TOP > イククルコラム > ドクター蘭の恋愛コラム「男の身体解体新書」

ドクター蘭の恋愛コラム「男の身体解体新書」

  • 2015年01月13日  ドクター 蘭  



    人間には男と女の2通りの「性」があり、性が違えば全く違う生き物と思っても過言ではないほどの違いがあるのよ。今回はその理由を身体の違いから解明していくことにしましょう!
     
     
    男と女の身体の違い
     
    ・性ホルモン
     
    男性はひげや体毛が濃く女性よりも筋肉質で背が高く声も低い。そうなる理由は、性ホルモンの分泌にあるの。
    性ホルモンの分泌が活発になるのはだいたい10歳くらいから思春期にかけて。その頃になると男女とも性ホルモンが出てきて、男女の区別がはっきりするようになるの。
    男性の場合は精巣から出る男性ホルモンのテストステロンの影響から、男らしい筋肉質な体型になり、ひげが生えるという外見の変化だけでなく、チャレンジ精神、人目を気にする自意識の発達など内面も「大人のオトコ」になっていくのね。
    しかし、この心身の変化はかなり大きくて、必要以上に女子を意識して対人恐怖気味になったり、自信を失くしたりと、変化についていけない「こじらせ男子」も結構いるの。
    一人前の男になるための最大の難関、暖かく見守ってあげるのがいい女よ。
     
    ・生殖器
     
    男女の身体で一番違うところはやっぱり「生殖器」よね。いわゆる「お○ん○んがあるかないか」ってこと。
    思春期になると、男の子は陰嚢(玉袋)やペニスが発達してきます。そして、初めて精子が出るようになる(精通)のもこの時期。
    射精の快感を覚え性欲が出始めると、次に自分の手などで射精をする(マスターベーション)ようになっていくの。でも、その行為は単なる快感を得るためのものではないの。
    男の身体は精巣の中で常に新しい精子が作られていて、一定期間で入れ替える必要があるために、古い精子を体外に排泄しなくちゃいけないのよね。
    だから、マスターベーションをすることは、男性としては当たり前のことなのよ。
     
    ・骨盤の違い
     
    思春期に大きく男女差が出るのが骨盤、女の身体はいつか向かえる出産に備え、骨盤の穴が大きく、やや横長のドーナツのような形をしているの。そして、出産の際に赤ちゃんが通りやすくなるために骨盤の伸縮性が高いのも特徴ね。だから女性の骨盤は男性よりも歪みやすいの。
    対して、男子はどちらかというと縦長、がっしりとした上半身を支える形になるの。
    こうして男はウエストにくびれがなく小さめのヒップ。女は細いウエストと大きなヒップという丸みを帯びたの体型になるのよ。
     
     
    誰にも聞けない男の身体の疑問を徹底解剖
     
    ★朝立ちって何?
     
    まず勃起の仕組みから話すと、ペニスに血が大量に流れ込むことによって、固く大きくなって「立つ」これが勃起です。
    そして寝ている間も、健康な男性は睡眠のリズムに合わせて、ペニスに血が流れるの。
    つまり寝ながら、何度も勃起するのです。睡眠が浅いレム睡眠時に立ちやすいので、朝起きると「勃起」しているの。
    これを朝立ちと呼ぶのね、健康の証よ。
    他にもエッチな気分でなくても、日中うっかり射精してしまうなどがある遺精というのもあるけど、全部血流が良い「健康男子の証」よ。
    ちなみに、立つだけでなく射精も起きる場合を「夢精」と呼びます。
     
    ★包茎って、なんのこと?
     
    男性器の先っぽ(亀頭)の部分はもともと子供の頃は「包皮」という皮に包まれた状態なの。
    それが大人の身体に成長すると、亀頭部分にある包皮の口から男性器本体が顔をだし、常に露出した状態になってくるの。
    包茎は、この包皮が男性器にかぶさったままの状態を指すのよ。
    包茎には2通りあって、
    普段は包皮がかぶさっているけれど、勃起すると男性器が顔を出す「仮性包茎」
    勃起しても男性器が全部露出しない「真性包茎」に分かれるの。
    もしかして彼って「仮性包茎」?って思ってる女子がいたならまずはご安心を・・・。
    日本人の男性の多くが仮性包茎と言われ、射精や日常生活に支障があるものではありません。
    心配なのは真性包茎の方。男性器が露出しないことで精子ができない、男性器と包皮の間に汚れがたまり炎症を起こすなどのリスクが出る場合もあり、重症だと手術が必要になったりするわ。
     
    ★男性にも更年期があるってホント?
     
    更年期は女性だけのものではないの。加齢により男性ホルモンが減少することで起こる様々な症状を「男性更年期障害」というのよ。
    男性ホルモンは筋肉を作ったり、男らしい身体作りに必要不可欠なホルモン。男性ホルモンが減ると太りやすく、抑うつやだるさ、性欲低下など、思春期と真逆の症状が出てきちゃうのね。また動脈硬化から心筋梗塞など、血管障害のリスクもあるの。
    男性更年期は女性のものよりも認知度が低いもの。女性の場合は、生理〜閉経という、女性ホルモン減少の「ものさし」がある反面、男性の場合はいつその症状が出始めるかは個人差もあり解かりずらいのよね・・・。
    もしパートナーが「なんだか急に太ってきた」「元気がない」なんて時は男性更年期かも?
    男女に関わらず規則正しい生活や、健康的な食生活によって症状が改善する場合もあるから、まずは生活習慣の改善を心がけてみてはいかが?
     
    意外と知らない男の身体。相手の事をよく知らないと、変な誤解やトラブルのもとにもなるわよね。
    男性は、精通が始まってからは女性の妊娠、出産、閉経のように、身体的変化があまり無いことに気付いたかな?
    だから「生涯現役」っぽい話も出てくるんだけど、男の人も当然老化はする・・・。だけどその変化が解かりづらいのが厄介なところ。
    「男性には男性の苦労がある」と思っておくのが女子の優しさね。