TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】甘えベタ女子を卒業★甘え上手がモテる本当の理由

【脱・非モテ女子】甘えベタ女子を卒業★甘え上手がモテる本当の理由

  • 2013年06月25日  中里 あかり  



    甘え下手女子は、甘えること=相手に迷惑をかけること思っています。ですが男子は女子に甘えられることで喜びや存在価値を感じています。甘え下手な女子はまずは自分で自分を甘やかすことから覚え、徐々に周りにも甘えていくレッスンをしていきましょう。

     

    甘えるのが苦手!という甘え下手女子になっていませんか?甘えたいけど甘えられない。どうやって甘えればいいのかわからない。甘えることで迷惑がかかってしまうのではと思っている人も多いのではないでしょうか?特に非モテ女子の方は甘えるのが苦手という話をよく聞きます。今日はそんな甘えベタ克服のコツをご紹介します!

     

    甘え下手の本当の理由

    女子には二つのタイプがいます。甘え上手の女子と甘え下手な女子。ふと周りを見回すと甘え上手な女子は上手に男性と付き合い、男性を魅了しているように見えます。その為しっかり者の甘え下手な女子は、凄く割を食らったような気持ちになっている人も多いのではないでしょうか。

    甘える女子はずるい!羨ましい!と思っている方も非モテ女子は多いかもしれませんが、じゃあ自分もやってみれば?と言われると無理!無理!という方がとっても多いです。これは何故でしょうか。恐らく非モテ女子で甘え下手な人は、甘えられる環境にいなかったということが考えられます。

    普段から「しっかりしているね!」と言われて育った女子は、甘えることができません。そう言う子の中では甘える=相手に迷惑をかけることという意識があるのです。その為、しっかりしている甘え下手な女子ほど甘えることが男性にできず、恋愛市場で割を食ってしまうのです。また甘えて相手に拒否されたらどうしようと、恐怖を感じているのです。こういう甘え下手というのは意外に根が深い問題なのです。自分に対して自信のなさや、甘えることで周りに迷惑をかける、役に立たない自分と考え、自分の存在をどこかで否定している可能性もあります。

     

    男子が甘えてほしい理由

    ただし甘えてほしい男子からすると、こういった女子の葛藤は見えません。むしろ甘えてもらえないことは男子側するからすると、自分の存在を否定されているように感じてしまいます。男子は好きな女子の役に立つことで自分の存在意義を感じる人が多いので、甘え上手な女子はある意味相手の男子の存在を肯定しているので人気があるのです。

    ところが甘え下手な女子の場合悲劇が起こります。なぜなら甘え下手な女子からすると、甘えるという行為は自分の存在を否定する行動なので、男性に甘えるという行動に危機感を感じて拒否するのです。ですが男性側からはそんなことは分かりません。甘えることは相手に迷惑をかけると女子は思っているのに、男子は女子から拒否されたと思ってしまいぎくしゃくしてしまうのです。

     

    まずは自分を愛する事からはじめてみよう

    こういった悲劇を起こさないためにどうすればいいのか、というと女子側が甘えることは悪くないことだ、と思うようにすることです。といってもこれがなかなか治りません。なぜなら甘えない事、しっかりすることで存在価値を感じていた人間がその逆の行動をしなければいけないとなるとかなり難しくなります。他人にいきなり甘えるのは難しいです。ですからまずは自分で自分を甘やかすということから始めてみましょう。自分に対して御褒美と褒める習慣をつけましょう。

    仕事が終わった後、貴方はよく「ああ、今日はここまでしかできなかった……」と思っていませんか?そうではなく「今日はここまで出来た!」という風に考えるようにしましょう。甘え下手な人間はともかく自分を甘やかす事も下手で、自分を追い込んでしまう人が多いのです。恋愛だけでなく、色々な場面でその考え方でいると、確かに仕事面では一時期結果がでるかもしれませんが、長い目で見ると自分を常に肯定できず、かなり生きづらく考えてしまいます。

    ささやかなことですが、毎日自分を褒めてみましょう。小さなことで構いません。ノートや手帳に今日できたことを記していくだけで、気持ちが変わっていきます。

     

    甘えることは、コミュニケーションの一種

    そうやって少しずつ自分を甘やかす事ができてから、小さなことから周りに頼ってみましょう。例えば荷物をちょっとだけ持ってもらう、買い物を手伝ってもらう、ちょっとだけ今一人では頑張るのにはしんどいなと思った時に、周囲にお願いするのです。勿論周りの都合もあるので、必ずうまくいくとは限りません。ですが少しずつ相手にこれならいけるかなと思った事をキャッチボールを優しく投げ合おうように試してみましょう。

    人は当たり前ですが一人では生きていけません。確かに世の中便利で一見一人でも生きていけるよう感じます。でもまだまだ精神的には満たされず、一人では生きていけない人も多くいるのです。だから人は人と出会い、恋をし、互いに支え合って生きるのです。

    どうか非モテ女子だから自分は愛されないと思い込んでいる皆さん、世間は広いです。きっとあなたを愛してくれる相手はいますので、少しずつ甘え上手になり、互いに支え合う素敵な恋愛をしてくださいね。