

     

    マンネリは恋愛の醍醐味?

    恋愛でマンネリを感じる時はそもそもどんな時でしょうか。「同じようなデートコースが多い」「緊張感がなくなった」ということでしょうか。ならばあえて焦る必要はありません。そもそも人生はずっと同じというようなことはありません。同じような時間の過ごし方や関係も、少しずつ互いに変わっているのです。

    一見同じようでも安定した関係を築けているのならば、そのマンネリは相手と自分が互いに欠かせない存在になったという証拠。相手も自分も互いの日々の変化に対応できるようになっているのです。それは二人の恋が愛に変わっているということでもあります。

    なのでマンネリだな……と思っても互いの関係に違和感がなければ、あえて焦る必要はありません。でもこんな時は要注意。「一緒にいてもつまんなくなった」「彼氏といるより、他の子といる方が楽しいな」と共にいる関係に違和感があるのならば、一度二人の関係を見つめ直す必要があるかもしれません。

     

    それでももう一度ときめきたい!ならば

    それでももう一度ときめきたい! と思うならばこんな事をしてみてはいかがでしょうか。

     

    嫉妬してあげよう

    最近嫉妬してますか? 相手との関係が落ち着いてくると、相手が何を言ってきても「はいはい」とかわしていませんか。とくにさばさばした非モテ女子は恋愛に没頭する自分に対して恥ずかしいと思うのか、相手に嫉妬したりする行為を見せるのを嫌がります。

    確かに嫉妬しすぎて相手を縛りつけるのはよくないですが、ちょっとした可愛らしい嫉妬は男性からすると「愛されてるなー」と感じるそうなので、ほどよく嫉妬してあげましょう。でも人前での嫉妬は禁止です。そうではなく二人きりの時に「●●君モテるから嫉妬しちゃう」となるべく可愛く振る舞いましょう。またそうやって嫉妬することにより、貴方自身も「この人は他の人に渡したくない!」と思い、新たなトキメキが生まれることも。是非お試しあれ。嫉妬に関しては過去のコラム【脱・非モテ女子】ジェラシーが破局の元!?嫉妬心との付き合い方もご参考下さい。

     

    相手をときめかせよう

    女性はついつい相手にときめかせてほしい! という受け身の姿勢になりがち。ですがそもそもときめかせてもらうばかり、与えてもらうばかりではいけません。「ときめきたい!」と思うのならば相手をときめかせてみましょう。例えば付き合いが長くなり、適当になりがちな化粧を変えてみる。新しいファッションにチャレンジしてみる、といった見ためを変えることから、恋人につくる料理のバリエーションを増やす、ちょっとしたプチプレゼントをしてあげるといったサプライズ。 またはいつも話を聞いて貰うばかりでなく、相手の話しや悩みを聞く、疲れてるようならばマッサージをしてあげるといった相手を甘やかす。といったことをしてみてはいかがでしょうか?

    慣れないことで、とまどうこともあるかもしれませんが、そうやって相手のことを考えてときめけないのならば、まずは自分がときめかそう! という気持ちでやってみましょう。

     

    そもそもマンネリが原因で気まずくなるのは、互いを特別扱いしなくなったことから起こりがちです。ならばまずは自分から嫉妬したり、ときめかせて相手を特別扱いしてあげて下さいね。

     

    最大のマンネリ化防止は結婚!?

    マンネリ化というのは最初にお伝えしたように、安定した関係を築けているという証拠でもあります。ならばもう恋人という関係を飛び越えて、いっそ結婚を切り出してみるのもいいかも。もし、相手と本当に信頼できる関係を築けているのならば大丈夫。

    不器用でも誠実な非モテ女子の皆さんとならば、「一緒になってもいいかも」と相手もきっと思うでしょう。ピンチはチャンスでもあります。マンネリから更に素敵な二人の関係を築いてくださいね。