TOP > イククルコラム > ドクター蘭の恋愛コラム「女性ホルモンを整えよう!」

ドクター蘭の恋愛コラム「女性ホルモンを整えよう!」

  • 2014年11月18日  ドクター 蘭  



    女性らしい身体を手に入れるには女性ホルモンを増やすのではなく、分泌のバランスを整えることが大切。
    今回はそんな女性に欠かせない女性ホルモンのお話しをしたいと思います。
     
     
    ドクター蘭の女性ホルモン講座
     
    女の身体は全て「妊娠」を目的として機能しているといっても過言ではないわ。その中でも女性ホルモンは赤ちゃんの元となる卵子を育てる役割と、妊娠を継続させるための大きく2種類に分かれているの。
    それぞれのホルモンの特徴を見ていくわね
     
    ・エストロゲン(卵胞ホルモン)
    卵子を育て、妊娠の準備をする役割をもつエストロゲン。生理後から排卵時期にかけて分泌が増えます。
    エストロゲンには女性らしい身体を作り出す作用があって、バストを豊かにさせたり、妊娠に備えて子宮の内膜(赤ちゃんのベッドのようなものね)を厚くさせる働きをもっているの。
    それに、自律神経、精神のバランス、骨、皮膚、脳の働きにも大きく関わっているのよ。ただ、人工的に過剰に摂取しすぎると乳がんの危険性が高くなったりもするわ。
     
    ・プロゲステロン(黄体ホルモン)
    妊娠の持続を補助するためのプロゲステロン。卵子と精子が結びつくチャンスのある排卵後から生理前までに急激に分泌が増える特性をもっているの。
    プロゲステロンには、妊娠を維持するため、体内の水分や栄養を蓄える作用や、体温の上昇などの働きがあるわ。けれど、一方では、精神状態が不安定になったり、むくみを生じたり太りやすい時期でもあるの。それにプロゲステロンの分泌が盛んになると頭痛や腰痛、吐き気など月経前症候群(PMS)の症状がひどくなるケースも多いのよね。
     
     
    女性ホルモンが崩れるとどうなるの?
     
    女性ホルモンは脳からの指令によって、子宮内の卵巣という部分から分泌されるのよね。
    この脳からの指令が正常に送られないとホルモン分泌に異常が起きて、生理周期が乱れ始め、生理不順や不妊症だけでなく、冷え症、肌荒れ、精神不安定、免疫力の低下、ダイエットが上手くいかないなど、女にとってうれしくないトラブルが次々と出てくるワケ。
     
    そんな女性ホルモンの乱れを起こす原因は、ストレスと偏った食生活にあるとされているのよ。
    ホルモン分泌の指令塔である脳の働きは、精神的なの影響を受けやすくて、ストレスや疲労によりホルモンの分泌量に影響を及ぼすの。それに、毎日の食事にも女性ホルモンの働きが左右され、無理なダイエットや偏った食生活によって様々な生理トラブルを生じる危険性も秘めているのよ。
     
     
    食べ物で女性ホルモンのバランスを整える方法
     
    先に書いたように、女性ホルモンの乱れの原因のひとつは食生活にあるの。
    そこで、今回は女性ホルモンのバランスを保つための食事について紹介するわ。
     
    1. 1日3食、決まった時間に食べよう
    学生さんは、「朝は忙しくて食べないことが多い」ってよくいうわよね。でもまずは3食食べることが大切。特に朝食は、脳や身体をめざめさせ、日中に脳を活発に活動させるための大切な食事。
    それに、3食決まった時間に食事をとることで、体内時計の活動と休息のバランスが整い自律神経を安定させ、ストレスに強い身体をつくる作用をもっているのよ。
    もしダイエット中やどうしても朝食が向かない場合にはホットミルクや温かいスープだけでもOK。温かい飲み物をゆっくり飲むことで胃がゆっくりと活動し始め、次に摂る昼食の吸収と代謝を促進させることができ、ダイエットにも効果的なのよ。
     
    2. 女性ホルモンに効く食材を選ぼう!
    女性ホルモンの分泌を助けるための食材を紹介するわね。
     
    大豆食品:
    女性ホルモンを増やす食べ物として有名な大豆。
    日本食には豆腐や味噌、納豆、豆乳など、大豆を使った食材や料理が沢山あるわよね。それに、どれもお手頃価格で手にはいり、毎日欠かさず食べることができる点もうれしいところ。
    大豆に含まれている成分イソフラボンはエストロゲンに良く似た作用をもっているの。
    そのため、特にエストロゲンの分泌が減少する排卵後〜生理中にかけて欠かせない食材よね。
    髪や肌をきれいに保つ働きや生理前の不快感を予防するためにも効果的。プロゲステロンの作用を抑制するパワーもあるのよ。
    またイソフラボンには女性にうれしい作用だけでなく、エストロゲンと同様に動脈硬化予防の働きもあるの。女性だけでなく、男性にもおすすめしたい食材よね。
     
    ビタミンE:
    アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類、食用油のひまわり油、紅花油(サンフラワー油)、米油などに多く含まれているビタミンE。
    2つの女性ホルモンの分泌のバランスを保つ作用をもち、血行促進効果や、抗酸化作用にも優れているのでも「若返りビタミン」とも呼ばれる女性に欠かせないビタミンのひとつよ。
    おやつにナッツ類を食べたり、料理で使う食用油をビタミンEの豊富なものに変えるのもいいわね。さらに、ビタミンEの働きを助けるのがビタミンCよ。生野菜サラダにナッツをちらし、ひまわり油で作ったお手製ドレッシングをかけて食べるのもおすすめよ。
     
     
    彼とのおうちデートはお手製の鍋でラブ度アップ
     
    男ウケする女性は「料理上手な子」が多いのよね。
    女性ホルモンを整える食事は性別に関わらず健康効果が高く、男性も大好きなメニューばかり。
    おうちデートでは、おつまみにナッツを出してあげたり、豆腐を使った湯豆腐や、野菜たっぷりの鍋料理で彼をもてなしてあげてはいかが?
    女性ホルモンを整える食事で女性らしい身体と料理スキル、それに彼の心もしっかりとつかんじゃいましょう!