TOP > イククルコラム > ドクター蘭の恋愛コラム「男性が本当に好きなカラダとは?」

ドクター蘭の恋愛コラム「男性が本当に好きなカラダとは?」

  • 2014年12月02日  ドクター 蘭  



    「私太めだから、モテないのよね・・・」と言っているそこのアナタ、モテないのは体重のせいかしら?
    スーパーモデルって意外に男性には人気がなかったりするわよね。
    今回は、男性ウケするプロポーションについて迫ってみましょう。
     
     
    男性から見る「魅了あるカラダ」とは?
     
    男の人がみる目と女の目は違うもの。それを実際に立証した研究結果があるのよ。
     
    テキサス大学でのある研究で、男性が思う女性の魅力的な体型を調査したところ、
    ウエストとヒップの比率が0.7のプロポーションが最も魅力的だという結果がでたの。
    これは、ウエスト:ヒップが…
     
    57cm:81cm
    61cm:87cm
    65cm:93cm
    69cm:99cm
     
    …というプロポーションになるの。
    こう見ると、結構グラマラスな体型を理想としているようね。
     
    また、ポーランドのポーロウスキー博士の研究によれば、男性はヒップとウエストの差、いわゆる「くびれ」を重要視しているという結果もあるわ。
    同博士の見解によると、男性が女性のくびれに魅力を感じのには、見た目が大きく影響していて、
    ・ウエストが太い女性を見ると、「妊娠しているのかも?」「見かけよりも年なのかも?」と感じてしまう。
    ・ウエストが細いと女性的に見え、エストロゲンが豊富で妊娠しやすい身体とみられる。
    などの理由が挙げられるの。
     
     
    総合的に見た理想のプロポーションとは
     
    ウエストとヒップの比率だけでなく、体脂肪率でプロポーションの美しさを研究している学者もいるの。
    体脂肪率と健康には深い関係があって、体脂肪率が高い人ほど寿命が短く、生殖力が弱いという傾向にあり、体脂肪率が健康指数に近いほど健康で、子どもができやすいという観点から、体脂肪率が正常範囲内の女性を魅力的とみる傾向にあるという実験結果もあり、男性からみると、BMI20前後の女性が一番魅力的に見えるらしいの。
     
    そこで、ヒップとウエストの比率と体脂肪率の両面から割りだした男性が求める理想のプロポーションを実際に数値としてあらわしてみることにするわね。
     
    <男性からみた理想のプロポーションの計算方法>
     
    BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)
    ヒップ:身長(cm)×0.5625
    ウエスト:身長(cm)×0.39375
     
    例1) 155cmの女性の場合  ヒップ87cm  ウエスト61cm 体重48.2kg
    例2) 160cmの女性の場合  ヒップ90cm  ウエスト63cm 体重51.2kg
     
    これらの研究はアメリカやポーランドでの結果だけど、インドネシアで同様の実験をしたときも同じ答えが出たそうよ。
    そうは言っても、民族によっては太めの女性がもてる場合もあり、国や風土によっても理想となる女性像は違ってくるもの。
    日本では、女性の痩せたい願望がとても強くて、ファッションも痩せていたほうが格好のよいデザインのものばかりがもてはやされているの。
    でも日本女性の美意識=スレンダーなんだけど、男性は裸でのスキンシップの時の触れ心地に惹かれる面も多くて、ガリガリの身体に魅力を感じる男性はそれほど多くないものよ。
    だから、必ずしも痩せることが男性にモテる要件とはいえないの。
    じゃあどんなダイエットをすれば、男性を虜にするボディーを手に入れられるのかしら?
     
     
    魅力的なプロポーションを手に入れるためのダイエット法
     
    @体重ばかりを気にしない!
    上の研究結果で、体重よりもまずスタイルが大切なのはわかったわよね。
    体重を気にするあまり、食べない、下剤に頼るなどのウエイトコントロールばかりに気をとられていると、いつの間にか肌はボロボロ。体重だけが下がって余った贅肉がだぶつくなど女性から見ても「こんな女にはなりたくない!」っていう体型になってしまうわ。
    だから、まずは、食事を抜いたりするのではなく、運動も取り入れてダイエットしましょう。
     
    Aウエストのくびれを手に入れるおすすめエクササイズ
    ウエストが太くなる、おなかが出てくるなどの大きな理由は、体の内側の筋肉が落ちるせい。
    筋肉には脂肪を燃やす働きもあるから、内臓周りの筋肉が減ると、内臓が下がっておなかが出てきたり、新陳代謝が落ちて脂肪が燃えにくくなり、体脂肪率も上がってしまうの。
     
    体の内側の腹筋を鍛えるのには「スポーツ腹筋運動」ではダメ。それにウエストのくびれは「脇腹」よね。腹筋の内側全体を刺激しないと意味がないの。
    体の内側から筋肉をつけるために大事なのは実は運動より「呼吸法」なの。
    ウエストをくびれさせる腹式呼吸法をご紹介するわね。
     
    1.大きく鼻から息をゆっくり吸い込み、おなかをしっかり膨らます。その状態で10秒キープ。
    2.その後、おなかをへこましながら、吸うときよりゆっくりと息を吐く。(15秒程度)
    ※ポイント:仰向けになって、おなかの上に手を置いて腹筋を意識しながらやってみましょう。
     
    この腹式呼吸を小まめにやるだけで、体の内側に筋肉がつき、たまった脂肪を落とすことができるの。
    さらに、ウエスト周りに高い効果を出すには、この腹式呼吸と合わせウエストひねりを加えるエクササイズもおすすめよ。
     
    ☆ウエストひねりエクササイズ
    1、脇腹の筋肉を意識して、息を吸いながらゆっくり後ろを振り返る
    2、そのまま呼吸に合わせて10秒程度キープ
    3、息を吐きながら元に戻して、これを左右10回程度繰り返す。(ボールを持っておこなうとより効果的)
     
    体の内側の筋肉を意識して使うように、ゆっくり動くことがポイントよ
     
    B食事には「大豆製品」
    からだの内側から筋肉を作るのに必要なのはたんぱく質。
    大豆には、たんぱく質が多く含まれているうえに、「イソフラボン」という女性らしいボディーラインを作り出すエストロゲンと同じ働きをする成分ンが多く含まれているの。
     
    また血管や体に脂肪がつくのを防ぐ「サポニン」や「レシチン」という成分も豊富なのよ。これでより脂肪の燃焼効率も上がるというわけ。
    それに加え、大豆に多く含まれるビタミンEは、血行を促進し、基礎代謝が高まることで脂肪燃焼にも効果があるのよ。
    女性のからだにこれほど都合のいい食材はないわね。
     
    痩せるだけではダメ!健康的なからだが一番の魅力
     
    好きな人に振り向いてもらいたいために極端なダイエットをするのは全くの無意味といってもいいわ。
    だって、世の男性のほとんどは健康的でグラマラスな女性が大好きなんだもの。
    愛されるからだを手に入れるためには、運動と栄養バランスの取れた食事で健康的な生活習慣を送ることが大切ってわけね。