TOP > イククルコラム > ヤンデレによるヤンデレ考察「◯◯妻:ひかり・過去の呪縛」

ヤンデレによるヤンデレ考察「◯◯妻:ひかり・過去の呪縛」

  • 2015年06月17日  篠田 みか  



    今回も引き続き「◯◯妻」のひかりについて考察します。前回は、夫の直純を盛り上げるために、ひかりが行ったヤンデレ行動を考察しました。では、なぜ、自分が犯罪者になっても構わないと思うほど直純に執着しているのかを見て行きましょう。
     
    今まで見てきた、どのヤンデレも過去の出来事が原因でヤンデレ化することが多いように思います。ひかりもご多分に漏れず、自分自身の過去の出来事と正純との出会い方にヤンデレ化の要因があったようです。
     
     
    ◆隠されたひかりの過去
     
    まずは、ひかり自身の過去から。
    これは、正純と正式な結婚をしない要因にもなっている出来事です。
    ひかりは高校生時代、とある男性との間に子どもが出来てしまいました。真剣にお付き合いをしていたひかりは、子どもを産むことを決心します。ところが、相手の男性は逃げ出してしまうのです。
    シングルマザーになった、ひかりは一人、懸命に子育てをします。しかし、まだ10代のひかりには一人での子育てで病んでしまい、ある時限界が来て、まだ生まれて数ヶ月の子どもを置いて、衝動的に夜の街へ飛び出してしまいます。
    散々、あそびまわって、我に返り、子どもを置き去りにしたアパートへ帰ると…。真夏にクーラーもない部屋に置き去りにした子どもは亡くなっていました。
     
    この出来事で、ひかりは少年院に入ります。
     
    そう。ひかりは自分の子を殺した犯罪者だったのです。
     
     
    ◆ひかりとひかりの母親
     
    現実世界でも、心を病む原因として母親との親子関係の問題が多く挙げられます。
    実際、私と私の母との関係も決して良好とは言えないものでした。今でも良い関係とは言えませんね。
    ひかりの母親、千春(黒木瞳)は昔から男遊びの絶えない女性で、ひかりの父親のことは愛して居たものの、ひかりの事件以前も男関係で父親(夫)を困らせ、事件後に父親は自害。千春は、他の男性と何処かへ行ってしまったのでした。
     
    この母親、千春の存在も、契約婚をする原因になっているのだと思います。
     
    ひかりは、愛した男性には裏切られ、自分を愛してくれた父親を自分のせいで失い、結婚と言うものに希望が見出だせなくなっていたのでしょう。
     
     
    ◆正純との出会い
     
    失意と後悔の中、少年院を退院したあと、ひかりは自害を試みますが、それは失敗に終わり、病院に入院していました。
    子どものこと、付き合っていた男性のこと、父親のこと。それに死ねなかった自分のことで、まだまだ失意の底に居たひかり。
    誰にも心を開けず、ぼんやりしていることが多かったある日、偶然、同じ病院に入院していた正純に励まされ、りんごを貰います。
     
    自分も怪我をしているのに、ひかりだけでなく周りも明るく励ます正純。
    そんな正純にひかりは心を奪われていきました。
     
    正純が退院する時「きみは看護師になったらいいよ。きみがこの病院に居たら、僕、会いに来たくなるから…。」とひかりに話します。
     
    完全に正純に心を奪われていたひかりは、その後立ち直り、看護師になり、その病院で働き始めました。
    再び、正純に会いたい一心で。
     
    そして数年後、再び入院してきた正純と再会し、契約婚をすることになったのです。
     
     
    ◆相手から見ると
     
    どのヒロインも、相手にしてみたら、何気ない、そんなに大した言動ではないのに、ヒロインが置かれている状況も手伝って、ヒロイン自身に取っては忘れ難い、強烈な印象を残す言動となっていることが多いですね。
     
    正純の行動も、ひかりだけに対して行ったものではなく、その時の入院していた周囲の人たちに分け隔てなく行っていたものでした。
     
    しかし、自分がそんな状況でしたら、相手のことが「王子様」に見えてしまいますよね。
    私と彼氏の出会いも病院でした。入院することで窮地に陥っていた私に手を差し伸べてくれたのが今の彼氏なのです。彼氏にとっては、ほんのついでだったのですがね。
     
     
    ◆なぜ契約婚を?
     
    つまり、正純は、ひかりにとって救世主だったのですね。
    恋人として付き合っているときも、契約婚をしたあとも、ひかりは正純に尽くしきれないほど尽くします。
    結果、正純はニュース番組の人気キャスターまで上り詰めるのですが、そうなると、ますます、ひかりの過去を明かすわけにはいかなくなります。
    人気キャスターの妻が犯罪者だった!なんて、大スキャンダルです。
     
    ひかりは正純がこうなることを予見していて、子どもが欲しくないから・結婚したら男の人は変わってしまうから。などの理由を付けて契約婚を選んだのです。
    実際に、裏切られた時への恐怖心もあったのかも知れません。
     
    しかし、ひた隠しにして来た過去も、正式に結婚したい正純との行き違いから生じた、正純と愛の不倫疑惑をきっかけに、皆に知られることになります。
    これも、不倫疑惑で、人気が落ち始めて居た正純を救うために「実は結婚していなかった。」「ただの同棲で、同棲相手は犯罪者。」とひかり自身が暴露してしまうのです。
    ここまで予想していたのでしょうか。
     
     
    ◆◯◯妻まとめ
     
    紆余曲折ありながら、最終的には正式に結婚をすることを決めた2人。
    しかし、結婚式を間近に控えた日、ある事件でひかりは亡くなってしまいます。
    ハッピーエンド。とはなりませんでした。
     
    過去の出来事で、自分に引け目を感じていたとしても、ここまで献身的なヤンデレになれるものでしょうか?
    私には無理な話ですが、世の男性は、こんなタイプのヤンデレを望んでいるのでしょうね。
     
    ひかりは、とても良いヤンデレです。自殺未遂の件もあってか、自分の人生を捨ててでも、手を差し伸べてくれた正純に尽くしたい。
     
    世の中のヤンデレが、皆このような良いヤンデレでしたらストーカー事件なども起きずに平和なのでしょうね。