TOP > イククルコラム > 【脱・非モテ女子】非モテ女子のための草食系男子と恋するコツ

【脱・非モテ女子】非モテ女子のための草食系男子と恋するコツ

  • 2013年05月28日  中里 あかり  



     

    草食系男子との恋愛で悩んでいませんか。彼等は興味がない女性だといくらアプローチをかけても応えませんが、好意があればきちんと応えてくれます。そのためには駆け引きをし過ぎるのではなく、一緒にいて楽しい時間を過ごすように心がけましょう。

     

    気になるあの人が草食系男子だった。でも自分も相手も奥手過ぎてどうアピールしていいのかわからない。そんなお悩み抱えていませんか?今日は奥手な非モテ女子のための草食系男子との恋愛のコツをお伝えします。

    草食系男子というコトバの功罪

    そもそもこの草食系男子というコトバはここ数年言われはじめ、時代の中で生まれてきたものです。恋愛に積極的な肉食系男子と恋愛に非積極的な草食系男子という対比の中でよくつかわれ、様々な場所で議論されていますね。

    以前のコラム【脱・非モテ女子】追う恋vs追われる恋★してはいけない恋はどっち?でも書きましたが元々日本の男性というのはそもそもあまり恋愛に積極的ではありません。

    ではなぜこの言葉が生まれたのか。それは婚活ブームや女性の社会進出により、女性の地位があがったというのが一つはあると思います。恋愛に対して積極的になった女性に対し、どうにも積極的に慣れない男性、彼等に対していらだちを感じながらつけられた側面もあるのではないでしょうか。

    ですが言葉が定義されたことにより、かえって自分は草食系男子だからと恋愛から逃げてしまう若者を生みだしてしまったという罪深い一面もあるのではないでしょうか。

     

    草食系男子作っていませんか?

    草食系男子というのは、そもそも女性がいて初めて成り立つものだと思います。ですが草食系男子でも常に恋愛に対して非積極的なわけではありません。草食系だという男子でもきちんと好きな人にはアプローチしてくる場合もあります。「相手が草食系過ぎて、なにもアプローチしてこないのー!デートに誘っても断られるし」という場合残念ながら草食系云々の前に、あなたが相手にとって好みではない場合が多いかと思われます。草食系はあまり関係ありません。単に恋愛対象外というだけです。

    残念ながらアナタの前だから草食系のフリをしている場合もあります。ただし本当にあなたに好意を抱いていても内気だったり奥手の場合もあるので、二人きりになることを誘ってみてそこを判断してみましょう。好きな人からのデートのお誘いならば、草食系男子でも断りません。

    非モテ女子のための草食系男子と恋するコツ

    といっても自分も非モテで内気だからデートなんて誘えないよ!という方はあまり誘うことに対してハードルを上げないようにしましょう。例えば仕事帰りや大学の授業の終わりに近くのカフェに誘う、面白い雑貨屋があるという風に、ちょっとした寄り道を誘うことからしてみましょう。デートに誘うではなく寄り道に誘うと思ってみてください。

    非モテ女子の場合身構え過ぎて失敗してしまうことが多いので、小さなハードルから越えることから試してみましょう。勿論最初からうまくいくというわけではありませんが、恋はトライ&エラー待っているだけでは恋は始まりません。小さなことからでいいので挑戦してみましょう。

     

    駆け引きはやり過ぎない

    ちょっと昔にルールズが流行りましたね。簡単に言うと恋愛は男性から追わせてナンボでしょ!というものです。まああの本はアメリカという文化だから使えた本です。日本ではちょっと難しい恋の教本です。草食系男子の場合はかえって駆け引きし過ぎると、相手から「この人はちょっと面倒くさそうだ、自分の時間を邪魔されてしまうかも……」と思われて、恋がうまくいかなくなってしまうので気をつけましょう。恋愛を主軸でない草食系男子は自分の世界を邪魔されるのを何よりも嫌がります。

    二人の時間を楽しもう

    じゃあ草食系男子ってどうやってくどけばいいの?と言われますが人として好かれる、可愛げをみせる、好意をみせる、3つだと思います。あと二人でいる時間を大いに楽しむようにしてみましょう。

    草食系男子は自分の世界を守りたがるので、あまり濃厚なアプローチも嫌がります。さりげなく好意をみせ、女性としての可愛げをみせましょう。以前のコラム【脱・非モテ女子】非モテ女子でも小悪魔女子に負けない方法などをご参照ください。

    あと恋愛に対してあまり後ろ向きにならないでください。私なんて誰も好きになってくれないと落ち込んでしまう女性が非常に多いです。折角二人きりになったからといって、卑下し過ぎず、「一緒にいて楽しいね」といって下さい。草食系の男性はとても感性が繊細な人が多く、優しい人ですが、自信がない人が多いのも特徴です。

    ですから自分と一緒にいることで楽しいといってくれる女性はとても嬉しく感じます。相手のことを肯定してあげてください。「ひとりでも楽しいけど、あなたといるともっと楽しい」そういった時間をつくるよう努力してみてください。

    そう思うことが、非モテ女子が草食系男子と楽しく恋するコツです。実際交際をはじめると、草食系男子とは穏やかで充実したものになります。是非皆さん素敵な恋愛してくださいね。