TOP > イククルコラム > ヤンデレによるヤンデレ考察「基礎講座:そもそもヤンデレって何?」

ヤンデレによるヤンデレ考察「基礎講座:そもそもヤンデレって何?」

  • 2015年05月06日  篠田 みか  



    今回から始まる新企画では、二次元のヤンデレの心情や行動を、ヤンデレライターの私が、自身の体験も交えて考察し、レポートしていきます。
    今回はレポートを読んで頂く前提として「ヤンデレとは何か?ヤンデレに定義はあるのか?メンヘラとはどこが違うのか?」などを考察していきたいと思います。
     
     
     “ヤンデレとは二次元キャラクターの属性。【病み】と【デレ】の合成語。
    【病み】は言葉の通り病んでいることで、【デレ】とは好意を現す。
    相手に対する好意が大きすぎるあまり、次第に病んでいくタイプと元々病んでいるキャラクターが誰かに好意を抱くタイプがある。二次元的には「萌え要素」とされている。”
     
     
    上記のように、ヤンデレとは元々、ゲームやアニメなどの「キャラクター」を形容する言葉でした。
    それを現実世界の女性にも当てはめ、用いるようになったのです。
     
    私的には、現実世界のヤンデレとは上記ので「次第に病んでいくタイプ」の意味が強いように感じます。実際にヤンデレと称される私自身、ヤンデレになるか、そうでないかは相手次第であって、最初から病んだ状態であるのは「メンヘラ」だという認識があります。
     
     
    ●メンヘラからヤンデレへ?
     
    ヤンデレとメンヘラどちらも病んでいることに変わりはないのですが、ヤンデレの「病み」は、精神病理学的な背景があるわけではなく、ゲームのプレイヤーやアニメを鑑賞した人たちが「ヒロイン分析法」によって創作された名称・形容語であるのに対し、メンヘラは『境界性人格障害』『自己愛性人格障害』など、精神科への受診で病名が付くことが多いように思います。
     
    ただ、やはり、元々精神を病んでいる女性がヤンデレ化しやすい傾向にあるようです。私も10代の頃に境界性人格障害。所謂「ボーダー」と診断された事があります。境界性人格障害は、対人関係を程よく保つことが困難で相手に対する依存度がとても深いのです。恋愛関係に限らず「見捨てられ恐怖」と言うものがあって、常に相手の気持ちが自分に向いて居ないと嫌なんですね。
    ここから、ヤンデレとメンヘラの違いが出て来ます。
     
     
    ●ヤンデレとメンヘラの違い
     
    どちらも愛情を求める気持ちは同じなのですが、ヤンデレの場合は「私を愛してくれない。そんなヤツやそれを邪魔するヤツ排除してやる!」または「私はあなたを愛している。殺してでも私のものにするわ!」的な思考や行動。
    メンヘラは「私を愛してくれないのなら死んじゃうから!」などの自虐的思考や行動が多く、その中には、実際には死ぬ気など無いのに、リストカットや大量服薬をして「愛してもらえない私、かわいそうでしょ?」な『かまってちゃん』と呼ばれる行動をする人も存在します。
     
    まぁ、私はどちらも兼ね備えているので、どちらの思考も理解できるのですが、私自身を客観的に見るならば、かまってちゃん行為を重ねて、それが日常化してしまい、相手も慣れてしまってかまってもらえなくなったらヤンデレ化すると言うパターンが多いように思います。
     
     
    ●二次元と現実世界での差
     
    ヤンデレとメンヘラ。境界線は曖昧なのですが、二次元では、萌え要素として、ヤンデレというキャラクターがヒロインとして登場する作品が一部の人たちに人気を博して居る一方、現実世界では、どちらも周りに迷惑な存在、面倒くさい存在になってしまう。正直、自分でも「どうして普通に恋愛出来ないのだろう。」と思うことも少なくないのです。
    普通に恋愛がしたい。と思いつつも、相手の愛情が自分に向けられないとなると、無意識に好意を抱いている相手や、自分の恋路を邪魔する存在を攻撃してしまう。さすがに殺すまではいかないですけど。
     
     
    ゲームやアニメのヤンデレヒロインは、とても姑息で狡賢かったりします。
    作られたストーリーだからこそ、綿密な計画を立てたり、カッとなった自分を一旦抑える。衝動的になることもあるけど基本、冷静に相手にどれだけ大きなダメージを与えられるかを考える。
    冷静で居て、且つ時には衝動的で。そんなヒロインを、プレイヤーや鑑賞者は『これほど深い愛情はない!』と萌え要素に変換出来るのでしょう。
     
     
    ●現実世界では
     
    私の周りにも、ヤンデレが大好きと言う男性が居ました。私の彼氏のことをとても羨ましいと言っていました。その人は二次元に夢を見ている訳ではなく、過去にヤンデレ彼女とお付き合いをしていた事があり、彼女に別の好きな人が出来てフラれたそうです。彼女が世界で2人きりになりたいと願うのならば、それを叶えてあげたい。とまで言っていました。実際にはもっと小さな事ですが、仕事を休んで1日中一緒に居てあげたりしたそうです。
    私のそのような要求を彼氏がその人に愚痴ると「そんなに愛されているのにもったいない!」と言っていました。
    そこまで彼女に愛情を注いでいたのに何故フラれたのか。私は少し、彼女の気持ちがわかる気がします。
    満足してしまったのでしょう。その人の愛情が全て自分に向けられていることが確認出来て、つまらなくなってしまったんだと思います。
    殺してでも手に入れたいと思うほどのものなのに、あっさり手に入ってしまうと物足りないのでは?と思います。
     
    …面倒くさいですね。矛盾していますね。
    メンヘラには、この状態が最高の状態なのですが、ヤンデレにはつまらないのでしょう。病んだりデレたりするのがヤンデレなのに、愛情を目一杯注がれてしまったらデレデレするしかありません。自覚は無くとも「なんだか退屈。」と感じてしまったのではないでしょうか。
     
     
    さて、ヤンデレがどのようなものか理解して頂けたでしょうか?
    定義はとても曖昧なのでヤンデレにも色々なタイプがあります。次回からは有名コミックのあのヒロインにスポットを当てて考察を進めていきたいと思います。