TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】会話でモテよう!男と女の萌える会話の作り方

【脱・非モテ女子】会話でモテよう!男と女の萌える会話の作り方

  • 2013年02月15日  中里 あかり  



    会話でモテるために大事なことは、共通点を見つけ、語らせ、共感することです。もし共通点が見つからない時は苦手なところを尋ね、苦手な理由を受け入れましょう。さらに心を開き、自分のことも伝えましょう。互いに心を開き受けとめ合うことが、モテ会話に繋がるのです。

    人が恋に落ちる時はいつでしょうか。それは相手に萌える=ときめく時です。見た目で相手をときめかせることも大事ですが、それ以外にも相手を萌えさす方法はあります。それは「会話」です。会話で相手を萌えさせましょう!

    以前のコラム【人見知りをぶっとばせ!あの職業の人たちから学ぶ会話術】でも非モテ女子で大事なのは会話だ!というお話はしたと思います。接客業の方のトークを参考に、相手を立て異性との会話のキャッチボールを楽しもうとお話をしたと思います。

    でも会話でキャッチボールって一体どういうこと?相手を立てるのは分かったけど、具体的にどんな会話をすればいいのかわからない…と非モテ女子の方はお悩みの方もいるかもしれません。今回はその会話術の応用編です。ここからさらにどんな会話をすれば相手と萌える会話=相手と楽しく盛り上がり、どうすればときめく、具体的な会話が出来るかということについてお話しできればと思います。

     

    まずは一つめ、相手との共通点を見つけましょう

     

    以前のコラムでもお伝えしましたが、今回さらに掘り下げてお話します。共通点は何でも構いません。趣味、好きな食べ物、住んでいるところ、兄弟、好きな本などでも構いません。共通の話題というのは非常に会話で盛り上がりやすいです。これはあくまでも例なので雑談上手な人の話題を観察して、真似してみてもいいかもしれません。

    共通点から話を広げ、盛り上がりましょう。人は三つ同じことがあると、心理的に相手に好感を抱きやすいと聞きます。そのためには相手から情報を聞き出す必要があります。しつこくない程度に相手から情報を聞き出し、共感しましょう。共通点が共感されるうちに人は相手に親しみを持ちやすくなるそうです。

     

    二つめ、語らせよう。

     

    といっても何について語らせればいいの?と思いますがおすすすめなのは趣味です。といってもいきなり「ご趣味は?」と聞くと堅苦しく相手も感じるかもしれません。そんな場合は「休みの日って何していますか?」というくらいの切り口で行きましょう。会話で大事なのは質問し、相手の情報を聞いたら自分の情報も会話に入れていきましょう。

    ただし趣味でも話したがらない方もいますので、そういう時は好きな食べ物がおすすめです。応用編になりますが、食べ物の会話はもしお互いに好きな食べ物がかぶったとき「いいね〜一緒に○○食べたいね」という風にデートを誘う口実になりやすいのでお勧めです。

    他にも、一緒に体感できるものはデートに誘いたい時はおすすめの話題です。好きな映画、ライブ、スポーツ観戦なども誘う口実になりやすいです。

    また相手と共通点と見つからない時も、興味を持って語らせましょう。例えばあなたは中華料理が好きで、相手が苦手だったとします。その時に「へ〜嫌いなんだ」で会話を終わらせないことです。

    「なんで苦手なの?」と一言尋ねてみましょう。好きなものを語ってもらえない時は、相手に、嫌いなものや苦手なものを語らせるのも手です。そうやって話題を広げていきましょう。好きなものと同じように受け止めてあげましょう。

     

    三つめ、自分のことも話しましょう。

     

    マシンガントークで質問ばかりしてはいけません。会話はどこでも言われる話ですが、キャッチボールです。相手が話してくれたら、自分のことも話しましょう。よく相手の心を開こうと無理やり相手のことを訪ねていく人がいますが、相手の心を開くには、まず自分の心を開くことが重要です。そのためにバランス感覚はとても大事です。

    この心の開き、会話で交流することがいわゆる会話のキャッチボールなのです。恋愛とは男女の濃いコミュニケーションなのです。そのために相手を受け止めることを忘れないようにしましょう。

    ただ女性はついつい自分の話をしがちです。ですが大事なのはまず相手に語らせてからです。しゃべり過ぎたな、と思ったら相手の話も聞きましょう。

    相手に興味を持つこと。これが萌えトークで大事な点です。

    逆に相手の話が止まらなくなった時は、聞く姿勢になりましょう。男性が語り始めた時は、恋愛のチャンスが訪れたと思ってください。自分のことを理解してほしくて、相手はあなたに話し始めるのです。そういう時「ああ自慢話だな……」と思わない事です。

    男性は女性に褒めてもらうことを求めています。あなたに認めてもらいたくて色々語り始めているのです。語る男性というのはどこかに自分に対して自信のなさがあるのです。不安があるから語るのです。そこを理解してあげましょう。

    相手を受け止めること。これは恋愛だけでなくいろいろな面で大事なことです。

    嫌いなものを共感するというのもおすすめです。苦手なもの、嫌いなものを共感するというのはお互いに罪の意識を抱かせ、二人だけの秘密をつくりやすくなります。秘密というのは人を近づけます。といっても悪口をいいなさいということではありません。苦手な食べ物、得意でない仕事といったたわいのない会話でかまいません。

    「○○さんにだけ教えるけど、実は・・・が苦手なの……」といった会話は二人の距離を近づけ、ときめき、萌える会話になっていきます。なかなか難しいですがさらに相手と萌える会話をしたいという時は、秘密をつくる会話をしてみましょう。

    他にもいろいろなやり方がありますが、会話を学ぶのにおすすめなのは心理学の本や営業の本などです。ほかにも色々なやり方がありますので、学びながらトライ&エラーしてみましょう。

    ぜひぜひ皆さん萌える会話でときめくトークをしましょう!