TOP > イククルコラム > ドクター蘭の恋愛コラム「セックス時のトラブルは性病だけじゃない」

ドクター蘭の恋愛コラム「セックス時のトラブルは性病だけじゃない」

  • 2015年01月06日  ドクター 蘭  



    セックスの時のトラブルと言えば性病…だけじゃないのよね。今回は人にはいえないセックスにまつわるさまざまなトラブルについてご紹介しましょう。
     
     
    人にはいえないセックスのマイナートラブル
     
    彼氏とのデートはとっても楽しいけど、身体を重ねることはちょっと苦手っていう女子もいるはず。
    セックスの時の悩みって友達にさえ相談できないものもあるわよね。それに、トラブルによって彼氏との関係がギクシャクすることもあるわ。
    そんなマイナートラブルについて、よくある症状をいくつか挙げてみましょう。あなたにも思い当たるふしがあるかも!?
     
    セックス時の痛み〜性交痛〜
     
    セックスが苦痛になるパターンで1番多いのが挿入の時の痛み。
    これには身体的原因と精神的原因の2パターンがあるの。
     
    <身体的な原因>
    1、濡れにくい
    これは体質や、加齢、薬の副作用などが原因となるの。
    特に閉経を向かえる50代以降は女性ホルモンの分泌が極端に減り、膣分泌液の量もそれに比例して少なくなったり、膣の弾力が落ちて痛みを感じやすくなる時期。
    また花粉症や風邪、乗り物酔いなどに使用される抗ヒスタミン剤は、膣分泌液の量が減少する副作用があるので要注意よ。
     
    2、病気によるもの
    セックス時に、膣より奥のおなか周辺が痛くなる場合、「子宮内膜症」という病気が潜んでいる場合も。
    「子宮内膜症」は、近年若い女性に多くみられる病気で、排卵のたびにできる子宮内膜(妊娠に備え、胎児のベッドになるもの)が子宮以外の場所に留まってしまう病気。
    症状としては、生理痛や慢性的な腹痛があるわ。
    また、卵巣腫瘍、子宮筋腫などの子宮の病気では膣の背中側に痛みが生じる特徴があるわ。
     
     
    <精神的原因>
    精神的な理由には
    「初体験の時の痛みが忘れられない」
    「彼に嫌われたくなくて痛くても我慢しちゃう」
    という一種の強迫観念が引き起こすものがほとんど。
    身体はとっても正直。不安や恐れを持ちながらのセックスでは膣の分泌液が思うように分泌されず「濡れない身体」になってしまうわ。
    そもそも女性が男性を受け入れるためには膣の中が濡れていることが大切。濡れていないままでの挿入は痛みがあって当然よ。それに、ひどい場合は「誘発性腟前庭炎」という膣内の炎症を起こす可能性もあるの。
     
     
    デリケートゾーンに傷ができる
     
    生理中にデリケートゾーンがかゆくなったりすることない?肌が敏感な人なら、ナプキンが擦れて痛みが出るなんてこともあるわよね。
    デリケートゾーンは文字通りとってもデリケート。指で触れるだけでも傷がつきやすく、彼の爪が伸びていたり、爪の間に汚れが入りこんでいた場合は傷から炎症を起こす恐れも・・・。
    それに、セックス前にデリケートゾーンを石鹸などで洗いすぎるのもNG。デリケートゾーンの潤いや自浄成分までも洗い流してしまい、乾燥やかゆみ、痛みの原因にもなり兼ねないのよ。
     
     
    膣からおならのような音がでる!?
     
    セックス最中の悩みのひとつが「膣のおなら」
    挿入時に「ばふ!」という音がしてとても恥ずかしい思いをしたという経験はない?
    「もしかして私の膣が大きすぎるの?」
    「締まりが悪いのかしら?」
    なんて悩んでいたとしたら心配は無用!
    じつはこの現象、けして珍しいものではなくごく自然なことなのよ。
    原因はとっても単純。膣内に空気が入って性交の摩擦により音がでるの。
    体位を頻繁に変える、騎乗位から正常位に変化した際に起こりやすいわね。
     
     
    ドクター蘭が教えるマイナートラブル対処法
     
    セックス時のトラブルは、まずは相手と対等に向き合うことが大切。セックスは二人で行う行為なんだから、どちらかが我慢した状態ではいつまでたっても二人の信頼関係を築くことはできないと思っても間違いではないわ。
    だから、痛みや不安がある場合には「彼に悪いから・・・」「恥ずかしいから」なんて思わないで話を聞いてもらいましょう。
    おすすめは、2人でのお風呂タイム。スキンシップを取りながら軽い感じで話をしてみてはいかが?
     
    また、子宮内の病気は放置したままだと将来妊娠しにくい身体になる恐れもあるから、性交痛が心配な人は早めに婦人科へ受診をすることをおすすめするわ。
     
     
    セックストラブルは2人の愛で乗り越えよう!
     
    セックスの悩みはどうやって解決してる?友達?ネット?でも十分な解決策を見つけることができるのって少ないんじゃないかしら。
    セックスはあくまでも彼とあなたの2人の問題。どんな解決策が一番なのかは2人にしかわからないケースも多いものよ。
    仕事や学校の悩みなどは相談できても、センシティブな話は避けているってカップルもいるでしょう。けれど信頼関係を深めるためには、2人の大切な時間(セックス)についてお互いに話をしてみてもいいかもしれないわね。
    それでも女性が悩んでいても本気で話を聞かない、性欲を抑えられないなんて男なら付き合うに値しないわよ!
    彼と一緒に素敵な時間を過ごせるよう祈っているわ…。