TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】恋のNGポイント★男と女の喧嘩のお作法!

【脱・非モテ女子】恋のNGポイント★男と女の喧嘩のお作法!

  • 2013年03月26日  中里 あかり  



    男女の喧嘩は意見のすれ違いで起こります。感情的に意見を伝えず、場を改めて相手に伝えましょう。喧嘩ではなく、冷静に話し合うことにより、また相手との特別な絆が生まれるのではないでしょうか。

     

    できればしたくない喧嘩。でもどんなに好きな相手でも、何故か大喧嘩をしてしまうことがありますよね。恋愛が苦手な非モテ女子は特にそういった喧嘩で失敗して、大したことが原因でなかったのに別れてしまった……なんてことありませんか?今回は同性とは違う男性との喧嘩のお作法、お伝えしたいと思います。

     

    何故喧嘩が起こるのか

    そもそもなぜ喧嘩が起こるのでしょうか。喧嘩するほど仲がいいとよく言いますが、どんなに好きな相手でも毎日喧嘩は嫌ですよね。喧嘩の原因のほとんどは意見のすれ違いが多いのではないでしょうか。相手と自分の意見が合わず譲り合わない時喧嘩はよく起こるのではないでしょうか。

     

    感情的になった時は距離を置く

    相手に分かってもらえないと思うと、ついつい感情的になってしまうなんてことありませんか。感情的な時は、一旦冷静になりましょう。感情的に怒鳴り合う喧嘩は、互いに思ってもいないことを口にしてしまうことがあります。喧嘩することで互いの意見がはっきりして相手のことがよく分かることもありますが、感情的になり過ぎると男性は引いてしまうことがあります。そんな時、冷静になれと言っても難しいので、物理的に距離を置いてみましょう。そして喧嘩の原因は何か。自分が何に対して腹を立てているのか明確にしましょう。

    そして冷静になってから喧嘩ではなく、話し合いをするようにしましょう。

     

    我慢しすぎていませんか

    恋愛が苦手な女性が喧嘩でついついいいがちな言葉がいくつかあります。

    「わたしずっと我慢していたのに!」

    「何度も言ってるでしょ!」

    こんな言葉、叫んだことありませんか。恋愛が下手な女性は自分さえ我慢すればうまくいくと思いこんでいる方が多いです。ですが我慢というのは限界があり、どこかで破綻してしまいます。我慢するくらいならば相手に伝えましょう。

    よく

    「言葉にしなくても、なんで怒っているのかなんて雰囲気でわかるでしょ?」

    と思うかもしれません。ですが男性は女性と比べて相手の雰囲気をつかむのが苦手です。勿論中には空気を読むのが上手い男性もいますが、男性は相手の様子をつかむのが得意ではありません。

    「男性にはデリカシーがない!」という方もいますが、脳の構造的に女性は男性に比べて相手の様子を察する器官が発達しているためそういったすれ違いが起こってしまうのです。

    ですから男性には言葉にしないと伝わりません。

     

    不満があるのならばきちんと伝えましょう。そしてどうしてほしいかの改善案もきちんと伝えましょう。

    あとよく女性が相手の男性を試すような言葉をしがちな人もいますが、恋愛上手な人ならともかく、あまり恋愛が苦手な人は相手を試すのはやめましょう。

    男性は女性に比べて言葉の裏を読むのが苦手で、そのままの言葉で受け取りがちです。相手の気持ちを試してみたら、恋愛がうまくいかなくなった……なんて哀しいですよね。なるべくそういったことは辞めましょう。

     

    でも何度言っても分かってもらえない…ということもあるかもしれません。それは相手に伝え方を間違っていませんか?

    怒りにまかせて、まくしたてて言うと男性は

    「あーなんか相手がキャンキャンいってるわー、めんどうだなー聞き流しておこう」

    という風にろくに相手の話を聞いていない場合が多いのです。

    なので

    場を改めてきちんと、冷静に伝えましょう。すると相手もこれ聞かないとまずいのでは…と耳を傾けてくれます。ただし相手に不満をいうだけでなく、何故それに対して不満なのか、その不満なことを解決しないと、どんなトラブルが起こるのかといったことを伝えましょう。

     

    具体的にいうならば、例えばあなたが相手に寝煙草を辞めてほしいと思います。そういった時にただ寝煙草を辞めろというのではなく、寝煙草の危険性などを伝えてみましょう。ここで、「●●さんなら分かってくれると思うんだ」という風に相手を立てながら伝えるのがポイントです。そして寝室ではなく換気扇の下やベランダで吸ってもらえると助かると伝えましょう。勿論最初からうまくとは限りません。

    ですが怒りにまかせて伝えるより、じっくりと腰をすえて話し合うことによって、相手に真剣さが伝わります。諦めずに何度も冷静に伝えましょう。

    喧嘩でいってはいけない言葉

    喧嘩はあくまでも相手との意見交換です。喧嘩することで互いの本音が見えて喧嘩前より相手が理解できて、仲が深まることも勿論あります。ですが喧嘩で相手のプライドを貶すこと、と本人の努力では治しようがない身体的特徴をバカにすることだけは絶対にやめましょう。そういった喧嘩は結果的に相手ではなく、貴方自身の価値を落とします。

     

    恋愛は男女の深いコミュニケーションであって、つい喧嘩も起こってしまいます。ですが恋愛が苦手な女性は喧嘩が起こることを恐れるあまり、我慢し過ぎて爆発しがちです。冷静になって相手に完璧を求めるのではなく、話し合ってお互いの妥協点を見つけましょう。より貴方と相手だけの大切な絆が生まれるのではないでしょうか。