TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】モテたいなら痩せるより<見せかけ倒せ!>

【脱・非モテ女子】モテたいなら痩せるより<見せかけ倒せ!>

  • 2013年02月20日  中里 あかり  



    モテるなら痩せなきゃと!考えがちな非モテ女子の方も多いのではないでしょうか。ですが男性には細いモデルのような人より、ふっくらしたグラビアモデルの方がモテます。それでも細くなりたい!という人はファッションで露出したり、試着してシルエットを意識して痩せて見えるようにしてみましょう!

    そのダイエット本当に必要ですか?

    「モテるならやっぱりダイエット必要かな……」とお悩みの非モテ女子もいるのではないでしょうか。ですがそのダイエット、本当にする必要あるのでしょうか?

    確かに非モテ女子の中に太り過ぎてビジュアル面で損をして、恋愛のチャンスを逃している人もいます。そういった方はダイエットが必要かもしれません。ところが調べると分かりますが、女性の平均体重は若い人ほど減ってきているそうです。実は世の中の多くの女性はダイエットをあまりする必要がないかもしれません。

    それどころか無理なダイエットで、身体を壊していませんか?ほんとうに大事なのは痩せるよりも、きれいに健康的になることが大事ではないでしょうか。非モテ女子で真面目な方も多いので、ストイックに頑張りすぎてかえってダイエットに失敗してしまう方も多いのではないでしょうか?

    でもダイエットに励むその前に、少し考えて欲しいことがあります。

    モデルよりグラビアモデルが男にウケる理由!?

    女性のあこがれの職業でモテる代表格と思われがちな「モデル」。ですが意外にも男性には同じモデルでも豊満な体の「グラビアモデル」の方がモテています。モデルさんはどちらかというと女子ウケ要素が強いと思われます。何故でしょうか。それは男性の本能的な問題です。女性の場合お金を持っている男性に惹かれるのは、経済的に安定している方が安心して暮らすことができ、子どもなども安心して産めるということを本能的に判断しているからです。

    同じように男性は健康的な自分を産んでほしいので、本能的にあまりにも細身な体よりも安産型の健康的な体に惹かれやすいのです。それにもかかわらず、女性は雑誌やテレビでは細身のモデルたちがとりあがられるため、彼女たちにあこがれ無理なダイエットを行い、結果的に恋愛の面で悪循環を起こしているのです。

    でも細くなりたいという女性の気持ちも分かります。今の流行の洋服は細めのものが多いですし、世の中の価値観として、細い方がいいという考え方はなかなか変わらないでしょう。ではどうすればいいか。ならば見せかけてだけでも細くなりましょう。体重なんて見た目ではわかりません。同じ体重でも見た目で太って見える人と、痩せて見える人がいます。とある方法で見ためから体重を減らしてみましょう!

    細く見せるために。ファッションをマスターしよう!

    細く見せるために大事なこと。それはファッションです。ふりふりのフリルや、かわいらしいレースなどの装飾や重ね着は女子の乙女心をくすぐりますよね。でも待って!ごてごてし過ぎるファッションは、使い方を間違えると太って見えてします。細く見せたい時は、自分の細い箇所や目立たせたい箇所を露出させましょう。全部を露出させると、いやらしさが出てしまいますが、例えば足が細いのが自慢という方は足を出して、上は控えめにしてみましょう。一部だけだした露出は男性もウケがいいので、痩せてみえ、モテてしまうファッションです。

    手首、ウエストなど自信がある箇所を露出し、あとはシンプルにまとめるとそこに人は注目し、錯覚するのです。でもわたしどこも細くないよ!という方は色々試してみましょう。足、腕、首、鎖骨と色々とファッションを試してみて、シルエットがきれいに見えるファッションを意識しましょう。

    女性は服を買う時、服のデザインのかわいさで買ってしまいます。けれども痩せて見えたいのなら、試着する習慣を意識しましょう。どんなにかわいいデザインでも、人によってそれぞれ体型は異なります。よくなんかかわいくて買ってみたけど何か違う…という方は、洋服を基準に服を選んでいるからです。

    ファッションの主役はあなたです。あなたの体を主役に服を選びましょう。そして試着した時は、服のシルエットを確認してみましょう。1サイズの違いで洋服は雰囲気が変わってきます。よく細く見せたいからと1サイズ下の服を買う人もいますが、本当に細く見せたいなら逆に1サイズ上を着て、ゆったり着こなすほうが細く見えることもあるのです。それに同じ9号でも服のデザインによって着こなしも変わりますので、数字にとらわれることなく、あなたにあったサイズの洋服を着てみましょう。

    それでも痩せたいという人に

    でも、それでもダイエットがしたいんです!という方もいるかもしれません。そういう方は発想を変えてみましょう。体重を落とすとなると、数字を気にしてしまいます。それよりも体重を減らすのではなく、体型やシルエットを引き締めるという考え方にしてみましょう。体重を落とすとなると、数字に一喜一憂しがちですが、シルエットだと数字にとらわれることなく、きれいに健康的に痩せることが出来るのではないでしょうか。

    着てみたい洋服を買ってみて、未来の自分を想像するほうがダイエットは成功しやすいそうです。ちなみにダイエットだけではなく、恋愛でもモテる自分を想像してみましょう。ダイエットも恋もうまくいく自分を想像すること!これは非モテ女子皆さんに是非試してほしいです。