TOP > イククルコラム > 占い師 Riaが語る☆あなたは恋愛上手、それとも恋愛下手・・・?

占い師 Riaが語る☆あなたは恋愛上手、それとも恋愛下手・・・?

  • 2013年03月19日  占い師 Ria  



    皆さん、素敵な恋をしたいと思いませんか?
    占い師として活動している中で最近特に目に付くのが、恋愛下手な人。
    恋愛上手さんと恋愛下手さん、いったい何が違うのでしょうか。
    その違いは、実は些細なことなんですよ。



    ■恋愛上手な人と恋愛下手な人、その違いは?
    巷には、恋を見つけるのがうまい恋愛上手な人と、なかなか恋愛ができない恋愛下手な人がいますが、その違いって何だと思いますか?
    理由は幾つかありますが、一番大きな違いは「自分に自信を持っているか」だと思います。
    自分に自信を持って生き生きとしている人は、恋愛においても積極的で一緒にいて幸せになれる相手や楽しい恋ができる相手を求めようとします。
    無意識のうちに、自分にとってプラスになる相手を求めているんですね。

    ところが、恋愛下手な人の場合、自分が幸せになるということに自信が持てないため、せっかく恋のチャンスがあっても「どうせ自分には恋愛は訪れない」「この人が自分を好きになるわけがない」「今の恋もどうせうまくいかない」というように、幸せになる道をフイにしてしまう傾向があります。
    物事をネガティブに捕らえるあまり、幸せになるチャンスに対してアンテナが働かなくなってしまっているんですね。

    「恋愛アンテナの感度が鈍っている」
    これが、恋愛上手な人と恋愛下手な人の大きな違いです。


    ■恋愛上手な人が最初から恋愛上手なわけではない
    上記の内容に思い当たる節がある方、
    「どうせ私は恋愛下手だし、恋愛アンテナの感度が鈍っていても仕方ない。恋愛上手な人はもともと素質があるから、自分とは違う」
    なんて思っていませんか?
    いいえ、それは違います。

    恋愛上手な人だって、最初から恋愛がうまくいっていたわけではありません。
    また、一見恋愛上手に見える人でも、実はそれほど恋愛がうまくいっておらず問題を抱えている場合だってあります。
    極端なことを言えば、恋人が途切れないタイプの中には、本当に好きになれる相手が見つからず、恋愛ジプシーをしているという人もいます。

    それでも、数多く恋愛をしている人は、恋愛をしていない人と決定的に何が違うのか。
    それは、自分が幸せになるための努力を欠かさないということです。
    例えば、ワンランク上の出会いを求めるためにエステに行ったり、異性からの見られ方を研究したり、出会いを求めてあちこち顔を出したり、異性の友達を多く作ったりと、恋に対して貪欲な努力を欠かさないのです。


    ■恋愛下手な人は「ここ」に気をつけてみよう!
    恋愛下手でうまくいかないことに悩んでいる人も、ちょっとした部分に気をつけることで、うまくいかない恋愛が改善されることがあります。
    これは実際に占いをしている中で常々お伝えしていることなのですが、恋愛下手な人(恋愛に不慣れな人)が恋愛上手になるためには、まずはどんな人が自分に合うのかを見極めることが大切です。
    「好きになる人と幸せにしてもらえる人は違う」という言葉がありますが、恋愛下手な人の中には、どう見ても恋愛に向かないタイプを好きになって追い求める人や高嶺の花的な存在、憧れで終わりそうな相手を好きになる人がいます。
    こういう人の場合は、無意識のうちに「幸せになれない自分」を選択している場合がありますので、まずは幸せになれる恋愛、自分を好きで大切にしてくれる相手との付き合いを試してみることが大切です。
    その上で、「自分はやっぱり追い求める恋が好き」というのなら、それはそれで割り切って、今度は「癖のある人と付き合うにはどうすればうまくいくか」を考えるのです。時には、あなたが精神的に成長して、母親(父親)、姉(兄)役をするのもあり。受身な恋、相手の顔色を伺う恋は卒業しましょう。


    ■恋愛上手だって時には失敗するし悩みも多い
    出会いが多くてそこそこモテて、周りから見れば恋愛上手以外の何者でもない。そんな人の中にも、実は「隠れ恋愛下手」という人がいます。
    「隠れ恋愛下手」というのは、恋愛上手なように見えていて、たくさんの恋を繰り返していても、本気になれる恋や楽しいと思える恋を経験している回数は意外と少なく、「恋人がいないと不安だから付き合っている」「何となく恋愛をしている」というように満足度の低い恋愛を繰り返す人のことです。
    こういう人の場合、傍目には恋愛上手な姿をあえて見せている場合もあり、周囲からは見分けがつきません。でも、本人の中では、「何かが違う」「満たされない」「この人も違う」というように、しっくりいかない恋に悩み、恋愛ジプシーをしてしまうのです。


    ■本当にいい恋をするためには
    本当にいい恋をするためには何が必要なのでしょう。それは「必死さ」です。
    いい恋をするためには、自分の中に恋愛に対して一生懸命になる気持ちを持つことが大切です。必死な気持ち、ひたむきな気持ち、一生懸命な気持ちを持つことで、「いいな」と思う人に対して積極的に出ることができますし、恋のアプローチもうまくいくようになります。
    「こういう風に見られたい」という駆け引きも勿論大切ですが、それだけではなく心から気持ちをぶつけていくことが、いい恋には欠かせません。

    皆さんも、「失敗しても大丈夫!次がある!」くらいの気持ちを持って、目の前の出会い、恋に立ち向かっていってくださいね。