TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】男に告白させる!?スキのある女になる方法

【脱・非モテ女子】男に告白させる!?スキのある女になる方法

  • 2013年10月01日  中里 あかり  



    告白するよりされたい!という女性はまずどうすれば告白されるか?を考えてみましょう。男性は落としにくい女性よりも、自分に対して好意を確実に示してくれる相手に告白しがちです。なぜなら告白に失敗して恥をかきたくないといった男性の特性を知りましょう

     

    非モテ女子にはハ―ドルが高い『告白』。両想いっぽいのに、なかなか告白してもらえず待っていたら気づいたら他の子と付き合っていた……なんて切ない想い出ありませんか。けれども自分から告白は難しい! どうすればいいの!?という貴方。本日はどうすれば『告白』してもらえるのか考えてみましょう。

     

    男が告白する時は2つ

    そもそも男性が女性に告白してくるのはどんな時でしょうか。それは主に二つのパターンに別れると思います。

    *想いが高ぶってあたってくだけろパターン

    相手に対する想いが高ぶって、告白するパターン。マンガやドラマの影響か、非モテ女子を含めた多くの女性はこのパターンで告白されることをとても憧れています。成功するか否かではなくただ思いを伝えたいという純粋な告白。愛されてる!と実感できるので男性から熱い告白されたいですよね。が、現実は厳しく実際このパターンで告白される人は少ないかと思われます。

     

    *相手も自分のこと好きそうだし告白してみようパターン

    世の中の告白の大半はこのパターンではないかと個人的に睨んでいます。男性はプライドの生き物で失敗を恐れます。その為よほど相手も自分のことが好きだと思えないと、告白してこないということが多いです。さらに言えば年を重ねれば重ねる為失敗を恐れて、明確な告白をしてこない男性も増えてきます。これは困りますね。

     

    脱・非モテ女子が狙うべき告白パターン

    非モテ女子が狙うべき告白は前者! といいたいところですが、残念ながら後者です。ぶっちゃけ前者はハードルが高い。高すぎます。けれども後者ならやり方次第でなんとか相手に告白してもらうことを狙えるのです。ではどうすれば告白してもらえるか。そのために大事なのはスキを作ることです。

    なんかスキがある女って媚びてるようでやだ! って思う方も多いかもしれませんが、媚ではありません。男性からすると、俺に分かり易く好意をしめしてくれる! と思って大変ありがたいのです。

    まあ動物的にいえば「私は交尾OKですよ」な感じです。生々し過ぎるかもしれませんが人も生き物です。分かり易く相手に伝えることも時として大事なのです。

     

    言葉ではなく態度で示せ!

     

    といっても言葉で相手に「好き好き好き!!!」といいすぎると相手にちょっとウザ柄れたりしますので気をつけましょう。好意を示すなら言葉ではなく態度で! そして行動でしめしましょう!

    まあ行ってみれば明確に好きという言葉さえ言わなければいいのです。

    凄くギリギリなところでいえば

    「私、●●さんっていいな」とか「●●さんと付き合えたら素敵だな―」とかある意味もう好意丸出しだろ! ってくらい言ってもいいのです。

    ただし大事なことが二つあります

    *多くの人前で言わないこと

    →特に他の女性の前では気をつけて。やりすぎるとぶりっこと嫌われます。同性からの嫉妬はおそろしいですしね。ですから例えば二人きりや耳元でこっそりと伝えたりするだけでもいいのです。男性側も人目を気にして、大事なのは二人きりな時に言いましょう。

    *相手の反応をじっとみよう

    →恋で大事なのは情熱と冷静さです。好意を示しても相手の反応がいまいちなら焦らずつかず離れずの状態を維持しましょう。それか女を磨くなどビジュアルを良くするなどアプローチを変えてみましょう。反応がよければ続けて好意を示し続けましょう。

    この二つは胸に刻み込みましょう。恋愛にはないごとにも仕込みが大事です。告白させる種をまくこと。それを忘れずにいきましょう。

    告白されるシュチュエ―ションを先に準備しよう

    告白される上で更に大事なことがあります。それは密室などで二人きりになること。この状況になるだけでもだいぶ違います。いやいや二人きりになるのは難しいよ! という人は一人暮らしの場合、相手をCD貸す、自室の電気取り付けで男手がいる、食べ物でつるなど自室に呼んでしまうのもありかもしれません。 まあそこまでいかなくても例えば皆といる時に相手がトイレに行った時に自分もこっそり抜けるなど、ともかく二人になるようにしましょう。そこで好意をしめしてみて、あえて沈黙の状態をつくるのもありです。 ついつい好きな相手にべらべら話してしまうという相手は、あえて何も言わずににこっと相手に笑いかけ「一緒にいたら緊張しちゃう」ぐらいいってやりましょう。え?恥ずかしい?いやいや告白するよりはよっぽど簡単ですよ! 告白は照れるし恥ずかしいものです。けれども自分も何も言わずに告白して貰うなんて非モテ女子には難しいです。そんなのはよほど見ためがイイ子かよっぽど人から好かれる要素がないと難しいです。

    両想いの幻想を知ろう

    いいですか、そもそも両想いといっても互いの好意が50%ずつの平等なんてめったにないです。自分に特に他に好きな人がおらず、そこそこ可愛い子が好意をしめしてくれたから告白してみようかなという男性も残念ながら多いです。

    ですがそこを逆転の発想で持ち込みましょう。恋愛の本番は付き合ってからですが、その本番までにたどり着くまでせめて努力してみましょう。好意の割合はともかく好きな人から「好き」っていってもらうのは嬉しいものです。

    その為の努力は頑張ってみましょう! 目指せ告白したくなる女! 頑張って下さいね。